ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

インフルエンザの潜伏期間は何日?症状や感染力について

time 2018/01/12

インフルエンザの潜伏期間は何日?症状や感染力について

毎年この時期になると、インフルエンザが流行しますね(;’∀’)

マスクなしでは怖くて電車も乗れません。

学校や会社を休んでいても、タイミングが早すぎると人に感染してしまいます。

又罹っているのに気づかなかったり、風邪かな?と我慢していると、どんどん感染してしまう事に・・!

風邪と勘違いする事で、周囲にうつすリスクも高いので初期症状には注意を払いましょう。

ではどんな症状が出て、又感染した場合、いつまで休めば良いのか見て行きましょう(^^)/

スポンサーリンク
  

インフルエンザの潜伏期間は何日?

インフルエンザに感染し、37℃以上の熱がある時は、インフルエンザA型の可能性があります。

インフルエンザの潜伏期間は、一般的に1日~2日程度(長くても3日以内)で、症状が出ていない潜伏期間中でも感染する事があります。

誰もが罹った事のあるインフルエンザだと思いますが、感染経路は感染者の咳やくしゃみ、これが他人の粘膜に付着することで起きる飛沫感染です。

又、飛沫がついた物を触ってしまって、その手で口や鼻、目を触ることによる接触感染です。

発症後、1週間程の期間は特に気を付けましょう。

熱が下がった時点から、2日間は最新の注意が必要です。

おおよそ発症して5日から7日目が警戒が必要な目安となります。

症状が出ていなくても体内にウイルスが潜伏している可能性があります。

自分自身の身勝手な判断で、感染を拡大してしまう恐れがある事を自覚し、出歩くときはマスク着用を徹底するように努めましょう。

発症期間の数え方

初めて発熱がみられた日を発症とします。

発症した日を0日として考えます。

発症した翌日から1日、2日と数えます。

いったん解熱したあとでも、再び発熱があった場合は、最終的に解熱した日で判断します。

発熱初日と解熱した日は発熱期間に含みます。

厚生省ガイドライン

学校保健安全法施行規則(昭和 33 年文部省令第 18 号) 第19条において、出席停止の期間の基準は、発症した後5日を経過し、かつ、解熱し た後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで、とされていますが、臨時休業については、それぞれの学校等、教育委員会、自治体で基準を設けて実施しています。学校に おいて、感染症による出席停止や臨時休業が行われた際には、学校保健安全法に基づき、 保健所に連絡することとなっています。(平成28年4月1日厚生労働省)

 

上記によると、インフルエンザ発症後の登校可能な日は、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過する事とされています。

【学校保健安全法:小学校・中学校・義務教育学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校・大学・高等専門学校】

スポンサーリンク

インフルエンザの流行るシーズン中は、人ごみの多い場所を避け、外出の際にはマスクを着用するなどして予防しましょう。

又帰宅の際には必ず嗽手洗いを習慣づけるなどの予防対策が必要です。

インフルエンザの潜伏期間の症状

インフルエンザA型に感染すると、以下のような症状が現れます。

微熱やだるさ

悪寒や震え

強い筋肉痛や関節がだるい

38~40℃の高熱

 

インフルエンザA型によるインフルエンザの高熱や節々のだるさといった激しい症状は、発症から約3日間程度続きます。

完治にかかる期間は多少の個人差はありますが、1週間が目安です。

局所的な症状がおさまるまでは、5~7日程度かかるのが一般的です。

無理をして十分な休養をとらなかった場合や、病院に行かずに抗インフルエンザ薬を使用しない場合は、完治までさらに時間がかかることもあります。

1週間経っても発熱や関節痛、激しい咳などがおさまらない場合は、合併症を引き起こしているおそれがあるため、早めに病院を受診しましょう。

家族が罹った場合の予防策

なるべく罹った人との方と接触は避けた方が良いです。

タオルの使用は自分だけ使うようにしましょう。

鼻水や喀痰を拭き取った後のティッシュの屑は、触れないようにしましょう。

鍋などの料理など、皆で食べるものは、止めましょう。

家族内でもマスクの着用と嗽手洗いはこまめにしましょう。

なるべく一人の部屋で安静にしましょう。

インフルエンザ の潜伏期間の感染力

インフルエンザA型の潜伏期間は24時間~48時間で長くて72時間だそうです。

インフルエンザA型のウイルスは感染力が強いので、あっという間に広がり、毎年多くの人が感染します。

狭い空間にいる、教室や電車、また会社などでは瞬く間にうつってしまいます。

インフルエンザウイルスは増殖力が強い為、瞬く間に体内に入り込むと短時間で増殖し引き起こします。

症状がない為菌を拡散

インフルエンザの厄介な点は、症状が大してなく、自覚症状なしに周囲にウイルスをばらまいてしまう事があります。

初期症状を見逃さず、なるべく早く病院で診てもらう事が大切です。

特に幼稚園や保育園に通う幼児や乳児などは、免疫力が低く感染しやすいので注意しましょう!

高齢者や妊婦、妊娠中の人も感染には注意しておくべきです。

まとめ

身体にだるさや微熱など、普段とはちょっと違う・・不調かなと感じたらすぐに受診して下さい。

インフルエンザに罹ってしまった時は抗インフルエンザ薬を使用し、安静にして出歩かない様にしましょう。

しっかりと休養をとることが大切です。

また、ウイルスは熱が下がった後も数日は体内に生存し強い感染力を持っています。

周りへの感染を防ぐためにも、症状が落ち着いてからも1、2日は外出を控えましょう。

スポンサーリンク

down

コメントする