ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

ウォーキングの歩き方!運動するだけで健康づくりにダイエットにも

time 2017/02/26

ウォーキングの歩き方!運動するだけで健康づくりにダイエットにも

忙しい毎日、運動して健康になりたい!

そんなあなたに効果的なスポーツがウォーキングです。

1日の30分だけ時間を割いてウォーキングしていただければ、運動不足は十分解消できます。

今よりもっと健康で、今よりもっと美しくなれるでしょう。体の中からきれいになれます!

今からダイエットの効果をはじめとする様々な効果について見ていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

ウォーキングの歩き方!

有酸素運動であるウォーキングは健康に効果絶大です。

速く歩くことで健康寿命が長いという調査結果もあり、がんや糖尿病、心臓疾患や脳疾患などの大きな病気にかかりにくくなります。

ウォーキングダイエットにおける適正なスピードは「早歩き」です

より効率よく酸素を体内に取り込み、脂肪を燃焼させるためには「歩き方」がとても重要です。

背筋を伸ばし、胸を少し張って、視線はやや前方を見ましょう。

着地はかかとから行い、踏み出す際は親指に力を入れて地面を蹴ります。

スポンサーリンク

ウォーキング運動するだけで健康づくりに

血液の循環が良くなる

栄養や酸素を身体中に運んだり、老廃物を排出しようと流してくれる役割があります。

歩くことによって血液が体中に勢いよく流れ、肌に必要なビタミンやミネラルなどの多くの栄養を行き渡らせます。

体の代謝も向上

老廃物の除去もスムーズに行われるようになります。

肩こりが解消

血流がよくなることで、体に溜まった乳酸が排出されるため、筋肉のこりを解消する効果も期待されます。

肩を思いっきり前後に振る事をオススメします♪

血液がサラサラになる

コレステロールや中性脂肪を減少させる効果があります。

血流が良くなるという事から、ベトベトの血がサラサラになります。

自律神経が整う

ウォーキングは、呼吸を意識しながら行える運動です。

ゆっくり深く呼吸する事をくり返しながら歩くことで、副交感神経が刺激され自律神経バランスの整えることにつながります。

血管が開いて末梢血管の血流量が増えると血流がよくなり、筋肉が弛緩し、体がリラックスします。

脳が活性化する

ウォーキングでは、遅筋(赤筋)多く使います。

遅筋は、体の動きやバランスなどをコントロールする多くの神経とつながっているため、これを動かすことで脳の活性も促します。

うつ病改善

ウォーキング時に目にする風景や体に感じる風、光、温度などの刺激も、脳の活性化につながり気分転換、気分向上につながります。

ウォークマンなど音楽を一緒に取り入れるのも効果的ですね!

誰にも会いたくないときには、一目につかない所をオススメします♪

免疫力がアップする

ホルモンの分泌がよくなることから免疫力の向上にもつながります。

心肺機能の改善

ウォーキングで背筋を伸ばし姿勢を正すことで、呼吸を深く取り込む事が出来ます。

その結果、肺の機能回復や向上につながり、酸素を多く取り込めるようになります。

心筋を発達させ血液の循環をより効率的にし、平常時の心拍数を下げてくれます。

安静時の血圧を低下させる

血液中のLDLコレステロールや中性脂肪を減少させ、HDLコレステロールを増加させるとともに体脂肪も減少させます。

糖尿病の予防

ウォーキングで脂肪とカロリーを抑えます。食事療法も同時にすることで更にで効果が出ます。

運動をするとブドウ糖がすぐに消費され血糖値が下がるので糖尿病が改善されます。

骨粗鬆症の予防

加齢とともに少しの衝撃や転んだ拍子に骨折しやすくなります。

これを防ぐためには日常的に骨を強くする必要があります。

骨への刺激が加わり、骨密度を鍛える事が出来ます。

ウォーキングの歩き方!ダイエットにも

ウォーキング 有酸素運動で1日1時間早歩き

有酸素運動のジョギングには上記で述べたように、心肺機能を強くしたり基礎代謝量をあげてくれる効果があると言われています。

基礎代謝量があがると痩せやすい体質になるから、ダイエットの効果をより高められます。

はじめは歩きと早歩きを交互にでも、頑張ってみる価値はあるでしょう♪

ウォーキングで痩せようと思うとは1万歩以上歩く必要がありますが、時間にして1時間半以上歩く必要があります。

不規則な生活をしていた上に運動不足な人や、そこそこ動きている人ではかなりの差がありますので、一概に痩せるとは言えませんが、健康効果は絶対あります。

睡眠ダイエット

適度なウォーキングによって夜の睡眠が促されます。

寝ている間は成長ホルモンの分泌が促されて、組織の修正や再生が活発になります。

睡眠ダイエット=痩せホルモンともよばれ、就寝中のエネルギー量を増加し、カロリー消費量を増やす事で脂肪を燃焼させる効果があります。

7時間連続良質な睡眠をとることで、一晩約300kcalを消費する事が出来ます。

肥満が解消

30分以上歩くことで、脂肪燃焼効果の向上が期待できます。

内臓脂肪が多い方など、メタボ対策にもおすすめします♪

足首がスリムになる

歩き方として出来るだけ大股で速足をオススメします♪

太ももの筋肉がよく使われるようになるため、一歩一歩太もも、ふくらはぎ、つま先に意識し筋肉が使われていることを感じながら歩くと良いでしょう。

二の腕のたるみを引き締める

肘は90°に曲げ、腕は前よりも後ろに振ることを意識する事で、肩から腕にかけての脂肪を燃焼させることが出来ることが出来ます。

大足に加えて大きく手腕を後ろに振ることで、リズムよくしっかりと歩くことが出来ます。

便秘解消

下半身の運動により胃や腸の動きが活性化し便通を促します。

基礎代謝がアップ

代謝がアップする事で消費カロリーが増え、肥満解消、中性脂肪の減少などの効果が得られます。

ウォーキングで得られる一番の効果は、血液循環の促進です。

足は第二の心臓ともいわれていますように、足裏は血液循環のポンプのような役割をはたします。

美容効果

新陳代謝を促進し、「肌のくすみ」や「目の下のくま」などの肌トラブルを解消してくれます。

血液循環が良くなると、美肌効果のほかにも、冷え性改善ホルモンバランスが整うなどの、多くの効果が期待できます。

是非始めてみて下さいね(^^)/

まとめ

ウォーキングには本当にありとあらゆる素晴らしい効果があります。

毎日の好ましくない生活習慣が積み重なっておこる病気は長時間かけ悪くなります。

健康でいるためには日々の生活習慣を見直す必要が大切です。

体重を落とすだけでは意味がありません。

是非生活の一部に取り入れて下さいね♪

今からでもやった分の効果が出ます。素敵なあなたを作る為に、是非今から初めてみませんか(^^♪

スポンサーリンク

down

コメントする