ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

関東から日帰りで行けるゲレンデ!スノボ初心者にもおすすめ12選!

time 2017/10/10

関東から日帰りで行けるゲレンデ!スノボ初心者にもおすすめ12選!

冬を先どり!

待望のスノボシーズンが到来です!

初すべり、スノーボードなど今年も雪に出会える季節になってきました。

東京近郊にお住まいの方でスキー、スノーボードしたいけど「行くのが遠くて……」と思っている方も多いはず。

気軽にスノボをしたい初心者やファミリーに大人気の近場で楽しいスキー場のサイトをいくつかご紹介します。

スノボをした後に温泉に入ることのできるスキー場も多くあり、日帰りで訪れるのもいいですね!

☆関連記事スノボを関西でするならここ!おすすめの日帰りスポット12撰

☆関連記事スノボウェアのレディース!おしゃれな人気ブランド新作

スポンサーリンク

関東から日帰りで行けるゲレンデ!スノボ初心者にもおすすめ12選!

12位 富士見パノラマリゾート

東京首都圏から約2時間

東京を朝発のバスのスノボツアーで充分に日帰りで楽しめるスキー場です。

コース幅も広く丁寧に圧雪されたセンターゲレンデは、スキーを始めたての初心者の練習バーンとしてお勧めのゲレンデです。

また、ファミリーゲレンデは、スノボを初めて体験するこどもなどにおすすめな緩斜面のバーンです。

中級以上の腕前であれば、ゴンドラで一挙に山頂まで行き、3000メートルもの長距離を一挙に滑り降りることができます。

山頂からのロングコースは、中級者コースでほぼ占められますが、途中最大斜度27度のリンデンゲレンデがあります。

山頂にも麓にもレストランがあり、様々なグルメメニューが用意されています。

周辺には、『ゆーとろん水神の湯』など数々の日帰り温泉施設があるので、スキーの疲れを温泉で癒して帰ることもできます。

愛が深まるパワースポットゲレンデ!

恋人の聖地ハートのゲレンデは、愛が深まるパワースポットとして人気上昇中

初中級者でもゴンドラ山頂のハートのゲレンデを滑走できます。

この聖なるスロープは、「いつまでも幸せでいられる」という伝説も!

公式サイト富士見パノラマリゾート

11位 軽井沢プリンスホテルスキー場

車でおよそ120分!長野新幹線軽井沢駅を降りてすぐというアクセスの良さが特徴。

東京からも日帰りで行けるので気軽に楽しめます。

11月初旬からオープンするのも魅力!

スノーボードの後には「軽井沢ショッピングプラザ」で、シッピングなんてのもありです。

晴天率が高く、アクセスも良く、アフタースキーも充実。

人工降雪機を使いゲレンデはいつもベストコンディションで色々なコースがあるので、子供から大人まで楽しめます。

小学生までのリフト券が無料になり、スノーパーク・ちびっこランドもあり、雪遊びなど親子3世代でも楽しめるスノーリゾートです。

<冬期営業予定>
●営業期間:2017年11/3(金・祝)~2018年4/1(日)
10月9日(月・祝)より造雪開始。

公式サイト軽井沢プリンスホテルスキー場

 

10位 尾瀬岩鞍

関越自動車道沼田ICから約40分

群馬の中でも随一のゲレンデスケール

パウダースノーと多彩な16コースは、初心者から上級者まで満足することができます。

リゾートホテルも併設されていて、アフターで食事や温泉を楽しめます。

またロングコースもとても楽しく、コースもたくさんあるので初心者から上級者まで楽しむことができますよ。

軽食も充実していて、ゲレンデ前のホテルには温泉もあるのでスキー後はリフレッシュすることが可能です。

ファミリーで訪れたいスキー場です。

公式サイト尾瀬岩鞍

9位 栂池高原

ヘリコプタースキーを使ったバックカントリースキーの聖地。

ファッショナブルな栂池のイメージを代表するのが鐘の鳴る丘ゲレンデです。

平均斜度8度の大緩斜面がゲレンデ幅1,200mも広がり、初心者向やちびっこも安心して滑れます。

白馬三山を背景にし、開放的な明るいムード。

ヒットパーク、Right Parkの2種類のパークを用意。

ゆったり幅広なゲレンデでウィンタースポーツを楽しめます。

公式サイト白馬山麓・つがいけ高原

8位 菅平高原 

東京から近いのに、1,300mの高地だから、抜群の粉雪が楽しめます。

地形を活かしたレイアウトが魅力!緩斜面と急斜面をバランス良く有する伝統的スキー場。

趣のある純和風の建物は戦国武将真田師の館をイメージしています。

館内には温泉・プール・リラックススペース・食堂・売店が揃っており、アフタースキーにゆっくりしていくことができます。

菅平高原スノーリゾートより車で30分ほどの距離にある温泉施設ですので、マイカーでご旅行される方におすすめです
 
温泉は広々しており気泡湯、打たせ湯など6種類の温泉浴法や露天風呂があり、温泉を満喫できる施設です!

また、売店には信州や上田のお土産、地元の野菜なども販売しています。

菅平高原

7位 かぐら

規模は200haの超ビッグゲレンデ!エリア随一!

5つの広大なエリアを、日本最長のドラゴンドラが結びます

初級者から上級者まで、誰もが大満足間違いなし。

トップは標高1,845mの大パノラマ!景色も別格です!!

3つのエリアに分かれており、比較的緩やかな斜面が広がるみつまたエリア、パウダースノーを堪能できるかぐらエリア、そして田代子を眼下に望む景色が素晴らしく緩斜面が多い田代エリア。

苗場スキー場から田代エリアには「ドラゴンドラ」を利用すれば25分で移動可能です!

かぐらスキー場で一番人気なのが第五ロマンスリフト 通称「ゴロマ」

非圧雪のパウダースノーとロングコースで人気、思いっきり滑って実力を試そう!

関越道・湯沢ICから8km

href=”http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/”>かぐら

スポンサーリンク

6位 GALA湯沢

なんといっても利便性!新幹線駅直結で、日帰りスキーが簡単に。

ゲレンデの規模の小さいGALA湯沢ですが、利便性を重視するならここがベスト!

意外と雪質も高く、このゲレンデの最大の魅力は舞い上がるパウダースノーと、眼下に広がる雄大な冬景色が存分に楽しめることです。

世界最大級166人乗りロープウェーで山麓から頂上へ一気に標高1,000mのホワイト高原ステージへ。

コースレイアウトは初級者から上級者まで爽快度満点の緩斜、急斜面、最長5kmのダウンヒルありと、バラエティー豊か。

〒949-6101  GALA湯沢

5位 石打丸山

広大なエリアに開発されたバリエーション豊かなコースが魅力。

昨年も上越の一番人気。

豊富な天然雪が自慢の石打丸山パウダーコースが新登場!

とにかく量が多く、踏み応えのある乗り味が石打ならではの魅力。

定評のあるゲレンデ整備の良さに加え、昨年から1日+1,000円で隣接のガーラ湯沢スキー場も滑走可能になり、益々魅力がUPしました。

石打丸山スキー場ハツカ石口ゲレンデ約徒歩5分の場所にある「石打ユングパルナス」は宿泊施設ですが、立ち寄りでゆっくり楽しめる人気の温泉施設です。

温泉施設内には雪見温泉ができる露天風呂や打たせ湯、薬草湯、サウナなどさまざまなお風呂をお楽しみいただけます。

露天風呂からは冬の山の絶景が見られます。

館内施設も充実しておりレストランや売店もあるので入浴後にお食事やお買い物をして帰ることもできますので、とっても便利な施設です。

石打丸山には個性あふれる個人経営のレストランが豊富に揃っています!

口コミでも評判の人気店が目白押しです♪

ぜひ石打でおいしい「グルメ探検」してください

パイプ&パークが人気!

東京駅から越後湯沢駅まで上越新幹線で1時間20分前後。

石打丸山

4位 野沢温泉スキー場

伝統的な温泉街とスキー場が見事に調和。

ゲレンデの規模や歴史、雪質、積雪量のいずれも全国トップクラス

スノーボードは、ほぼ全面滑走可能。

また上ノ平ゲレンデにはハーフパイプも設置されています。

2本のゴンドラリフトや5本の高速4人乗りリフト、動く歩道「遊ロード」など25基のリフトが効率的に配置され、輸送力は抜群です。

初心者から上級者、競技者まで滑りがいのある全20コースの中でも、特に人気の高いのが毛無山山頂のやまびこコース。

アフターはプールやクアハウス、13の共同浴場で伝統の温泉を満喫しよう。

野沢温泉

3位 志賀高原

広大なエリアと伝統的な雰囲気。

レベルに応じて楽しめる守備範囲の広さも高評価。

志賀高原は、大きく分けると3つのエリアに分かれています。

中央エリア、焼額・奥志賀エリア、渋峠・横手山・熊の湯エリア。

そして各エリア毎に大小様々なスキー場からなる日本最大級のスキーエリアです。

19のスキー場、52基のリフト、ゴンドラがあり、全山共通のリフト券ですべてのコースを滑走することができます。

中央エリアではW杯で使用された大回転コースやエキスパートがチャレンジするジャイアントコースがあるほか、

ファミリー向けの施設や初心者が安心できる幅150mの緩斜面があります。最も奥にある焼額エリアにも五輪で使用されたコースの他、自然が美しい20本のコースあります。

また、熊の湯エリアは古くから湯治場として栄えた温泉地があり、滑った後にゆっくり体を癒すことができます。

上信越道信州中野ICから1時間。
志賀高原

2位 苗場

東京から最も近い憧れのスキーリゾート。

「やっぱり苗場」と唸らせる雰囲気とゲレンデは魅力。

一大リゾート地プロジェクトとして構想された苗場は、1961年に西武グループがオープンしました。

1973年にはアルペンスキーW杯が日本で初めて開催され、75年にも再び開催されました。

さらにユーミンこと松任谷由実が1981年から「SURF&SNOW in Naeba」のライブを行い、1999年からは夏のフジロックフェスティバルも実施されるなど、世代を問わず知名度の高いリゾートとなっています。

コースも施設も充実!

苗場・田代・かぐら・みつまたと4つのスキー場の集合体のMt.Naeba。

4つの広大なエリアを、日本最長のドラゴンドラが結びます。

初級から中級、上級とレベルごとでもバリエーションのあるゲレンデがなんと27本もあります。

子供向けにもファミリースノーランドや託児所などがあり、家族でも安心して楽しめます。

初級者から上級者まで、誰もが大満足間違いなし。

関越自動車道月夜野ICから車で約50分。

苗場

1位 白馬八方尾根

日本を代表する国際的スキー場。

圧倒的なスケールと、特徴ある名物コースがずらり。

八方尾根のリスペクトは圧倒的で、1位は文句なし。

チャレンジスピリットをかきたてるコースの連続で世界中からHAPPOに滑りに訪れます。

歯ごたえを感じたくなったら挑戦するべし。

八方尾根

まとめ

いかがでしたか?

早く雪山に行きたくなってきませんか? 

日頃の鬱憤を真っ白な雪山でスッキリと発散しちゃいましょう♪

初心者の方も迷わず雪山へ。

装備も充実していますし、冷えたからだを温めてくれる施設も整っているので手軽に行けますね。

きっと素敵な冬になるでしょう(^^♪

スポンサーリンク

down

コメントする