ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

結婚式に恥をかかない服装のマナーとNGドレス・小物・髪型メイク

time 2017/06/25

結婚式に恥をかかない服装のマナーとNGドレス・小物・髪型メイク

結婚式の招待状が届き、まず頭をよぎるのが何を着て行こうか・・・ではないでしょうか?

親族なら、非常識にならないように配慮したいものです。

見苦しい服装や場所をわきまえていないけばい感じは見ていて痛いですよね( ;∀;)

そこで知っているようで知らない結婚式での服装のマナーについて再確認してみましょう。

永遠の幸せを願う結婚式に華を添えて出席しましょう(^^♪

スポンサーリンク
  

結婚式に恥をかかない服装のマナーとNGドレス

お呼ばれに着ていくドレスやワンピースには、一般的にドレスコードと呼ばれる服装のマナーがあります。

結婚式の服装は礼服で出席するのがマナーです。

黒色のドレスを着る場合のマナー

男性の場合、礼服に合わせるネクタイは、喪服を連想させるものはNGです。

女性の場合は、 黒色のドレスは魅力的ですが、会場の雰囲気が黒く暗いイメージになってしまいます。

結婚式の華やかな場所ですので、華やかさに欠ける黒のスーツは小物で工夫しましょう。

リクルートスーツ


普段着なので正装ではありません。

全身黒っぽい服装

華やかさに欠けるだけでなく結婚式では失礼な印象になってしまう場合があります。

着用NGとされているドレス

白系ドレス 

結婚式当日、純白の白花嫁さんだけの特権です。

花嫁さんの着る色なので、全身「白」でコーディネートするのは控えましょう。

ベージュや薄い黄色などのドレスも、写真写りによっては「真っ白」に写ってしまうため避けた方が無難です。

着物・洋装以外の民族衣装はNG

せっかくの祝いの席だしチャイナドレスやアオザイなど、憧れの国の正装でお祝いの気持ちを表現したいと思うひともいるかもしれません。

日本国内における結婚式では、和装、洋装以外のチャイナドレス、アオザイなどは避けましょう。

その他の服装

見るからに普段着のようなダメージドジーンズ、スウェット、ジャージなどはNGです。

見た目に不謹慎なもの

スカート寸

スカート丈は膝が隠れるのがベストです。

とても短い丈のドレスは、年齢層の広いゲストが出席している結婚式にはふさわしくありません。

年齢に不釣り合いな見るからに短いスカート寸は見苦しいので控えましょう。

結婚式で膝上5cm以上のミニ丈のドレスはさけましょう。

もともとは、出席する時間帯(昼・夜)に関係なく、膝下丈がマナーでした。

一般のフォーマルシーンも膝上5cmぐらいまでは許容範囲というマナーが多くの地域で一般的となりつつあります。

素足はNG

正装する場合は露出を避け、きちんとストッキングを履くのがマナーとなりますので、必ず着けるようにしましょう。

たとえ夏の結婚式でも、暑いからと言って生足で出席するのはよくありません。

色は肌色やベージュがおすすめです。

格式をあまり気にしないカジュアルな結婚式の場合、ラメ入りやワンポイントのプチジュエリーストッキング、デニールが低めの薄手の黒いストッキングなどは許容範囲という傾向にあります。

全体柄のもの・網タイツなどはカジュアルな種類の衣類になるので結婚式・披露宴ではさけましょう。

黒は喪服を連想させますので黒いストッキングはタブーです。

黒の着用は年配の方への印象があまりよくないので、黒いストッキングを履くのは避けましょう。

伝線したとき用に予備のストッキングを準備しておくことをおすすめします。

肩出しの露出の多いドレスはNG

結婚式では、時間帯(昼・夜)によって肌の露出マナーに違いがあります。

教会や神社で挙式がある場合は夜でもボレロやショールなどを着て肌があまり見えない服装を心がけましょう。

胸の大きくあいたドレスや深いスリットの入ったドレスなど、身体の線がはっきりと出てしまうセクシーな印象に見える服装はさけましょう。

結婚式に恥をかかない服装のマナーと小物

小物(靴・鞄・アクセサリー)

パーティバッグ

結婚式や披露宴などのフォーマルな場では大きすぎるバッグは避けて、小ぶりのパーティバッグで上品な素材のものを選ぶように心掛けましょう。

昼の結婚式に関しては「光り物」をさけるべき、というマナーがあります。

キラキラ光らないパールや半貴石の素材のクラッチバッグで、片手で持てる大きさの物が良いでしょう。

ハンドバッグの場合は背もたれにおいて邪魔にならない大きさがベストです。

フォーマルの場に適した上品なサテン素材など、結婚式という華やかな場に適した素材のバッグを選びましょう。

夜は宝石類・ビジューやゴールドなどキラキラと光る素材でもOKです。

また、ビニールや綿素材のバッグもカジュアルすぎるので結婚式ではマナー違反となるので注意しましょう。

サブバッグに紙袋はNG!

入りきらない荷物をブランドネーム入りの紙袋に入れて持ち歩く人を良く見かけますが、実はNGです。

パーティーバッグと同様、フォーマルな場で使える素材のものを選び、クロークに預けてパーティー会場へは持ち込まないように気をつけましょう。

紙袋は「買った商品を持ち帰るための袋」なので、市販の上品素材のサブバッグが理想的です。

アクセサリーは時間帯で使い分ける

結婚式で身に付けるアクセサリーのマナーは時間帯(昼・夜)によって違いがあります。

定番はパールのネックレスです。おめでたいことが重なるよう、二重・三重のネックレスもOK

パールなど素材で、太陽光や室内照明、写真撮影のストロボなどに反射して光らない素材のものを身につけましょう。

スポンサーリンク

サンゴ(珊瑚)・ヒスイ(翡翠)・トルコ石・ラピスラズリ・ムーンストーン・メノウ・アメジスト・コサージュ・カメオなど光を抑えたシックなものはOK!。

夜はきらびやかな雰囲気を演出するために、本物の宝石類やゴールド、パールをはじめ、ラインストーンやクリスタル、ビジューなど華やかに光る素材のものを身につけます。

ファーのアイテム

毛皮(ファー)の羽織物は、肩・背中・胸があいているドレスを着用した場合、絹、レース、毛皮、羽根など、さまざまな素材の羽織物を羽織ることが作法であるとしています。

ファーのアイテムは毛が抜けて料理に入ってしまう可能性があるのでNGという意見もあります。

購入・着用前に抜け毛の状態を確認して着用しましょう。

ファーが殺生を連想させる衣類だからマナー違反というのは、着物の冠婚葬祭マナーの場合と、宗教的な考えの場合と大きくはこの2通りからきています。

毛皮やファー素材・アニマル柄はNG!


毛皮やファー素材、アニマル柄は結婚式にはふさわしくないといわれています。

理由としては「殺生」をイメージするため、ということですが、それは不祝儀においてのマナーという説もあります。

おめでたい席に、ファーやヘビ・ワニ革、アニマル柄のような「殺生」をイメージさせるものはNGです。

靴はつま先が出ないパンプス

結婚式では、つま先が出ない5cm以上のヒールのあるパンプスが基本

あまり格式にこだわらないカジュアルな結婚式・披露宴の場合、オープントゥパンプスやストラップ付のサンダル・ミュールがマナーの許容範囲となる場合もありますが、

一般的には露出の少ないパンプスが正装とされていますから、結婚式にふさわしい形のパンプス選びをしましょう。

足の指が見える靴は好ましくないので、つま先が開いたデザインはなるべく避けるようにします。

結婚式に恥をかかない服装のマナー髪型

ヘアアクセサリーのマナー

派手すぎるヘアアレンジや大きすぎるコサージュ花などがモチーフの大きめのもの、キラキラのティアラなどはNG!

あくまでも結婚式の主役は花嫁です。

花嫁よりも目立ってしまうような派手なアレンジや、大きすぎるコサージュなどはつけないように気をつけましょう。

披露宴は食事をする場でもありますので、ラメやストーンが飛び散ってしまう恐れがあるようなヘアアクセサリーも避けるべきです。

ヘヤースタイル


花嫁の髪型ともいえる「夜会巻き」はNG

花嫁と同じ髪型になる可能性があるので避けましょう。主役と同じ髪型になってしまうリスクは避けた方がベター。

だらしない印象を与えてしまうかもしれないのでダウンスタイルも避けた方が無難

花嫁が披露宴でお色直しする際に、ダウンスタイルに変える人が多いため初めから避けた方が良いですね。

結婚式の女性ゲストはアップスタイルが基本。

どうしてもダウンスタイルで行きたい場合は、毛先を巻き、ロングヘアでも肩下くらいまでの長さになるように大きく巻きましょう 。

結婚式の服装に合うネイル


ネイルはしないことがマナーでしたが、現代はゲストには華やかな場に相応しいネイルが求められています。

親族として出席する場合はそもそもネイルをしないようにしましょう。

招待した側・ホスト側として控えめにいることがマナーです。

おすすめネイルはシンプルなデザインにラメやパールを取り入れたものや淡いオレンジやピンクの華やかなカラーです。

上品で清楚なデザインでドレスに合わせやすいカラーなどはおススメです。

花嫁さんに被らないようも気をつけることがポイントです。

また、時間がなく、やってもらう時間も自分でやる時間も取れないというときには“ウェディングネイルチップ”を付ける方も増えています。

マナーを守った上で、会に華を添えるネイルを心掛けましょう。

結婚式のメイク

厚化粧は禁物

あまりにしっかりお化粧をしすぎて、新婦よりも目立ってしまったなんてことにならないよう気を付けます。

フォーマルな場にふさわしい、上品なメイクをすることを心がければ大丈夫です。

しかし汗や涙で目が、真っ黒にならないよう、流れにくい「ウォータープルーフ」のコスメを使いましょう。

アイメイクでは、パール系のラメを使って華やかに仕上げるのがポイントです。

口元に華やかさがほしい時は、色を鮮やかにするのではなく、グロス等でつやを出すことをおすすめします。

真紅という色は血を連想させるため、結婚式という場ではマナー違反とされています。

結婚式のチークは、健康的なピンク・オレンジ系がおすすめです。

すっぴんで顔が青白いのは場にふさわしくありません。適度に華やかに出席しましょう。

結婚式で化粧直しは極力避ける!

結婚式は、分刻みであらかじめ進行が決められていて、あまり頻繁にお化粧直しに立つと、大切なケーキカットシーンや、余興などを見逃す恐れもあります。

そのため、なるべく席を立たないよう、ベースメイクは念入りにすることがポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

意外に無難と思ってしていたことが失礼になっていたって事もありますよね( ;∀;)

まずは避けた方が良いNGポイントを踏まえた上で、結婚式に参加しましょう。

あまりに意識しすぎて何にもお洒落が出来ないのも残念です。

許容範囲であれば思うように目一杯着飾って華を添えて下さいね(^_-)-☆

スポンサーリンク

down

コメントする