ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

東京オリンピックボランティアの衣装のデザイナーは?募集要項も

time 2017/07/18

東京オリンピックボランティアの衣装のデザイナーは?募集要項も

オリンピックが東京に招致されることが決まり、3年後が楽しみです(^_-)-☆

競技会場のメインスタジアムの完成も楽しみですね(^^♪

日本で開催されるのは1964年以来の事で、絶対見に行こうと思われている方・・

ボランティアで参加したいと思っている方・・是非参加しましょう♪

オリンピックを成功させるには、おもてなしの精神で、選手と共に盛り上がりましょう(^^)/

スポンサーリンク
  

東京オリンピックボランティアの衣装

今回の東京五輪は「Discover Tomorrow(未来をつかもう)」をテーマに「都市の中心で開催するコンパクトな大会」をコンセプトとして大都市の都心で開催されます。

「街なか観光案内」とは

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会に向け、観光活動を通じて外国人旅行者に東京の魅力を紹介するボランティア集団。

観光ボランティアが街なかで外国人旅行者に積極的に声を掛け、外国語で観光案内等を行う「街なか観光案内」は重要な役割ですね。

6月19日から新宿、上野を皮切りに実施(外国人旅行者が多く訪れる地域で順次展開)されています。

街なか観光案内

平成27年6月19日(金曜)より活動開始日
毎週金曜日・土曜日・日曜日(週3日)活動日
活動時間11時00分~17時00分
※開始日はイベントを開催予定のため、活動時間は異なる。

実施場所
新宿駅西口周辺、上野駅周辺(27年度)
※28年度以降、外国人旅行者が多く訪れる地域で順次展開予定

チーム名「おもてなし東京(OMOTENASHI TOKYO)」

活動内容
ボランティアが2人1組
街なかを巡りながら外国人旅行者に声をかけ、観光案内や道案内を行うほか、各種情報を多言語で提供。

ユニフォーム
都がビジネスを支援している有望な若手デザイナーの中からコンペにより選ばれた藤江珠希氏がポロシャツ、帽子、カバンをデザイン

今後の観光ボランティアの活躍にご期待ください。

 

東京五輪を支えるソフト面、つまり「人」も同じくらい、大会成功の鍵をにぎるはずです!

東京五輪ボランティアのユニフォーム

ボランティアの人たちが着る「制服・ユニフォーム」についても、今、見直し問題が盛り上がってますね!

デザイナー

小池百合子都知事が東京五輪・パラリンピック向けの外国人観光客案内用のボランティア制服のデザインを『躊躇なく変えていきたい!』と発言

東京都が今年の6月からスタートさせた「街なか観光案内」という日本の観光案内企画で観光ボランティアスタッフが着用しているユニフォームの新デザイナーはコシノヒロコ

藤江珠希に代わって新しく五輪ボランティア制服をデザインすることになったのは世界的婦人服ブランドとしても有名であり、2008にはベストジーニスト賞にも輝いたコシノヒロコ。

日本を代表する女性デザイナーがデザインする制服に、世間は再度期待の声を寄せています。

問題視された例の制服のデザインはこれからどのように変わり、どういったデザインの制服が発表されるのでしょうか?新デザインが本当に楽しみです。

東京オリンピックボランティアの募集要項

大会ボランティア

交通費、宿泊費などは自己負担

※食事の支給はあるそうです。

もちろんボランティアですので、無報酬です。

東京五輪ボランティアには、「大会ボランティア(約8万人募集)」と「都市ボランティア(約1万人募集)」

 

主に大会前後及び期間中競技会場や選手村などの大会関係施設における会場内の案内・誘導など、大会運営において重要な役割を果たします。。

大会ボランティアは、多くの人が直接大会運営に参加できる方法でもあり、大会の雰囲気を醸成する一翼を担うこととなります。

募集・運営組織

東京2020大会で活躍するボランティア
募集開始時期:2018年夏頃を予定

応募条件(案)

・2020年4月1日時点で満18歳以上の方

・ボランティア研修に参加可能な方

・日本国籍を有する方又は日本に滞在する資格を有する方

・10日以上活動できる方

・東京2020大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方

・お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

※今後、大会運営準備を進めていく中で各必要人数を精査していくそうです。

 

 

主な仕事内容


会場内誘導・案内

会場内で観客及び大会関係者の誘導、チケットチェック、入場管理のサポートなどを行う。

ドーピング検査

競技を終えた選手に対してドーピング検査員が検査を実施するためのサポートを行う。

ドライバー

大会関係者が会場間を車で移動する際の運転業務を行う

スポンサーリンク
スタッフ受付

会場におけるスタッフの受付業務。専用のIDから照会したシフトの確認や必要事項の伝達を行う。

ユニフォーム配付

ユニフォーム配付施設においてスタッフ(ボランティアほか)のユニフォーム配付を行う。

メディア対応サポート

会場やプレスセンターなどで大会を取材する日本やその他各国メディアの取材活動をサポートする。

言語サービス

選手、メディア海外要人などの大会関係者に対して外国語でのコミュニケーションサポートなどを提供する。

選手団サポート

各国から訪れる選手団に対するサポートを行う。選手団が選手村に入村する前から準備を行い、選手が快適な競技生活を送ることができるようにサポートする。

物流サポート

競技会場や選手村などに運び込まれる物品の管理や整理をサポートする。

物品貸し出しサポート

選手村やメディアセンターにおいて各国から来る選手団やメディア、その他関係者が利用する物品の貸し出しサービスをサポートする。

持続可能性活動サポート

各会場などの持続可能性への配慮を実現するため、選手、観客などにゴミの分別方法を案内するなどのサポートを行う。

ID発行サポート

事前に登録された情報を基に、大会間易者が保有するIDの発行業務を行う。

競技運営サポート

競技エリアや練習会場において、競技役員などの指示のもと、競技の進行補助やアスリートのサポートなど競技運営の補助を行う。

医療サポート

観客や関係者などに急病人やけが人が出た場合にすばやく対応するための「ファーストレスポンダー」としての役割を担う。

建築業界で働きたい人募集

ラグビーなどの国際的な競技と建設・着工に伴う日程などが大幅に遅れる事態になっています。

また、東日本大震災の影響から東北の復興に伴う住宅などの建設や現在の日本の建築業界が慢性的な人手不足と円安に伴う資材高騰についても極めて問題になっており、

日本企業と同国政府は同国の建築業界で働きたい外国人で日本語ができる人や日本の若者を募集しています。

東京オリンピックボランティアの活動の意義とは

ボランティア活動とは

ボランティアの定義は「市民活動の一部であって、営利を目的とせず自発的な意思に基づいて他人や社会に貢献する実践的な活動」としています。

ボランティア活動を通じて、人と人とのふれあい、また、様々な文化とのふれあいを体験することは、人とのかかわりの少なさや生活体験の不足など、

現代の子どもや若者を取り巻く問題の解決にもつながります。

ボランティア活動の経験は、若い世代を思いやりの心をもつ人間として大きく成長させ、若者の自己開発にもつながり、次世代の担い手の育成に寄与します。

助けあい”ということのみならず、ボランティア活動には、社会の発展のためとなる重要な役割を有しています。

きっとあなたの人生において忘れられない思い出と記念になると思います。

是非この歴史に残るオリンピックにボランティアとして参加してみませんか?

まとめ

「オリンピックスタジアム」は8万人もの観客が入れるということで、東京オリンピックがどれだけ盛大なイベントか想像を絶します。

2020年東京五輪は16日間、最大28競技の熱戦が計37の競技場で繰り広げられます。

世界からも観客が押し寄せ、大変な賑わいを見せることでしょう。

そんな中のボランティアは相当なもの・・・

自分磨きやこの活動を通じて、色々な経験を積みたい方は価値のあるものになる事間違いなし!

是非是非色々な形で東京オリンピックを盛り上げましょう(^_-)-☆

スポンサーリンク

down

コメントする