ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

出雲大社はパワースポット!神在月に参拝して恋愛成就しよう

time 2017/07/11

出雲大社はパワースポット!神在月に参拝して恋愛成就しよう

良縁を心待ちにされている婚活中の皆様・・・♪

赤い糸を探しに出かけてみませんか?

縁結びと言えば、出雲神社!

パワースポットと言われている出雲には何かがあるはず!!

神様がいる出雲大社は旧暦の10月です。

そしてお祭りは11月にあり、今がチャンスですよ(^^♪

何故そんなに信仰されているのか皆さんも一緒に見て行きましょう。

スポンサーリンク
  

出雲大社はパワースポット

全国各地に、パワースポットはありますが、出雲大社もその一つです。

出雲大社は、歴史が古く、古事記にも記されていますよ。

スポンサーリンク

古事記

古事記に記された出雲神話の主神

出雲大社の祭神、日本神話にあらわれる神の名。

大己貴神おおなむちのかみで素戔嗚尊すさのおのみことの子孫。

5世の孫《古事記》または子《日本書紀》とされています。

出雲大社の主祭神は『大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)』で、大国主大神が高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲りました。

その時に造営された天日隅宮(あまのひすみのみや)が出雲大社の始まりといわれています。

神事は幽世ともいい、人からは目には見えない、耳には聞こえない、神や霊魂の世界のことで、大神さまは神々を率いて、皇孫とこの国をお守りすることになりました。

毎年10月になると、全国から八百万の神々が出雲にお集まりになって、人々の縁組みについての相談をされる、という縁結び信仰が広まっていきました。

出雲大社とは神有月に参拝をしよう

「目に見えないもの」「耳には聞こえないもの」つまり幽事を司ったことから、縁結びや運命を司る神様として信仰される素地を作っていきました。

今日では、出雲大社の大国主命は、この世の全ての縁を司っています。

男女の縁や運命だけではなく、様々な幸福を結びつける「むすびの神」としても信仰されています。

この為、縁結びのご利益をあやかろうと、毎年多くの参拝客が訪れています。

出雲大社は、二礼「四」拍手一礼

普通の神社は、二礼「二」拍手一礼。

出雲大社の参拝方法は「2拝4拍手1拝」

手を合わせるとき、不幸せにならないよう、指の節と節をしっかり合わせましょう。

手を合わせた後、瑞垣(みずがき)に沿って摂末社(せつまつしゃ)を参拝するのが正式な参拝法。

ここではじめて神さまと向き合うことができるのです。

清め祓い

大鳥居を抜けると、樹齢数百年の松がお出迎え、神社ではあまり見られない下りの参道になっています。

少し歩くと、右手に「祓社(はらいのやしろ)」があります。

気がつかず通り過ぎる方も多いのですが、清め祓い(きよめはらい)は開運の第一歩。

まずはこちらのお社でしっかりと身を清めてから御本殿に向かいましょう。

神様の真正面から拝む

拝殿からまっすぐ奥に行った所にある大きな建物が、本殿(神様がいる場所)です。

出雲大社の神様は、実は正面に向かず、西向きに向かうように、祀られています。

神様の真正面から拝むと、さらに効果が高いです。

素鵞社

パワースポットとは心身ともに浄化され、元気になれる場所と精神の安定、心の整理をする上で欠かせない場所となっています。

出雲大社ご本殿裏にある「素鵞社(そがのやしろ)」には、大国主大神様の親神 スサノオノミコトが祀られています。

素鵞社は、出雲大社の隠れパワースポット!

素鵞社の砂を家の四隅の置いておけば、家を守ってくれるとも言われています。

ご神体

素鵞社の裏に強いパワーを感じられる八雲山があり、この山自体がご神体となっています。

神有月に参拝して恋愛成就

平安時代末には10月に神々が出雲に集まるという話が・・・

藤原範兼の書いた歌学書「和歌童蒙抄」には、「十月は万の神たち出雲ノ国へおはしますに依て神無月と云う」と出ています。

これが室町時代になると、辞書「下学集」に「出雲国には神有月と云うなり」と神有月という言葉出てきます。

「神無月」出雲では「神在月」

10月は、全国の神様が島根県にある出雲大社に集合されることから、出雲地方以外は「神無月(かんなづき)」と呼ばれています。

他の地域には留守神さま以外の神さまが不在になるため「神無月」といいますが、出雲には神々がいらっしゃるため文字通り「神が在る」で「神在月」といいます。

出雲大社に行きたいと思っている方には、ぜひ神在月のタイミングで行くことをおすすめします。

神迎祭

国譲り神話の舞台となった稲佐の浜にある上宮(かみのみや)などで、祭りが行われます。

旧暦の翌10月11日から17日まで、神々が様々な会議をなさる「神在祭」が行われます。

2018年の神迎祭は11月17日(土)午後7時より行われます。

縁結びの会議

「神議(かむばかり)」という会議

その間、神々は本殿の東西にある十九社(じゅうくしゃ)で寝泊まりされます。

誰と誰を結婚させるかという、縁結びの会議もこの間に行われます。

「男女の縁」以外にも、人の縁、仕事の縁、お金との縁などの結びつけについて決定します。

神等去出祭(からさで)

旧暦の10月18日に拝殿で、神々を見送る「神等去出(からさで)祭」が行われます。

2018年の神等去出祭は11月24日(土)午後4時より行われます。

縁結びの会議中は静粛に!

大切なすべての人や物、出来事などの結びつけについて神さまたちが話し合っています。

普段なら部屋の前で大きな音で拍手をして訪問の挨拶をしていますが、会議中に大きな音を立てるのはタブ-です。

そのため、神在月の間、古くから出雲では拍手の際に大きな音を立てないという気遣いの作法があります。

出雲大社の”縁結び守り”

パワースポットと縁結びの御利益が合わされば、運命の人との出会いもすぐそこに!

婚カツ中の女子は必見です^^

恋愛成就や復縁に効く強力なお守りです!

お守りは、肌身離さずつけている事によって、良縁を引き寄せると言われています。

恋活や婚活が上手く行かない・復縁したい等、恋愛に悩んでいる人は是非、縁結び神社のお守りでパワーをもらってください!

“遷宮記念”のお守りで願いを叶えよう

出雲大社の遷宮は「平成の大遷宮」と呼ばれ、60年ぶりに屋根の葺き替えを行いました。

60年もの長きに渡り、出雲大社を支えてきた屋根材(ヒノキの皮)が、縁結びのお守りとして使われたのだとか。

出雲大社の縁結びの糸


白い糸と赤い糸の2色の糸からできていて、肌身離さずに付けると縁結びの効果がありますよ♪

縁結びの糸を服に縫い付けたり、財布の中に入れて持ち歩くと良縁がやって来ます!!

お守りには神様の魂が入っていて、持っている人を守ってくれますので常に身に付けるのが理想です(^_-)-☆

公式ページ出雲大社

まとめ

婚カツ中の皆さん・・・相性占いをしたり夢ばかり見ていても何も始まりませんよ!

まずは、御利益を逃さず、良縁パワーを受けに積極的に出雲に行きましょう。

縁結びの神様がいる神社に参拝して、縁結びの御守を手に入れることから始めてみませんか?

あなたにも運命の人との良縁や婚活・恋愛成就が叶うはず☆彡

みなさんの素敵なご縁は、今年の出雲で決まるかも!

今年こそ縁結びの神様へお参りして、良縁・恋愛成就を叶える為に縁結びの神さまに会いに行きましょう。

関連記事商売繁盛の神社東京で有名なおすすめ9選!人気でご利益あり
関連記事商売繁盛の神社 関西では恵比寿様が人気!十日戎と福男で運気アップ!
関連記事学問の神様がいる有名な神社で合格祈願!牛の意味や絵馬の書き方について
関連記事金運神社の日本一で最強の神社はここ!宝くじにも効果あり⁉
関連記事浅草の酉の市は時間や巡り方で混雑回避!熊手で商売繁盛
関連記事防府市の春日神社で大寒みそぎ!無病息災を祈る行とは?

スポンサーリンク

down

コメントする