ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

文化の日関東イベントの無料で楽しめる美術館や博物館おすすめ6選

time 2017/08/22

文化の日関東イベントの無料で楽しめる美術館や博物館おすすめ6選

11月3日は文化の日です。

芸術の秋真っ只中、美術館や博物館では普段より催し物がめじろおしになる日です。

また、文化の日に無料で楽しめるスポットにはどんなものがあるのでしょうか?

文化の日は、文化に親しむ日ということで全国各地の様々な美術館や博物館が入場無料で利用できます。

普段は有料の施設を無料で楽しむことができるお得な日ですのでぜひ、この機会に利用してみたいですね。

そういった機会に普段触れることのない文化に触れてみてはいかがでしょう(^^)/

スポンサーリンク
  

文化の日関東イベントの無料で楽しめる美術館や博物館おススメ6選

2017年の文化の日は11/3金曜日です。

日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから「文化の日」と定められました。

無料で開放してくれる博物館や美術館

この日には普段有料の施設も、無料で開放してくれる博物館や美術館があります。

東京都内で無料となる施設とはどこでしょうか。文化の日に訪れておきたい場所について紹介します。

博物館
国立科学博物館(常設展)
日本民家園(生田緑地)
千葉県立中央博物館
千葉県立現代産業科学館ほか全ての千葉県立博物館

美術館
国立西洋美術館(常設展)
東京国立近代美術館
横浜美術館
千葉県立美術館

国立科学博物館

国立科学博物館は、常設店に限りますが無料で見る事が出来ます。

特別展も随時開催されてますが、こちらは文化の日でも有料です。

興味があるテーマなら、併せてどうぞ♪

日本の生き物など興味深い展示がされています。

大きな大きなクジラのオブジェがインパクトあります。

展示物も多く、好きな人なら何時間もじっくりと楽しめる場所です。

科学のことに少しでも興味があるなら、この博物館には必ず訪れたほうがよいです。

特別展や企画展など展示が充実して楽しめるのでおすすめです。

1.「地球館」と「日本館」という展示場

日本館と地球館の2つの展示場があります。

この展示場では、あの有名な忠犬ハチ公や貴重な恐竜のはく製を見る事が出来ます。

2.シアター360

前方向に映像が映し出され、別世界が味わえる世界初のシアターです。

映像が始まると、瞬時に恐竜のいた世界などへタイムスリップ!体験ができます。

3. 屋外展示

大きい屋外展示が、科学館の周りに配置されています。

探すのも楽しいです!(^^)!

・入園料:一般600円
・開館時間:9:00 ~17:00
※金曜日:9:00 ~20:00
・無料期間:文化の日(11月3日)のみ
・レストラン、カフェあり。飲食も休憩所で可能。
・授乳室もおむつ替えの設備あり。
・駐車場:なし
・03-5777-8600(ハローダイヤル)
 JR上野駅から徒歩約5分
【住所】東京都台東区上野公園7-20

公式ページ国立科学博物館 

国立西洋美術館

国立西洋美術館も文化の日には無料で観覧することが出来ます。

西洋の美術作品を多く展示されていますので、興味のある方は是非いってみてはどうでしょうか

とても広い展示スペースがあることでも有名なのが国立近代美術館です。

展示ホールでは色々な事を学ぶことも出来ます。

こちらも上野公園内にあり子供にとても人気の施設です。

日本で最も古く世界遺産に登録されたことも記憶に新しい国立西洋美術館です。

上野といえば博物館、美術館、芸術に触れることが出来る素敵なエリア

駅を降りて飛び込んでくるのは素敵な建物、それが国立西洋美術館です。

無料で観覧ができるのは、常設展のみですが、所蔵品は素晴らしいの一言!

14世紀~20世紀の西洋美術を展示していて、ルーベンス・ルノワール・モネ・ロダン・ゴッホ・セザンヌetc

といったそうそうたる芸術家の作品を見ることができます。

美術に詳しくない人でも、「あ、コレ見たことある!!」という作品にきっと出会えるはずです。

特別展は別途費用がかかりますが、興味があるものなら、併せて閲覧することをおすすめします。

03-5777-8600(ハローダイヤル)
JR上野駅から徒歩約1分
11月3日文化の日は入館料(常設展のみ)が無料です。
・入館料:一般420円
・開館時間:午前9時30分~午後5時30分
※ただし、秋の企画展閉会日以降の開館日から春の企画展開催日までの開館期間中は午前9時30分~午後5時
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時 
・無料期間:月の第2、第4土曜日、文化の日(11月3日)
【住所】東京都台東区上野公園7-7 

 

公式ページ国立西洋美術館

東京国立近代美術館

東京国立近代美術館は日本で最初の国立美術館であります。

所蔵作品展では20世紀から現代に至るまでの、日本画、彫刻などの幅広いジャンルから200点を厳選して、日本の美術品の流れを思う存分楽しむ事が出来ます。

日本の近代の著名画家の作品から、超メジャーなピカソ、セザンヌ、ミロ、カンディンスキーなどの作品まで日本、西欧の近代絵画が両方揃っています。

美術品だけじゃなく、工芸品も展示また 染物、陶磁器、漆工などの工芸品も展示されています。

スポンサーリンク

また、作品によって撮影出来るのも高評価の一つです。

文化の日に無料になるのは、所蔵作品展(随時展示されているもの)ですが、それだけでも、125,000点もあるんです!

特別な展示企画(別途有料)も随時開催されているので、興味があるものなら、一緒に見ちゃいましょう♪

東京国立近代美術館(本館・工芸館)
・入館料:一般430円
・開館時間:10:00-17:00
※金曜日は20:00まで
・無料開放日:毎月第1日曜日、国際博物館の日(5月18日)、文化の日(11月3日)
・レストランはありますが、館内での飲食はダメ
・多目的トイレ内にオムツ替用ベビーシートあり
・美術館の駐車場なし。北の丸公園の駐車場を利用してください。
03-5777-8600(ハローダイヤル)
竹橋駅から徒歩3分と、アクセスも抜群です♪
東京都千代田区北の丸公園3-1(本館)1-1(工芸館) 
東京メトロ東西線竹橋駅1b出口 徒歩約3分(本館)
東京メトロ東西線竹橋駅1b出口 徒歩約8分(工芸館)
普段:一般430円/大学生130円

 

公式ページ東京国立近代美術館

11月3日文化の日は入園料(所蔵作品展のみ)が無料です。

国立科学博物館附属自然教育園

ここは、上野の国立科学博物館の関連施設です。

文化の日は入園無料。

東京の「中心部」にありますが、白金台駅から目黒通り沿いに歩くと、白金台どんぐり児童遊園があり、教育管理棟を通って緑に溢れた自然教育園に入ります。

自然の植物や生き物を緑に囲まれて観察して、癒されながらも日本の自然の文化を楽しんで見てはいかがですか。

自然教育園は江戸時代は高松藩主松平頼重の下屋敷だったようです。

この中には館跡・土塁だけでなく、当時からの松の木などが残っていたり、一歩なかに入ると都内にいる事を忘れてしまう自然に満ち溢れた世界が目に飛び込んできます。

文化の日あたりはちょうど紅葉シーズンに当たります。

水鳥の沼ではカルガモが見られます。

又、四季折々の植物・昆虫と触れ合うことがあります。

園内の植物についての、種名表示板や解説板が整備されていて、歩き回りながら、自然のことを深く知ることができます。

11月3日文化の日は入園料が無料です。

・入園料:一般・大学生 310円
・開園時間:9月1日~4月30日 9:00~16:30
      5月1日~8月31日 9:00~17:00
・無料期間:5月4日(みどりの日)、5月18日(国際博物館の日)、11月3日(文化の日)
・03-3441-7176
・飲食禁止ですが、飲み物の自動販売機のみあります。
・おむつ替えのスペースなし
・駐車場:なし

 

公式ページ国立科学博物館付属自然教育園 

印刷博物館

凸版印刷が100周年を迎えた記念に設立した、印刷の歴史をここぞとばかりに関わり、発見出来る施設であります。

凸版印刷が運営する博物館で、こちらで紹介する中では唯一、企業が運営している施設です。

企業が運営しているのに、利益度外視で、文化の日は無料になります。

名前どおり、印刷文化に関する、様々な展示を行っており、印刷の歴史がいろいろな媒体で紹介されています。

古い本やチラシ、ポスターが見られて面白いです。

通常展示がほとんどで、随所に体験コーナーも設けています。

先着で、『印刷の家』というスペースで様々な印刷機を用いながら、様々なワークショップを体験できます。

なかでも、印刷で使う配色の原理が面白かったりするので、子供にも人気のスポットと言えます。

展示ゾーン、シアター、ミュージアムショップと過去の起源から最新の印刷技術まで発見できます。

JR飯田橋駅から徒歩約13分
普段:一般300円/学生200円/中高生100円
11月3日文化の日は入園料が無料です。
特別展示の際は料金が異なりますので注意が必要です。
03-5840-2300

 

公式ページ印刷博物館

葛飾区郷土と天文の博物館

葛飾区に所在する郷土と天文の博物館では、プラネタリウムを利用する事が出来ます。

普段は有料ですが、文化の日は無料で利用できます。

東京都の区立の博物館でプラネタリウムがあるのはここだけ。

子供たちの社会科見学や遠足の人気スポットにもなっています

郷土のフロアでは、昭和30年代の葛飾の家や工場をそのまま再現したコーナーが人気です。

天文のフロアでは、2007 年にリニューアルしたプラネタリウムが人気。

本物のように美しい星空を楽しめる「光学式プラネタリウム」と、CG で宇宙を表現する「デジタルプラネタリウム」の2つが一体になったシステムです。

特にデジタルプラネタリウムは、人類が観測できる最も遠い137億光年彼方の宇宙まで、自由に宇宙を旅することができる日本初の機能「デジタルユニバース」を搭載しています。

プラネタリウムの星空のもとでのコンサートも年に数回行っています。

開館時間
9:00~17:00(火~木曜日、日曜日、祝日)
9:00~21:00(金・土曜日 ※祝日を除く)
休館日
月曜日、第2・4火曜日(祝日は開館し直後の平日休館)

 

公式ページ葛飾区郷土と天文の博物館公式ページ

11月3日(木曜日・祝日)は入館料とプラネタリウム観覧料を無料にてお楽しみいただける「文化の日・博物館まつり」

各種イベントをご用意しています。なお、当日の旧教育資料館資料展示はお休みします。

まとめ

いかがでしたか?

文化の日には普段あまり馴染みのない美術品などを見に行かれてはいかがですか?

特別に無料ですので、行く価値ありですね(^^♪

色々と勉強や体験なども出来るので、是非子供さんとご家族でどうぞ!

上野公園でゆったり出来るのでこの辺一帯を観覧して是非文化に触れて下さいね(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする