ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

日本科学未来館 “生き物になれる”入場料 展示ゾーン体験や見どころ

time 2017/12/04

日本科学未来館 “生き物になれる”入場料 展示ゾーン体験や見どころ

生まれ変われるとしたら、何になりたいですか?

私は鳥になって世界中を旅してみたいと幼少期思っていました。

子どもは何にでも興味を示し、図鑑や昆虫採集などに夢中になりますよね♪

そんな生きものが持つ生きる知恵や技術を五感で体験できんです。

展示も盛りだくさん!

是非この機会に親子で体験をしに行ってみてはいかがですか(^^)/

スポンサーリンク

日本科学未来館 “生き物になれる”入場料

日本科学未来館(東京・お台場)で企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう-」が開催されます。

DVDの映像と連動で楽しめることが話題になった「動く図鑑 MOVE」の世界観をベースに企画されています。


出典:http://zukan-move.kodansha.co.jp/nareru/

【開催まであとわずか!】この秋、お台場に誕生する『MOVE 生きものになれる展』って!?

それは、見るだけでも触るだけでもない、まったく新しい展覧会。

みんなが知ってるかっこいい生きものや、あの変わった生きものに!?

あの生き物になったらどんな感じかな?

さぁ、お台場・日本科学未来館に行ってみましょう!

*動く図鑑 「MOVE」とは
累計発行部数250万部。講談社が送りだす、常識を超える全く新しい図鑑。
カタログ的な情報にとどまらず、大迫力の写真とNHKの映像を使ったDVDを連動。
子ども達の好奇心を刺激し興味を持ってもらおうというもの

 

◆MOVE生きものになれる展 ―動く図鑑の世界にとびこもう!―
期間:11月29日~2018年4月8日まで
開館時間:10~17時(入場は閉館時刻の30分前まで)
休館:毎週火曜日と年末年始(12月28日~2018年1月1日)
入場料:大人が1,900円、シニアが1,700円、小学生~18歳が1,300円、4歳~小学生未満が1,000円、3歳以下は無料
同チケットで、日本科学未来館にて行われている常設展を観覧可。

 

公式ページはこちら↓
日本科学未来館1階 企画展示ゾーン(東京都江東区青海2-3-6)

チケットはこちらでも購入可↓
楽天チケットなどで販売。

自分自身が生きものになってみること!体験から学ぼうと言う楽しい企画です。

スポンサーリンク

日本科学未来館 “生き物になれる”展示ゾーン

ワンダー・ジャングル、ミラクル・サバンナ、スモール・ガーデン、サバイバル・オーシャンの4つのテーマゾーンで構成された“動く図鑑”の世界で、動物や昆虫の生態を学ぶことができます。

出典:http://zukan-move.kodansha.co.jp/nareru/contents/

自分がそこに暮らす生きものになって水の上を走ったり、身体を動かしながら学べます。

知的好奇心を刺激する本格“エデュテインメント”体験できます。

4つのテーマで構成

生きものに「なれる体験」を楽しめるアクティビティ

ワンダー・ジャングル

熱帯雨林のユニークな生きものの生態を紹介。

イグアナの仲間「バシリスク」になって水上を走る疑似体験ができます。

天敵に襲われる!!そんな恐怖を身近に感じながらジャングルの厳しさに触れてみませんか?

ミラクル・サバンナ

食物連鎖や競争を勝ちぬく進化を学びます。

ライオンになって獲物を狩る気分が味わえます。

相手に気付かれない言うに、ソロっと息を殺して近づく…獲物を襲う感覚を体験!

弱肉強食の、食物連鎖のリアルを肌で感じてみましょう。

なぜライオンが“百獣の王”と呼ばれるのかが分かるかもしれませんよ。

スモール・ガーデン

足元の小さな生きものの世界を発見できます。

ダンゴムシになって身を守れ!

ダンゴムシが丸くなる理由が分かるかも!?

小さな生きものが担う“分解”の役割や、有機物の循環、植物との関わりが学べます。

サバイバル・オーシャン

海中世界の生存競争の厳しさや海の神秘を垣間見れます。

ペンギンを模したキュートなコスチュームや、巨大ザメ・メガロドンの迫力満点なビジュアルが、

とても可愛くて記念に残るので是非写真に収めて下さいね。

“生物多様性”や“他者理解”を楽しみながら学べます。

もし人間以外の生きものに生まれ変われるならと想像したことが誰しもありますよね?

虫を触るのはちょっと怖いし苦手という人も多いですね。

でも自分が虫になる事によって視点が変わり、本当に興味が湧いて来るのでは?

日本科学未来館 “生き物になれる”体験と見どころ

生きものギア・センター

生きものの特徴的な部位を“ギア”として装着することで、進化の不思議を感じることができます。

ライオンの噛む力と同じほどのパワーを持つ「ヤシガニのはさみ」

青い宝石と呼ばれる「モルフォチョウのはね」

反り返った形が独特な「アフリカスイギュウのつの」

 

3種類を用意しているさまざまな仕掛けが隠された「巨大図鑑」も見所満載です。是非お見逃しなく。

スカンクのおならやトラのおしっこなどの“におい”体験

ホエザルのように“大声”を出すゲーム

サイやキリンの“うんち”観察など

 

五感と好奇心を刺激されるコンテンツ!

期間中は、平日50日間限定で体験型恐竜ライブショー「DINO-A-LIVE」も開催されます。

全長4.5mの肉食恐竜「ラプトル」が会場内に出没し、まるで生きているかのように暴れまわる姿はまさに戦慄。

小さな子ども連れの方は、パニックになること間違いなしなので十分気を付けて下さいね。

「ももくろちゃんZ」も展覧会を応援


出典:http://zukan-move.kodansha.co.jp/nareru/special2/

「ももいろクローバーZ」による新プロジェクト「ももくろちゃんZ」が本展示会の応援団に就任

ここでしか手に入らないオリジナルグッズも登場!

「ぐーちょきぱーてぃー」に出演中、いま会えるおねえさんのももくろちゃんZが「MOVE
生きものになれる展」応援団に就任!

今回は「求(Q)愛(I)ある(R)ある(R)アニマルダンス」を披露!

会場限定販売のグッズ

『進撃の巨人』コラボをはじめ多数ラインナップ。

クリアファイルや付録付きの図鑑、フィギュア、カードゲームなど、「動く図鑑 MOVE」関連グッズを含む100種以上のアイテムを販売します。


出典:http://zukan-move.kodansha.co.jp/nareru/goods/

展示の数々は、子どもから大人まで、年齢を問わず学ぶ楽しさを感じられる企画となっています。

是非足を運んで、子供に戻って好奇心を呼び起こしませんか?

まとめ

子どもの頃は時間を忘れ、夢中で蝶々やトンボを追いかけていましたね。

今度は追いかけられる蝶々やトンボになって見ましょう。

自然の厳しい弱肉強食の世界を学ぶことで、生き物の大切さを子供たちに教えましょう。

なかなか経験出来ないことなので、この機会にどうぞ足を運んでみて下さいね(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする