ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

蚊に刺されやすい人の特徴や対策と虫よけの成分・蚊を寄せ付けない植物

time 2017/07/31

蚊に刺されやすい人の特徴や対策と虫よけの成分・蚊を寄せ付けない植物

蚊が媒介する感染症(デング熱やジカウイルス感染症など)人間を脅かす存在です。

2016年発生地域から帰国された方がデング出血熱で死亡する事例がありました。

デング熱の患者は全世界で毎年1億人にのぼるとみられ、日本でもいつまた発生するかわかりません。

そのため、デングウイルスの感染を防ぐためには、媒介するヒトスジシマカに刺されないこと、また、ヒトスジシマカの発生を防ぐことが重要な対策となります。

ただのやぶ蚊にも毎年一杯刺されますよね(*_*;

蚊の刺されない為の対策やメカニズムなど一緒に見て行きましょう(^^)/

スポンサーリンク
  

蚊に刺されやすい人の特徴や対策

蚊の発生源

蚊が多い理由、蚊は何処で生まれているのか?

蚊の生態

蚊は、成虫と幼虫の住む場所が、まったく異なります。

蚊の幼虫(ボウフラ)は、水の中で暮らしているので、水たまりをなくせば蚊は発生しません。

水が溜まる場所をなくす対策が基本です。先ずは、繁殖させない為にその水源を確認しましょう。

蚊のエネルギー源は糖分で、普段は花の蜜などを吸って生活しています。

蚊はその種類により吸血する時間が異なり、アカイエカは夕方から夜にかけて、ヒトスジシマカ(通称:ヤブ蚊)は昼から夕方にかけて吸血します。

メスだけが産卵のための栄養源として吸血し吸血源を探し求めます。

具体的発生源

・古いバケツなど水のたまった容器
・植木鉢の受け皿や雨水桝等
・ポイ捨てされた空き缶、空き瓶など
・庭の汲み置き水や指摘のついた空のプランター、ジョウロなど
・雨よけシート(ブルーシート)の窪みに溜まった水
・放置したままの古い廃タイヤ
・側溝や雨どいグやグレーチング下水溝
・水はけの悪い庭
・花、木、或は雑草の中

 

蚊に刺されやすい人の特徴

どんな人が刺されれやすいの?

服装の様子で判断を行っている

特に周囲の環境になじまない格好をしていると認識されやすいようです。

暗い色の服装はターゲットにされやすいと言われてます。

蚊は「動くもの」に反応する

動けば動くほどその呼吸などから二酸化炭素を感知して“生きている”ということが判別できるため、狙われやすくなるのだとか。

体温が高いほうが刺されやすい

動きからは距離が計算されているようですが、実際にどの体から血液を摂取しようとするかは体温を見て決めているのだそうです。

妊娠した女性

妊婦は平均して1.26度ほど体温が上がるため、比較的狙われやすいようです。

蚊には小顎鬚と呼ばれる二酸化炭素(CO2)を検知する器官があり、妊婦になると二酸化炭素の排気量が21%ほど増加するため、刺されやすくなる傾向にあります。

ビールを飲むと蚊が寄ってくる

アルコール摂取前後で、どれだけ蚊が寄ってくるのか調査を行ったところ、ビールをたった350ml摂取しただけでも蚊を寄せ付ける割合は増加しました。

肌や汗の成分も要注意

特に、肌に常在菌として存在しているバクテリアは、蚊を引き寄せる原因の一つにもなっています。

乳酸や、尿酸、アンモニアなど、その他汗の成分も同じく蚊を引き寄せやすいそうです。

人が出す炭酸ガスや皮膚のニオイ・温度を感知することで吸血源を探し求めます。

蚊は、二酸化炭素を好みます。だから、汗をかいたらこまめにしっかりタオルで拭いたり体を洗ったりするといいでしょう。

最も刺されやすいのはO型

次がB型で、1番刺されにくいのはA型の人々と言われています。

蚊に刺されない対策

蚊の防除対策の一番の目的は、感染症の発生と流行を防ぐことです。

そのため、まずは蚊に刺されないための対策から始めましょう。

肌を露出しない長袖、長ズボンを着用する

素足でのサンダル履きを避ける

暗い色の服装はNG

白など薄い色のシャツやズボンを選ぶ(蚊は色の濃いものに近づく傾向がある)露出する部分には虫除けスプレーなどを使い、蚊を寄せ付けないようにする

蚊が近寄ってこない服装

所さんのそこんトコロで放送されたインセクトシールドや蚊が近寄ってこないTシャツ「Anti-mosquito Tee」はこの夏絶対に買うべき

蚊は柑橘系のにおいがだめ

精油を使うのも良いかと思います。

天然成分昆虫忌避作用のあるエッセンシャルオイルでしたら、テルペン系アルデヒド類のシトロネラールと言う成分に、この作用があります。

スポンサーリンク

この成分を含有している精油はシトロネラ、シトロネラ、ジャワ、ユーカリ、レモンなどが有りますので、試してみるのも一考かと思います。

蚊 虫よけの成分

「虫よけ」と呼ばれる市販の忌避剤

その効果や品質、安全性の面から、厚生労働省の製造販売承認を受けた「医薬品」または「防除用医薬部外品」を使用してほしいと思います。

身体に使用する虫よけの多くは、「ディート(ジエチルトルアミド)」という有効成分が含まれています。

製造販売承認の審査を経て、2016年秋には30%濃度の製品が発売されました。

ディート濃度12%の製品は6時間程度、30%の製品は8時間程度となります。

蚊は虫よけのかかっていないわずかな隙間を刺してくる。「塗りムラ」はなくすまた、汗をかいたり、肌を拭いたりした場合は、その都度付け直します。

子どもにディートを使用する際は回数に制限があることに注意

蚊取り線香の主成分は、天然植物由来の物質です。

ピレトリン」という除虫菊から生成される物質が原材料になっています。

天然植物由来の蚊取り線香ならば、多少臭いがきつくても人体に有害と言うことはなさそうです。

まず、ピレスロイドは昆虫類の神経を麻痺させる毒であることを知っておいてください。

昆虫類の他にも、爬虫類や両生類にも強い作用を発揮します。

ペットとして犬や猫を飼っているご家庭は多いと思います。

ただ結論から言うと、ピレスロイドの哺乳類に対する影響はごくわずか。

しかし、皆無とは言い切れません。特にハムスターなど、体の小さいペットには悪影響を及ぼしてしまうこともあるんだとか…。

最近の蚊取り線香、および虫よけ製品の主成分は?

最近では、ノーマット式の蚊取り線香がほとんどのシェアを占めています。

また、ワンプッシュ式の蚊取り線香は確かに便利で、使い勝手もいいですよね。

一日一回噴射するだけで蚊が寄り付かないなんて、大変画期的な商品だと思います。

しかし、一日一回噴射するだけでいいという事はそれだけ、ワンプッシュ式の虫よけは成分がきついということですよね。

この化学成分は、たびたび問題視されていますよね。人体への害はいかなるものなのでしょうか?

さらに怖いことに「昔ながら」の蚊取り線香も近年薬局で売られている商品も、このピレスロイドが主成分であることがほとんどなのです。

あのぐるぐるのお線香に、このピレスロイドを染み込ませただけの仕様になっています。

蚊を寄せ付けない植物

蚊よけに効くハーブ

ここ最近、注目を浴びているのが植物による対策です。

蚊を含む防虫効果があるだけでなく、庭先や玄関付近にそっと植えられていると、夏の暑さも少し和らぐような涼やかさも感じられますよね。

何より、自然の力を利用するため、人体にも優しいというのが一番の魅力です。

今回は、そんな蚊よけ対策に有効な植物の情報を、たっぷりとお届けします。

ゼラニウムの蚊連草・蚊香龍

ゼラニウムの中でも「ローズゼラニウム」という種類は、蚊が嫌いな匂いを放ちます。

その中でも蚊連草(カレンソウ)や、蚊香龍(カコロン)が特におすすめの植物です。

また、ゼラニウムの開花時期は4~10月と長いです。

ゼラニウムは種類によって様々な香りがあり、バラの香りだったり、レモンの香りだったり、りんごの香りがするものがあるので楽しめます。

レモングラス

レモンにそっくりな柑橘系の爽やかな匂いのレモングラスは、トムヤムクンなどの料理にもよく使われることでお馴染みのハーブです。

このレモングラス、蚊が嫌いなシトラールという成分を含んでいるので、蚊よけ対策に有効です。

リフレッシュ効果も高いので、蚊よけ対策以外にも庭にあると助かる植物ですね。

ペパーミント

ハーブの代名詞と言っても過言ではないミントの爽やかな香りは、夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうな気がしますよね。

蚊よけ対策の他に消臭作用も高いので、コップに挿した物をキッチンやトイレに置いておくのもおすすめです!

ペパーミントは乾燥と蒸れを嫌うという特徴がある植物ですので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えておきましょう。

また、乾草には弱い植物ですが地下茎がどんどん増え、他の植物を駆逐してしまう恐れがあるので地植えにする場合には注意してくださいね。

ラベンダー、ユーカリ、ローズマリー

ご紹介したハーブの他にもラベンダー、ユーカリ、ローズマリーなども、蚊よけなど防虫効果があります。

どくだみ

ベトナムでは、どくだみを好んで食べています。体質改善にもなるだけでなく、身体から蚊よけの匂いを放つようになるからです。

日本だとどくだみと聞くと強烈な匂いという印象ですよね。

好き嫌いがあると思いますが、気にならないという方は、どくだみ茶を飲んでみるのも1つの蚊よけ対策になりますよ。

ハッカ油

ハッカ油も自然の力で虫除け対策ができますよ。

又刺された時のお薬代わりにもなります。綿棒で患部を数回塗るだけで、傷も残らず綺麗に治ります。

まとめ

いかがでしたか?

いくらでも湧いてくる蚊・・・免疫が落ちていると何度も刺されますよね(*_*;

庭先にハーブを植えると、素敵な香りに包まれるし、蚊はいなくなるし一石二鳥ですよ。

少しだけ切ってコップに挿してトイレやリビングに飾ってはいかがでしょう!

効き目の凄いワンプッシュも即効性はありますが、小さなお子様がいらっしゃる家庭にはお勧めできません。

玄関や窓の傍にプランターでも良いので、自然なハーブをおススメします(^_-)-☆

スポンサーリンク

down

コメントする