ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

市販のパンに含まれる添加物とは?安全性と健康への影響について

time 2017/08/23

市販のパンに含まれる添加物とは?安全性と健康への影響について

朝食はパンとコーヒーの軽めの食事で済まされる方も多いと思います。

しかし色々と落とし穴が存在します( ;∀;)

焼きたてパンの美味しい香りに誘われて、一杯買い込む姿もよく見られます。

こだわった食材の物を買うようにしたいですね(^^♪

スポンサーリンク
  

市販のパンに含まれる添加物とは?

スーパーやコンビニに、所狭しと並べられている大手パンメーカーの菓子パン…。

朝はトーストとコーヒー派の家庭も、多いのではないでしょうか?

又、育ち盛りのお子さんは、食事と食事の間で、おやつ代わりに食べたりすることもありますよね。

所で、菓子パンの原材料について、繁々とご覧になったことございますか?

食品添加物のオンパレードですよ!!

サンドイッチ類

添加物が使われている可能性がかなり高く、特にハムは注意したい食品ですね。

手作りパン屋さんだから安心と思いがちですが、化学調味料や防腐剤の表示があるのは避けたい所です。

裏の表示は必ずチェック

子供の口にも入る食品なので、裏の表示は必ずチェックしましょう。

基本的にスーパーで袋入りの加工パンは、一目瞭然!

後ろの表示を、是非一度確認してみて下さい。

View this post on Instagram

@saichameがシェアした投稿

スポンサーリンク

市販のパンの安全性

手に取ってみたパンには、当たり前のように添加物入りのパンが並べられています。

どういった添加物が、いったいどんなものなのでしょうか?

某大手パン屋の袋パンの表示の一例

乳、乳化剤、糊料(増粘多糖類)、香料、イーストフード、保存料(ソルビン酸)、V.C、カルテ粉、フラワーペースト、ファットスプレッド、糖類、・マーガリン、卵、パン酵母、発酵風味料、食塩、脱脂粉ノイド色素(原材料の一部に大豆を含む)
上記は、乳化剤以降が添加物表記になります。

 

イーストフード

このうち乳化剤・イーストフード・V.C(ビタミンC)がパンによく使われている添加物です。

◆イーストフードとは「人工酵母」です。

パンには欠かせない発酵させる時に使います。

イーストフードとはその名のとおり、イーストが食べるエサで、塩化アンモニウム、炭酸カルシウム、リン酸塩など13品目の合成添加物から4~5品目を混ぜてつくられる化学物質です。

 

塩化アンモニウムは毒性が強く、大量に食べると吐き気や嘔吐などを起こす可能性があるといわれています。

◆臭素酸カリウムは、小麦粉改良材として使用され、パンのふわふわ感を出すために使用されます。

ヨーロッパ(EU)を始め中国では、使用禁止となっています。

日本ではパンの製造のみ認められています。※残留しないことが条件

含まれる量の問題ももちろんあり、添加される量は実際には少量です。

 

臭素酸カリウムは、焼くと熱で分解され、臭化カリウムになると言われています。

臭化カリウムは「不安緊張状態の鎮静」、「小児の難治性てんかん」の薬として使われているみたいですよ。

注意事項として「連続使用すると体内に蓄積し慢性中毒を起こすことがある」とされています。

臭素酸カリウムは、強力な発ガン性物質です。

ソルビン酸

◆ソルビン酸は、食品の保存を目的に使用されます。

ソルビン酸Kは、ソルビン酸にカリウムがくっついた物質で、水溶性なため水に溶けやすい性質を持っています。

用途によって使い分けられますが、基本的には同じものです。

 

ソルビン酸Kは細胞の遺伝子を、突然変異させたり、染色体異常を引き起こすことが分かっています。

変異原性はがんの発生とも関係があります。

単体での毒性・危険性はもちろんありますが、それよりも多くの食品に使われているため他の食品添加物との複合摂取による発がん性が指摘されています。

乳化剤

◆乳化剤は、パンの場合、いつまでも軟らかい状態にするために使用しています。

乳化剤を、材料を均一に混ぜるために使用することがありますが、その場合は、次のような効果が期待できます。

固体と液体が均一に混ざることで、食感がなめらかになります。

大豆リン脂質とも呼ばれパンや麺類、マーガリン、マヨネーズに使用されていることが多く、大豆由来の強粘性の乳化剤です。

 

「乳化剤」「グリセリン脂肪酸エステル」が使用されている場合、肝臓肥大や腎臓の石灰化すると言われています。

乳化剤とだけ書かれていたとしても、ショ糖脂肪酸エステルなど、合成のものが9品目あり、どれをいくつ使っても「乳化剤」とだけ書かれるのです。

この辺が、杜撰でごまかしの手口ですよね。

リン酸塩

◆リン酸塩は、チーズなどには、乳化剤として「リン酸塩」が使用されていることがあります。

リン酸塩は過剰摂取すると、腎臓機能の低下やカルシウムの吸収抑制につながります。

また、腸管からのカルシウム吸収が阻害され、血中カルシウムが低下します。

 

カルシウムは全世代において不足している栄養素の1つ、カルシウム吸収を阻害するリン酸塩は、特に成長期のお子さまには避けたい添加物と言えるでしょう。

遺伝子組み換え

◆大豆レシチン、大豆由来の大豆レシチンは一見安全なように思えますが、ほとんどの大豆レシチンはアメリカなどの外国で大量に作られた遺伝子組み換え大豆を抽出してできたものです。

 

遺伝子組み換え食品の健康被害は、まだ完全には解明されていません。

認知症のリスクにもつながると言われていますので、避けておく方が賢明かもしれません。

PH調整剤

◆PH調整剤は、品質改良材、結着剤として用されます。

 

これらの添加物を、長期間にわたり、知らず知らずのうちに摂取し続けていると考えると、恐ろしくなりますね( ;∀;)

市販のパン健康への影響について

ではどういうものを購入すれば良いのでしょうか?

安全なパン選び

無農薬などにこだわった卵や、牛乳を使ったパン屋さんを探しましょう。

「送料無料」もっちり焼立て無添加パンお試しセット 焼きたて天然酵母パン詰め合わせ

(バゲット・菓子パン・メロンパン・クロワッサン・フォカッチャ.チャバッタなど)

 
麦の穂パンは全て無添加パンです。

油脂は、マーガリンは一切使用していません。

全て、国産バター、オリーブオイルだけです。

品質改良剤、乳化剤、酸化防止剤などの添加物は一切使用使用してません。

パンは自家がたてば、堅くなりますが、少し温めると出来立ての美味しさが蘇りますよ。

こちらの商品はレビューが1,877件あり、5点中4.42点と高い評価です。

ではその人気の秘密を見ていきましょう。

巷には余計な材料が添加されたパンが多く、身体にも優しい品を探していたところに出会いました。どれも本当に美味しくて、感激です!冷凍後の風味も変わらず美味しく頂くことができました。
家族にも好評でした。無添加で素材の味が生きていて、とても美味しいです。
どのパンももっちりしていて焼き立て感があり、おいしくいただきました。

素材にこだわりを

国産小麦や天然酵母を使った自然なパンを選びましょう(^^♪

できるだけ精白小麦ではなく全粒粉を使ったパンを選ぶ事を、おすすめします。

市販のパン

ショートニングやマーガリンは使っていないものにしましょう。

市販のパンは、消費者が柔らかいものを好むために、小麦粉の含有量が少なく、砂糖やイースト等の膨らます・柔らかくするもの・油脂が多く使用されています。

当然その為の食品添加物・腐らないための添加物も使われています。

そして、マーガリンやジャムにもそれぞれ添加物が使用されいています。

その為、ご飯の食事内容より添加物が多くなると言う事が一番の問題のようです。

まとめ

美味しいはずの食品が、こんなに一杯添加物が使われているなんて・・・

知らず知らずのうちに進行して、ガン患者も急増?!

このままでは、みんなガンにされてしまいます( ;∀;) 

食品添加物の氾濫が、病気の原因の一つになっていることは間違いなさそうですね。

少しでも回避出来るよう、消費者の意識を持つことや、勉強や知識が必要となる所です(^^)/

関連記事:ファミレスドリンクバーコーヒーは添加物でまずい!安い理由 

関連記事:種なしぶどうを作るジベレリンとは?害はあるのか安全性と洗い方

スポンサーリンク

down

コメントする