ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

佐賀バルーンフェスタツアーとは?世界選手権の楽しみ方

time 2017/09/24

佐賀バルーンフェスタツアーとは?世界選手権の楽しみ方

佐賀の秋を代表するイベントをご紹介します。

毎年80万人ほどの人が訪れる、晩秋の佐賀平野を彩るイベント!

色とりどりのバルーンが、佐賀の大空に飛び交い、皆さんを笑顔にしてくれます♪

あなたの心に新しい思い出と感動を呼ぶこと間違いなしです。

たくさんのバルーンが一斉に飛び立つ様は圧巻です(*^-^*)

是非家族で楽しんで下さいね(^^)/

スポンサーリンク

佐賀バルーンフェスタツアーとは?


「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は、国内外から100機を超えるバルーンが集まるアジア最大の熱気球大会です。

毎年90万人を超える人が訪れるアジア最大級の熱気球国際フェスティバルで、佐賀平野の秋の風物詩となりました。

1978年福岡県甘木市を中心に開かれた「バルーンフェスタ in 九州」という小さな熱気球大会が始まりでした。

その後、より広くより飛びやすい場所を求めて、1980年から佐賀の地に場所を移しました。

これまで数多くの感動を生み、多くのみなさんに支えられながら今日まで開催されてきました。

スポンサーリンク

佐賀のバルーン世界選手権について

熱気球世界選手権

国際航空連盟(FAI)加盟各国の代表選手による熱気球競技の世界大会です。

1973年の第1回大会からほぼ2年に1度開催

開催地は、国際気球委員会(CIA)定例本会議での投票で決定されます。

2016年の第22回熱気球世界選手権の開催地について

2014年3月にスイス・ローザンヌで開催された国際気球委員会総会にて投票が行われ同じく開催地として立候補していたアルバカーキ(アメリカ)を抑えて、佐賀(日本)での開催が決定されました。

大会概要

開催期間
平成29年11月1日(水)~11月5日(日)
開催場所
佐賀市嘉瀬川河川敷(住所:佐賀市嘉瀬町荻野周辺)
主催
佐賀バルーンフェスタ組織委員会
参加国数・機数
約15の国と地域、115機(予定)
経済部 観光振興課 バルーン係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁6階
電話:0952-40-7111 ファックス:0952-26-6244

競技の開催

バルーンは天気任せの競技です。

雨天時や風が強いときには、競技はキャンセルされます。

競技が開催されるかどうかは競技開始前に開催されるブリーフィング(会議)で大会委員長や競技者たちにより決定します。

大空に舞う競技のため一瞬一瞬の天候には細心の注意が払われています。
 
競技が行われるかどうかは会場でアナウンスがありますが、公式webサイトやSNS(ツイッター、フェイスブック)などでも確認できます。

競技について

バルーンは天気任せのため風向きによって、嘉瀬川河川敷から一斉に離陸するか、嘉瀬川河川敷をゴールとしてバルーンが向かってくるかが決まります。

競技者は行きたい方向に吹く風を探し飛行させ、その風の層に高さを合わせて移動しながら正確さを競います

代表的な競技ではゴールにマーカー(砂袋)を落とし、より近くに落とした人の勝ちとなります。

佐賀バルーン世界選手権の楽しみ方

世界選手権の楽しみ方

早朝(6時45分~9時)・午後(14時45分~17時)
 

変型気球の祭典

動物やアニメの人気キャラクターの形をした、愉快で可愛い巨大な「変形バルーン」を間近に見学できます。

黒ひげ危機一発を模ったような変わり種の気球も多数登場します。

子供連れの家族に大人気!

夜間係留


「夜間係留」(ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン)
 
競技を終えた気球が夜の間バーナーの炎でライトアップされ幻想的で美しく大いに楽しめます。

ロマンチックなので、競技よりも楽しみにしている人もいるほどです。

バルーン競技の見どころ

なんといっても競技開始の「いっせい離陸」でしょう。
 
午前の競技では、朝焼けの中バルーンが次々と飛び立つんですが、その光景がなんともドラマチックでおススメです。
 
一斉に飛び立ったバルーンたちが、時折火を吹きながら朝焼けの中にゆるやかに舞い上がっていくさまは、とても美しく感慨深いものがあります。

朝日の光の具合も時間によって変化しますので、バルーンも風景の表情もどんどん変わっていきます。
  
午前のフライト競技は風が穏やかなうちに終わるため飛ぶことが多いですが、午後は風が強くなるため中止になることが多いんです。

なので朝早いですが、朝の競技を狙って観に行くのがおススメですよ!

気球教室などのイベント

 
気球教室は、パイロットやクルーと一緒に球皮にバーナーで熱風を入れて立上げ、片付けまでを行う体験教室です。

気球の仕組みや特性なども学べますよ

会場にJRの臨時駅(バルーンさが駅)が設置され、競技時間に合わせて臨時列車列車が運行されるほか、一部の特急列車も停車します。

熱気球体験

入場料は無料です。

ただし、会場の駐車場をご利用されるお客さまには環境整備協力金(1,000円)へのご協力をお願いしています。

競技場内に入って見学できるので、バーナーの炎の迫力を体感できる絶好の機会です。

パイロットやクルーの方との交流も楽しめるかもしれません。
 
大きなバルーンを触ったり、バルーンの中に入ったりできる子供向けのイベントが行われるキッズデーもあるので家族で楽しめます

バルーン以外の楽しみ方

うまかもん市場

佐賀の特産品を一堂に集めたバルーンモール、「うまかもん市場」が憩いの広場に開かれます。
 
お土産に新鮮な農産物や水産物を買うことができます。

もちろんその場で食べる事ができる屋台もたくさん出店予定です。
 
佐賀の山の幸海の幸を豊富に使った美味しいグルメを楽しむことができるので、こちらも大いにおすすめですよ。 

ミュージシャンによるコンサート

例年FMSAGAの公開録音が行われますし、コンサートやご当地キャラクターのショーもあります。

生バンドの演奏もあり、ラストは花火で更に盛り上がりますよ♪

景色も素敵な撮影スポット

会場だけでなく対岸で見れば、川に映ったバルーンが見られます。

撮影スポットとしても人気です。時間があれば、ぜひ対岸にも行ってみましょう。

まとめ

空を見ているだけも楽しく癒されますね(^^♪

一斉に舞い上がるバルーンの数々それはあまり類を見ず圧巻!!

大人も子供も楽しめるので是非ご家族で行かれてみて下さいね。

記憶に残る光景間違いなしですよ(^^)/

この機会にぜひ会場に足を運んで、佐賀バルーンフェスタ2017を大いに満喫しましょう!

スポンサーリンク

down

コメントする