ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

お年玉、親戚だといつからいつまであげる?また相場はいくら位?

time 2017/11/07

お年玉、親戚だといつからいつまであげる?また相場はいくら位?

お正月といえばお年玉。

子供にとっては、1年に1度のお楽しみ!!

あげる側としては、大きくなるほど金額も多くなってくるので、苦しくなってきますよね。

特に、親戚が多いと少額ずつでも結構大変!!

そこで今回は、お年玉はいつからいつまであげれば良いのか、また相場はいくらくらいなのかまとめてみました。

是非参考にしてみて下さいね(^^)/

スポンサーリンク

お年玉、親戚だといつからあげる?

親戚でも、深い付き合いをしている場合や、遠い親戚で滅多に合わない場合もあります。

また同じように子供のいる家庭や、子供の年齢が大幅に違うとか諸事情もあると思いますが、ここでは一般的な意見で書かせて頂きます。

お年玉をあげる年齢に、制限や決まりはありません。

スポンサーリンク

0歳の赤ちゃん

生まれたばかりでもあげるところもあれば、小学生になってからあげるところもあります。

特に決まりはありませんが、貰った限りはお返しを考えないといけないので、相手にも気を遣わせてしまいます

また、高額なお年玉を渡してしまうと、渡した相手の親が気を使ってしまうので注意が必要です。

家族や親戚と相談し、お互いに無理の無いように決めると良いですね。

3歳くらいから

3歳ぐらいからあげるところが多いようです。

幼稚園・保育園児など小さい子供にお年玉を渡たす場合は、お金ではなく衣服、本、おもちゃなどの意見もあります。

一般的に多かったのは『小学生から』のようです

小学生になってからは、現金を渡した方が喜ばれるでしょう♪

お年玉、親戚だといつまであげる? 

親戚だと、親の付き合いもあり、気を遣いますよね。

知らんふりするのも、ちょっとしんどい‥( ;∀;)

なので、ある程度の決まりごとが欲しいものです。

何歳までお年玉をあげる?

では、お年玉は何歳まであげたら良いのでしょうか?

大学進学や就職する人に分れるため、親戚同士で差を付けないよう気を付けたいですね。

高校を卒業するまで

高校を卒業するまでお年玉をあげるというところは多いです。

二十歳(成人)まで

成人すると立派な大人の仲間入りで、子供扱いではなくなるので一区切りにはなるでしょう。

成人式を迎えるお正月に、お年玉と成人のお祝いを渡して、お年玉を最後にする方も。

大学を卒業するまで

大学生だとアルバイトで稼いでいる学生も多いですが、とりあえず学生の間はと言う方は多いです。

社会人(就職するまで)になるまで

賛否両論ありますが、就職すると何歳であってもお年玉は渡さなくなるようですね。

どちらかというと、お年玉をあげ始める年齢よりも、あげるのをやめる年齢の方が気を遣うことでしょう。

あらかじめ家族や親戚と相談して、何歳になるまでなどを決めておいた方が、皆気が楽かもしれませんね。

遠い親戚となると会える回数も限られるので、年始の挨拶の時に、お年玉を渡すつもりのなかった子供がいる場合もあります。

すぐ渡せるように予備を持っておくと良いかもしれませんね。

お年玉をあげる金額の相場は?

甥っこさんや姪っ子さんがたくさんいると大変な金額になってきます。

又、何処で開封して金額がばれてしまって、誤解されるこの無いように気は配りたいものです。

子供同士に甲乙をつけては気まずいですよ。

あくまでも、子供の年齢で決めましょう。

平均的な金額の相場は?

幼稚園まで:⑤00円~1000円、衣服、本、おもちゃなど。
小学生(低学年)の場合:1000円~3000円
小学生(高学年)の場合:3000円~5000円
中学生の場合:5,000円
高校生の場合:5,000円~1万円
大学生・専門学生:1万円

 
お年玉の金額もご家庭によって様々です。

滅多に合う機会もなく「お正月くらいしか会わない」という親族も多いと思います。

その時に今度中学生になるとか、高校生になるとかの話しが出た場合、祝い金もお年玉と合わせて渡す場合がありますよね。

そういう場合は、お年玉を渡す時に「入学祝い(卒業祝い)も兼ねて」と渡す場合もあります。

合わせて1万円としたり5千円を別々の封筒に渡すとか、予備も必要です。
 
親戚同士の話し合いとして、学年×1000で計算をして渡したり、年齢÷2×1000の計算式が、妥当という意見もあります。

ルールを決めて平等に渡すなど工夫すると良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供の頃はお年玉が嬉しくて嬉しくてたまりませんでした(^^♪

どのおじちゃんが沢山くれたとか、どのおばちゃんが少なかったとか、いつまでも覚えているものです(笑)

そうならない為に、何歳から何歳までと言う決まりごとがあれば、出しやすいし終わり易いですよね。

皆さんの参考になれば幸いです(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする