ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

浅草の酉の市は時間や巡り方で混雑回避!熊手で商売繁盛

time 2017/08/29

浅草の酉の市は時間や巡り方で混雑回避!熊手で商売繁盛

浅草酉の市と聞いて、今年も残りわずかだなと実感する方も多いのではないでしょうか?

商売する人に限らず、縁起を大事にする人たちにとって大切な熊手を今年も手に入れようと訪れる人も多いことでしょう。

大切なお金を生み出す商いをされている方は、商いがうまくいくようにと祈願される方も多いと思います。

関東や関西で、多くの参拝者が参られる有名な神社、そのパワーを貰いましょう!

ご利益がある事間違いなしですよ!

今回は、浅草酉の市についてや楽しみ方をご案内します。

スポンサーリンク
 
 

浅草の酉の市は時間や巡り方

浅草酉の市のお参りの順路を、毎年決めていらっしゃる方もおられると思いますが、初めて来る方のために、ベストなお参り順路を、時間帯ごとにご紹介します。

浅草の酉の市

関東に多く見られる開運・商売繁盛の神を祀る「鷲神社(おおとりじんじゃ)」の年中行事が由来で、

新宿・花園神社や府中・大国珠神社も有名ですが浅草は長国寺・鷲神社と寺・神社が行う日本最大の酉の市として知られています。

【鷲神社・長國寺】

☆公式ホームページ鷲神社・長國寺

日本最大の規模と毎年80万人にものぼる人手を誇るのは、浅草の酉の市で、おとりさまと呼ばれています。

毎年11月の酉の日に「一の酉」「二の酉」と呼ばれる行事が執り行われ「酉の市(とりのいち)」は商売繁盛にご利益があることで知られています。

酉の日とは、毎日に十二支を当てはめた日付法で商売繁盛を願う伝統行事です。

平成29年の浅草酉の市の日程は11月6日(月)/11月18日(土)/30日(木)の三の酉です。

スポンサーリンク

福めぐり

ここ浅草では他の場所の酉の市とちがって、以前から「神も仏も酉の市」と言われ神社とお寺が隣り合わせで市を開いています。

ですから神様のおとりさまと、仏様のおとりさまの両方に御利益をお願いできるのです。

お寺では鈴を鳴らして合掌し(手を合わせる)、神社では鈴を鳴らしてかしわ手を打ってお参りしてみてください。

0:00~0:15

深夜零時から始まる鷲神社の祝詞(のりと)を社前で受け、やはり、零時から始まる酉の寺長國寺のご開帳の法要とご祈祷を本堂前で受けます。

そして、多くの参詣者と一緒に威勢の良い三本締めの手締めを打って最後に、お手綱で開運一番鈴を鳴らして「にぎり福」をいただいた後、おみくじを受けます。

このコースが最もエキサイティングな福めぐりです。

9:00~16:30

大熊手と飾り樽のある酉の寺長國寺の山門をくぐって本堂正面の鷲妙見香炉から上る香を全身に浴びてから、お手綱で開運鈴を鳴らし「にぎり福」をしっかりお持ちください。

そして、僧侶からおみくじを受けてみてください。

その後、鷲神社の社前で鈴を振り、重ねて御利益をお願いします。

鷲神社の鳥居をくぐって参拝し御利益を授かった後、酉の寺長國寺の「にぎり福」をいただいて、おみくじを受けるのが良いでしょう。

この時間帯は、明るいので市を散策するには最適です。

ゆっくりと江戸情緒を楽しんでください。

16:30~24:00

  
「福めぐり」のコース順としては昼間とかわりません。

この時間帯は、酉の市の情緒を満喫するのには一番ピッタリです。

酉の寺長國寺や鷲神社にびっしりと掛けられた提灯が、こうこうと境内を照らし、金銀細工の縁起熊手がきらきらと輝きを増します。

熊手を「買った買った」の掛け声や手締めもひときわ高く聞こえます。

屋台の居酒屋が繁盛するのもこのときです。

浅草の酉の市は時間や巡り方で混雑回避!

混みあう時間

各地の神社で開催されている酉の市全体で毎年80万人ほどが訪れていて、その中でも鷲神社はトップのにぎわいとなっています!

時間帯は「夕方〜夜の時間帯」が混雑しやすいです。

特に江戸時代には一の酉が重んじられたことや報道陣も取材に来ていることから、一番混雑します。

昼間は参拝客で、夜は熊手購入者が多いので、あえて逆にするというのも良い手です。

下手をすると参拝まで2時間待ちとかなり待ちます。

人混みをできるだけ避けるなら、午前中が狙い目です。

でもまあ酉の市の良い雰囲気を味わうなら、夜になるにつれてにぎやかになる一の酉の夜がおすすめです。

浅草酉の市へのスムーズな行き方

浅草の酉の市は、次のお寺と神社への参拝とそこを中心にした露店や店舗で楽しむことができます。

お寺のお酉さま、長國寺(ちょうこくじ)

神社のお酉さま、鷲神社(おおとりじんじゃ)

ここまでの行き方は、浅草駅が最寄り駅だと大変な目にあいます。

東京スカイツリーライン浅草駅
東京メトロ浅草線浅草駅
つくばエクスプレス浅草駅

この中で一番近いのは、つくばエクスプレス(TX)の浅草駅です。

駅から10分ほど歩くし、その道中も混みます。

比較的スムーズに流れて、人の流れに沿っていれば到着するのは、日比谷線入谷駅です。

道のわかりやすさなら日比谷線三ノ輪駅でしょう。

浅草の酉の市は時間や巡り方で混雑回避!熊手で商売繁盛

熊手店約150店、露店約750店の規模を誇り、なんと言っても訪れる人の目当ては縁起熊手や熊手守りです。

特に商売をされている方にとっては購入と返納で大事なイベントにもなっています。

交渉をしながら買って手締めもしてもらうという体験もできるのも楽しいところです。

酉の市の見どころは、活気あふれる人混みのなかでお店の人が【よお~~~~~を!!!】などの掛け声と手締めを聞くのが面白いです。

鷹のごとく福徳をかきこむ熊手と、食べると風邪を引かないといわれる切山椒(山椒を入れた餅菓子)!

この二つを中心に、年の瀬を迎える東京が縁起物で賑わいます。

「縁起熊手」が露天で立ち並び、酉の市でのみ授与される熊手御守は開運・商売繁盛のお守りです。

熊手っぽいものは1万円~くらいだと考えていたほうがいいですね。
 
ただ言われた値段でそのまま買うのではなく、値段交渉ができます。

毎年一年ごとに大きな熊手を購入し続けると事業・商売が拡大するといわれ全国から熊手を求めて参拝客が訪れます。

☆公式ホームページ浅草 酉の市

まとめ

年始の挨拶には、景気の悪い年には増加するとか・・・

商売繁盛、社運隆昌を願って、有名な神社には多くの方が訪れ、縁起物を求める人達で賑わいます。

浅草の鷲神社の酉の市について紹介しましたが、神社を参拝したり熊手を購入したり、さらには色んな屋台を楽しんだりと、さまざまな楽しみ方ができます^^ 

ぜひ足を運んでみてくださいね!

参拝すると沢山のパワーを貰えます。

参拝する事により、自分自身の気持ちがさぁ頑張ろうと言う初心に戻らせてくれるのかもしれませんね(^^♪
 

スポンサーリンク

down

コメントする