ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

夏バテで吐き気がある時の原因は?食べ物の与え方と対処法

time 2017/03/08

夏バテで吐き気がある時の原因は?食べ物の与え方と対処法

暑い日が続きますね(*_*)こう暑い日が続くと参ってしまいますよね。。

特に子供は暑さに弱く、夏バテでわが子が吐き気の症状を訴えている時、どうしたら良いかわからないですよね。

たくさん食べて元気になってほしいけど、食欲もないし。。

今日はそんなお母さんに子供が夏バテの症状で吐き気を訴えているときの原因や対策について見て行きたいと思います。

スポンサーリンク
  

夏バテで吐き気を訴えるんだけど原因ってなに?

 

子供が夏バテで吐き気を訴えるときに、大きな原因として考えられるのは自律神経の乱れでしょう。

子供は大人のように体温調整が出来ないことが多く、汗腺も大人のように発達していません。

その為汗を上手にかけず、体温をうまく下げる事が出来ません。

また、冷たいものや、クーラーで冷えた部屋にいることで体が冷え切ってしまい、自分で体温調整する力が弱ってしまいます。

それが結果として自律神経の乱れに繋がってしまうという事なんです。

また、気を付けなければならないのが、急激な吐き気がある時や既に嘔吐がある場合です。

こうなってしまうと夏バテもかなり重症なので応急処置が必要です!

すでに熱中症にかかっている可能性があるので、すぐに体温を測り、38度以上ある時はすぐに水分補給をさせ、病院に連れて行きましょう。

スポンサーリンク

夏バテで吐き気がある時の食べ物の与え方

それでは子供が夏バテで吐き気を訴えているときの対策方法について見ていきましょう!

食べ物や飲み物について

冷たいものを食べすぎたり、又は飲みすぎている為胃腸が弱っている場合も考えられます。

そうした時に、無理に栄養のあるものをとして食べさせるのはおすすめできません。

吐き気を訴えているときにはうどんやおかゆといった胃の負担が少ないものを食べさせてあげましょう。

また、子供がゼリーや果物といった甘いものを欲しがっているときは、食べさせてあげるのが良いでしょう!

そして、暑さで体内の水分もかなり失われているので吐き気が収まってきたらポカリスウェットやアクエリアスなどの体への吸収の良いものを飲ませるようにしてあげてください。

オススメしたいのが経口補水液です。

経口補水液は、体内から失われた水分や塩分を速やかに吸収できるように成分調整をした飲み物です。

夏バテで吐き気がある時対処法

まずはクーラーなどの冷房の温度設定を高めに設定して、子供の体が冷えないようにしましょう。

室内と外との温度差が大きいと、身体にも負担がかかりますので26~28度くらいに設定すると良いでしょう。

また、扇風機のかけすぎも体温を奪ってしまうので、首を振るなどして直接体を冷やさないようにしてあげてください。

睡眠について

病気の時には寝る事が一番の回復法です。

子供が吐き気を訴えている時は、まずは体を休めてあげることが一番

風通しの良い部屋でぐっすりと寝かせてあげましょう。

暑苦しい時には、タイマーで2時間位クーラーをかけて冷やしておくと、ぐっすり眠りにつくことができます。

睡眠を取ることで乱れた自律神経を休めてあげる効果もあるので、ぐっすり眠りにつくと疲れも取れ元気になる事でしょう!

まとめ

いかがでしたか

子供が夏バテで吐き気を訴えているときの原因と対策でした!

一日も早くお子さんが元気になることを願っています。

スポンサーリンク

down

コメントする