ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

大人のアスペルガー症候群原因や特徴は?コミュニケーションが苦手

time 2017/06/28

大人のアスペルガー症候群原因や特徴は?コミュニケーションが苦手

近年、「アスペルガー症候群」という概念が注目されるようになってきています。

社会へ出たとたん、仕事や人間関係などがうまくいかなくて悩んでいる・・・もしかしたらその原因は“大人の発達障害”にあるかもしれません。

比較的経度であれば自分に発達障害があると気づかないまま大人になる人もいます。

アスペルガーである自覚を持たないまま、なんとなく人とうまくやっていけない生き辛さを感じながら、生活を送っているのです。

周りも病気について理解する事により摩擦も少なくて済むのではないでしょうか?

まずはその病気について見て行きましょう。

スポンサーリンク
  

大人のアスペルガー症候群、原因は?

アルペルガー症候群は「自閉症スペクトラム障害(いわゆる発達障害)」に属する障害です。

何らかの理由によって脳に微細な損傷が生じたために生じるのではないかと推測されています。

その根拠としてアスペルガー症候群では、脳画像検査において、社会性に関係する部位の体積減少が認められることがあります。

アスペルガー症候群は先天性の特性(生まれた時から認める特性)になります。

そのため、明らかなアスペルガー症候群の場合、ほとんどは幼稚園や小学生で親や学校の先生が気付き、適切に診断されます。

しかし軽度のアスペルガー症候群の場合は、「ちょっと変わった子だな」「内気な性格なのかな」と判断され、障害の診断を受けずにそのまま成人してしまう事もあります。

大人のアスペルガー症候群の特徴は?

アスペルガー症候群は知能の低下は認めない点が特徴です。

それどころか単純なIQだけを見れば通常よりも高い事すらあります。

アスペルガー症候群は基本的に学習面、運動面の発達においては問題がありません。

それゆえ「性格の問題」「本人の努力不足」「甘え」と周囲に誤解されてしまいがちです。

大人の特徴

・専門分野は有能だけど、簡単な業務がまるでダメ
・高学歴だけど、電話応対もまともにできない
・空気を読まずにトンチンカンな発言をする
・融通がきかず、予定を少し変えただけで怒り出す
・あいまいな指示を理解できない
・鵜呑みにしてしまう
・名前を呼ばれないと自分だと気づかない
・些細な事で争いになる
・人を批判すると止まらなくなる
・冗談が通じないなどなど

ひょっとすると、その人はアスペルガー症候群かもしれません。

近年ではアスペルガー症候群の研究が進み、「本人の努力不足が原因ではない」「脳の微細な異常が原因となっている可能性が高い」といったことが徐々に分かってきました。

スポンサーリンク

大人のアスペルガー症候群はコミュニケーションが苦手

社会性の低下

アスペルガー症候群の根本となる症状は「社会性の低下」です。

対人関係の障害

かんたんに言えば、「人付き合いが上手く出来ないという事です。

アスペルガー症候群の方は、相手と程よい距離間を持って自然なコミュニケーションを取ることが苦手になります。

一方で視覚的なコミュニケーション(手紙などの文章によるコミュニケーション)は良好に行える事が多いのも特徴です。

文字通り素直に受け取るため、冗談が通じない
場の空気を読む、行間を読むという事ができない
対人関係における不器用さ
相手を気遣う能力
集団で場の空気を読んで適切に行動できる能力
相手の立場に立って考えられないため一方的に話す
場の雰囲気を読めない
自然なコミュニケーションが行えない
人の話が聞けない

想像力の障害

アスペルガー症候群では、相手の気持ちになって考える事が困難だと言われています。

これは「心の理論の障害」と呼ばれることもあります

気遣いが苦手だったり、時に人を傷付けてしまうことがあります。

また相手と気持ちを「分かち合う」ことも苦手であり、喜びや達成感をともに分かち合うという事が上手ではありません。

・何を求められているか察したりすることが非常に困難

・言葉の奥を読むことが出来ず、人の希望や指示の意図を察することができない

・運動機能に問題はなくてもスポーツでチームプレイを行うことが困難

・予定外のことに対応できなかったり、見通しを立てられなかったりといった症状

アスペルガー症候群の人との接し方で最も大切なことは、本人の特性や苦手なことを「努力すれば克服できる」と考えないことです。

外見が普通に見えるだけに、つい「もっと努力すればできるようになる」「自分で解決できるはず」と言ってしまいがちですが、それは本人にとっては大きな負担になってしまいます。

アスペルガー症候群の特性は、直そうとしないことが接し方の基本です。

まとめ

近代では色々なストレスを抱え苦しんでいる方が多くいます。

自分ではどうしようもない先天的な病であるとすれば、どうする事も出来ません( ;∀;)

周りが少しでも理解し、少なくても病気なんだと思ってあげられる事で問題も大きくならずに済むかもしれません。

ストレスの多い社会・・・人を非難する事は容易いことです。

1人でも多く心を広く知識を持って接する人が増えて行けば幸せですね(^^♪
 
 

スポンサーリンク

down

コメントする