ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

便秘解消法 ゆらし運動や腸のマッサージ・ツボ押しは即効効く

time 2017/07/20

便秘解消法 ゆらし運動や腸のマッサージ・ツボ押しは即効効く

毎日の生活リズムは本当に大切です。

一日の始まりは、排便からスッキリ始めたいですね(^^♪

腸は本当にデリケートで、ストレスが溜まると出にくくなったりしますよね。

長く便秘が続くと、結構辛いものです。

そこで今回は、運動や、腸に刺激を与えるマッサージについて見て行きたいと思います。

是非参考にして下さいね(^^)/

スポンサーリンク

便秘解消法 ゆらし運動

便秘が改善しないのは、ねじれ腸が原因かもしれません。

ねじれ腸とは、腸の形が曲がったりねじれたりしており、日本人の約8割が該当しているそうなんです。

ねじれ腸によって起こる便秘は、とにかくお腹が痛いんです。

腸が普通に戦慄運動で動いているのに、便が引っかかっているので痛みが出やすいんです。

だから、出しやすいようにお手伝いしてあげれば、便はすぐに出て来ます。

たった30秒体をのばしてゆらすだけ!

体のゆがみを整えて、痩せやすい体づくりが目指せますよ。

腸をゆらして、便が引っかかりやすいところをほぐしましょう。

左わき腹の下行結腸と、下腹のS状結腸をゆらす事でマッサージしていきます。

優しい力で腸をゆさぶるようにお腹を押します。

それに、肋骨の内側にある腸の曲がり角に上体ひねりを加えます。

ても、それぞれ1分でできるから、短時間で終わります。気軽に続けましょう。

これなら無理せず続けることができそうですね。

自宅で簡単に出来るので、試してみて下さい。

ハードな運動や食事制限はしたくないという方におすすめです。

スポンサーリンク

ウォーキング

運動不足が、便秘の要因かもしれません。

激しい運動をする必要はありません。

軽く汗をかく運動を、週に2~3回するのがオススメです。

腹筋やウォーキングなど、適度な運動をして腸内の運動を活発にしましょう。

自宅でテレビを見ながら腹筋運動をしたり、ウエストをリズミカルにひねるのもオススメです!

毎日のウォーキング、食後が効果があり、腸に集まった便を押し出すための腸腰筋や腹筋などの筋力アップにつながります。

電車やバスでひと駅のところは歩いてみるなど、できれば1日9000歩。高齢の人は6000歩を目指しましょう。

歩くことで腸が刺激され、便通をもよおすようになります。

元気な人では、30分くらいで効果があります。

腸のマッサージ

自分でできる便秘解消法として、腸を刺激してみましょう。

便意を起こりやすくする ツボマッサージを紹介します。

とても簡単で手軽なので、何時でも出来ます。

まずは、カチコチに緊張している腸を、柔らかくほぐしていくことで、便を押し出す力を高めていきます。

自宅で気軽にできる腸マッサージで、鈍くなっている腸に手で旋律運動を起こさせるのが目的です。

食後から3時間ほどのタイミングで、入浴時に、固い腸の所をグッと右へ動かすようにマッサージします。

お風呂上がりのカラダがあたたまっている状態で、仰向けに膝を立てて寝ます。

腸をなぞると固い所があります。

それが滞っている便です。

それをグッと力を入れたまま右へ寄せるようにします。

何回も同じ動きをすると、固い腸は右へ移動するのが分かります。

翌朝、便をもよおすようになりますよ。

便秘解消法 ツボ押しは即効効く

経絡の滞りやすい所を「経穴・ツボ」と言います。

気が滞ったところを刺激して気の流れをスムーズにしてあげるのがツボ療法です。

本来持っている自然治癒力を応援するものです。

強く押し過ぎると、痛めてしまうことがあるので注意してください。

天枢

『天枢』のツボを押しましょう。

ツボ刺激を行う時は、そのことだけに気持ちを集中させます。


枢は、おへそと胸の乳首(左右問わず)を直角で合わさった部分にあるツボです。

そのツボをゆっくり、三本指(人差し指・中指・薬指)で複数回押します。

早い人は2~3回押しただけで、トイレに行きたくなると言う即効性>があります。

まとめ

女性は便秘がちな人も多く、便秘薬に頼っている方も多くみられます。

また肥満にも直結して、便が出にくいと、どんどん体重が増えてしまうと言う悪循環にも陥りがちになります。

毎日の生活習慣は大切ですが、乳酸菌だけでは治りきらないのも現実ですよね(*_*;

出来るだけ身体に無害な物を試しましょう♪

そういう意味でも是非酒粕をお勧めします(^^)/

関連記事:麹酵素のダイエットに効果あり 口コミの良いサプリとこの食材

スポンサーリンク

down

コメントする




お問い合わせ

お問い合わせはこちら