ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

ファッション2017メンズ秋冬人気カラーとお洒落コーデ

time 2017/08/11

ファッション2017メンズ秋冬人気カラーとお洒落コーデ

素材やデザインがますます進化している昨今のファッション。

2017年秋冬の最新ファッションをご紹介します(^^♪

秋流行のトレンドのカラーやアイテムを一つ取り入れるだけで昨年とは違う着こなしになります。

組み合わせるアイテムによってオシャレに差がつきやすい冬ファッションも、トレンドを押さえれば一気に上級者コーディネートに!

これを読めば2017年秋冬のトレンドは一目瞭然!

一足先にトレンドを取り入れてファッションを楽しみましょう(^^)/

スポンサーリンク
  

ファッション2017メンズ秋冬人気カラー

デザイナーもこぞって「自然」を連想させるようなカラーを取り入れています。

今年の流行は暗い落ち着いたカラー

ブラウン

コーディネートに季節感を取り入れ今年の流行色のブラウン・・

ブラックほど重くなりすぎず優しい印象を与えることができます♪

ブラウンを上手に着こなすなら、カラーのグラデーションを楽しむコーディネートがおすすめです。

ブラック

コーディネートを引き締め、男性らしさを強調してくれます。

あまりブラックをメインにしすぎるコーディネートだと重たくなりすぎますよね。

しかし素材と合わせるカラーを工夫することで柔らかさを演出することができます。

ホワイトのインナーを合わせたコーディネートなら、大人カジュアルなスタイルになります。

グレー

コーディネートを柔らかな印象にしてくれるグレー。

エレガントで洗練された大人の雰囲気を醸し出すことのできるカラーです。

合わせが難しいビビットカラーとも相性が良いので、メイン使いできるグレーアイテムを持っておくと便利です。

どんな差し色にも合うグレーなら、ワンパターンになりがちなワントーンコーデでも変化を楽しむことができます。

カーキ

ずっと続いている流行色です。

この秋流行のカジュアルにはピッタリなので、インナーや、シューズやキャップなどのアクセサリーをホワイトにすれば透明感のある上品な着こなしができます。

温もりのある明るいカラー

レッドやサンシャインオレンジ

温もりのあるこうした明るいカラーは、ダークカラーでまとめがちな秋冬コーディネートの差し色として活躍してくれます。

エネルギーやパワフルさを感じさせる「レッド」はニットトップスなどで大胆に色を使えば、明るく優しい印象になりますよ。

差し色として大活躍するレッドですが、小物使いにせよメイン使いにせよ、ダークカラーやアースカラーとの相性が良いのが特徴です。

ファッション2017メンズ秋冬人気お洒落コーデ

楽天先行予約になります。

人気ブランドを取り揃えてのこの秋流行最先端ばかり

今年の流行を先読みして、テッパンのジャケット&Tシャツスタイルをはじめ、カーディガンやパーカーコーデなど、

秋の主役アイテムをGET しましょう♪

スポーティ

2017年秋冬の最大のキーワードは「スポーティ」。

春夏から日本でも流行しているスタイルです。

部屋着のように見えてしまうアイテムも色味や素材感で動きをつければ、一流の着こなしが実現します。

スポーツアイテムをれ小物で一点だけ取り入るスタイルから、

アウターもボトムスも全身をスポーツアイテムでコーディネートするスタイルまで

幅広く「スポーティ」を取り入れています。

テクニカルスポーツウェア

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

股上をやや深めに設定しながらもすっきりとした印象の、絶妙なシルエットに仕上げたトラックパンツ。

素材には独特なハリ感のあるスポンジングジャージ生地を使用。

側章テープがスポーティ感をプラスしています。単体でのご使用はもちろん、同タイプのジャケットとのセットアップもおすすめです。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

ゆったりとしたシルエットのトラックジャケット。

襟をボンバータイプに変更することでシャープな印象に。

また、側章テープがスポーティ感をプラスしています。

今季最大のキーワードである「スポーツスタイル」のマストアイテムということもあって、各ブランドから様々なタイプのテクニカル

ウェアが登場しています。

世界中で流行しているトラックスーツなどの「テクニカルスポーツウェア」ですが、今季も引き続きトレン

ドの中心として人気アイテムとなりそうです。

オーバーサイズ

今季、多くのブランドがこぞって取り入れている注目のトレンドは「オーバーサイズ」です。

これまでレディースアイテムで主流であったビッグシルエットですが、メンズファッションアイテムにもこの傾向がみられています。

大きく肩のラインを落とした「ドロップショルダー」や、お尻が隠れる程の長さのあるトップス、丈の長いジャケット

幅広のパンツなどのアイテムをコーディネートの中心にすることでカジュアルさを演出するのに有効ですよ。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

文字通りワッフルの様な凹凸ある外見の、30/-度詰めワッフルで作り上げた1枚、Fionn CS〈フィオンカットソー〉。

着丈長めのラウンドヘムを取り入れた今作ですが、製品完成後フロスト加工を施しこなれた表情を持たせたことで、単品でスタイリン

グに用いても全く遜色ない仕上がりとなりました。

ブランドが展開する定番Tや開襟シャツなどの下に重ねるのも今季glambが推奨するスタイルです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fionn CS グラム【先行予約】*【送料無料】
価格:10260円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)

コンフォートウェア

今季のトレンドスタイルの最大のテーマともいえるのが、着心地の良さを求めるコンフォートウェアです。

その中でもボリューム感のあるアイテムは、シルエットを劇的に変化させ、オーバーサイズコーディネートの要として活躍してくれます。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

ナイロンのウェストバンドと、かなり長めのドローストリングスの組み合わせで、モードとスポーツをミックスさせたHarpal sarrouel slacks〈ハーバルサルエルスラックス〉。

上が特に深いメリハリのあるパターンで、生地には型崩れしにくく、動き易いストレッチギャバを採用。

敢えてハードなロックスタイルに合わせてミスマッチ感を強調するのも一興。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Harpal sarrouel slacks グラム【先行予約】*【送料無料】
価格:22680円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)

この「ビッグシルエット」のスタイルを取り入れるために、もし何か新しくアイテムを一点購入するなら、「ダウンジャケット」がおすすめです。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

ファッション性の高さと機能性を兼ね備えたスタンダードなダウンジャケットを選べば、ワンアイテムだけ浮いてしまうことなく統一感のあるコーディネートになりますよ。

細身シルエットでシャープな印象のカグラジャケット。

バックシルエットに新たなデザインを施し、ブラッシュアップしました。

後裾を長めに設定&ラウンドさせ、ライダースライクなバックタブをデザイン。

より艶のある雰囲気を演出しました。

ドレススーツに使用される尾州産高級ウールを表地に使用し、大人の落ち着きと艶っぽさを感じさせる仕上がりに

スポンサーリンク

『fur』ファー

秋冬の定番アイテムであるファーアイテム。

コーディネートに華やかさをプラスしてくれ、ラグジュアリー感も出せるとあって、メンズ、レディース共にこの時期になると目にする機会の増えるアイテムですよね。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

トレンドの「1970年代」を意識したコーディネートでは、手触りの良いショートファーを使用したファーコート、ファージャケットが活躍しそうです。

UKストリートカルチャーのムードを色濃く漂わせ、今尚アウターの選択肢として不動の存在であるモッズコートにglambのエッセンスを加えたBernard mods coat〈バーナードモッズコート〉。

タイトにフィットするシルエットそれを上品な風合いを持ったウール混のテキスタイルで仕立てる事で洗練された佇まいに纏めました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Bernard mods coat グラム【先行予約】*【送料無料】
価格:51300円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)

カーディガン

秋オシャレの基本

秋のメンズファッションは重ね着でかっこよく決めるのがおすすめです。

夏のTシャツや半袖カラーシャツ一枚に対して、「1枚プラス」としてジャケット・カーディガンを羽織るだけ。

カーディガンスタイルのときでも、ボトムスはスリム目に整えておいたほうが、全体のシルエットがきれいになってモテ度が上がりますよ。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

有名メゾンの生地も作っているイタリアの「BOTTO GIUSEPPE/ボットジュゼッペ」社の糸を使用した幾何学パターンのショールカーディガン。

ローブの様に着用出来るようニットベルトを付けています

羽織るアイテム=表で魅せるアイテムになるので、アピールポイントとしてアイテム選びに気を使いたいとことです。

登山に特化したスタイル

日本でもカジュアルコーディネートとして引き続き流行中のアウトドアスタイルですが、今季は特に登山に特化したスタイルがトレンドとなっています。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

日本でアウトドアスタイルと言えば、マウンテンパーカーなどの機能性は備えながらも、できるだけ軽くて動きやすいものを指すことが多いかもしれません。

「マウンテンスタイル」を取り入れるなら、アクセサリーとして登山用アイテムを身に着けたり、よりスポーツ要素の強い軽素材のものをレイヤードするとコーディネートしやすいですよ。

ポイントとしては、同色系のコーディネートをするということです。どうしても素材感で浮きがちなダウンですが、トップスやアウターとカラーをそろえることで全体に統一感が生まれます。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

今期のトレンドのひとつである、90年代のストリートテイストを落とし込んだパンツ。

スポーティーなサイドラインを、上品なスラックス素材にミックスしています。

程よいテーパードシルエットで、コーディネートに取り入れやすいのもポイントです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

//サイドパイピングパンツ ナノユニバース【送料無料】
価格:9504円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)

今季、きれいめなコーディネートを楽しむなら「ビジネスクラス」がトレンドキーワードです。

オフィス街を颯爽と歩くビジネスパーソンを意識したスタイルを指します。

ただし、本当にスーツを着ればいいという訳ではなく、そこにカジュアル要素が盛り込まれていることが重要です!

たとえばセットアップスタイルでは、オーバーサイズ気味のものを選んだり、上下のカラーを変えることで、ただのビジネスパーソンにはなりません。

また、足元にスニーカーやブーツを合わせると「ビジネクラス」スタイルらしい抜け感のある着こなしになります。

よりカジュアルダウンしたい場合には、キャップやロゴニットをレイヤードして思いきりカジュアルに振ってみてもハイセンスです。

ショップデニムコート

大人の男だからこそリラックスアイテムの素材にはこだわりたいもの。

出典:https://item.rakuten.co.jp/doors-rba/b49679/楽天

テンセル/ポリエステルのデニム素材を使用、加工を施すことで、アタリを出し独特の表情を楽しめます。

シルエットはタイトフィットに加え、丈は着まわしのしやすい膝上丈。

まとめ

いかがでしたか?

今年の秋冬流行のトレンドを押さえてみました。

今季のトレンドキーワードの一つに「1970年代」ファッションがありますが、当時流行していた要素を取り入れた服装が人気です。

発送予定が1月中旬など時間がかかるみたいですよ。

予約商品の受付期間は上限数に達し次第終了するので早めのチェックと予約が必要です。

ファッションに力を入れ過ぎない自分らしいスタイル、でもかっこいい、そんなスタイルを目指して

他の人と被らない自分だけのお洒落を楽しましょうね(^^)/

2017年秋の男性服のトレンド、流行をいち早く押さえたモテコーディネートで注目を浴びますよ(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする