ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

夏の虫刺されアレルギー反応と腫れや痛みがあるその虫の正体は?

time 2017/06/06

夏の虫刺されアレルギー反応と腫れや痛みがあるその虫の正体は?

初夏から秋にかけて、アウトドアの季節になりますね(^^♪

海や山や川などの、自然の多い所へレジャーに出掛ける時は注意が必要です!

気が付かないうちに刺されて、気が付いたらかゆい!腫れてる!なんて事がほとんどです。
 
虫に刺された!とわかったときにはすでに虫の姿がないことも多く、原因となった虫を特定することは難しいです。

中には命までも脅かす危険な虫もいます( ;∀;)

ある程度想定し、薬はもちろんの事、近くに病院があるかなどリサーチしておくと良いでしょう。

楽しい思い出にするための参考になれば幸いです(^^)/

スポンサーリンク
  

夏の虫刺され

たかが虫さされとあなどることなく、炎症の治療を早期に行うことが大切です。

人を刺す虫の中には人命を脅かすような毒性を持ったものもいて、たかが虫刺されとは軽視できません。

蜂やムカデなど毒性が強い虫に刺され、アナフィラキシーショックを起こしてしまった場合は救急車を呼びましょう。

虫による症状には腫れや痛み・膿や痒み・発熱・しびれ・ただれ・しこりなどがあります。

スポンサーリンク

夏の虫刺されアレルギー反応

それぞれの虫に特有の毒成分や、唾液に含まれる成分が私たちの皮膚に注入されます。

これらの物質によって生じるアレルギー反応が虫さされの症状です。

即時型反応と遅延型反応

アレルギー反応には、アレルギーを引き起こす物質に接してすぐに起こる「即時型反応」と、2~3日たってたってから起こる「遅延型反応」があります。

蚊の場合、乳幼児は遅延型反応のみ

幼児期から青年期(15~24歳)は即時型反応と遅延型反応の両方

青年期~壮年期(25~44歳)からは即時型反応のみ

高年期(65歳以上)はどちらの反応もあらわれにくい

 

概ねこのような症状が現れますが虫や注入された毒の量、刺された人の体質など個人差が大きく、人によって症状のあらわれ方は異なります。

夏の虫刺され腫れや痛みがあるその虫の正体は?

では人を刺す虫にはどんな虫がいるのでしょうか。

吸血する虫

多くの種類がいて、アカイエカ、ヒトスジシマカ(ヤブ蚊)、チカイエカなど、メスが産卵のための栄養を確保するために動物や人の血を吸います。

家の中、庭、公園、野山などどこにでも生息しており、体長5mmほどで、メスだけが吸血します。

ボウフラの湧く水溜りがある場所、森や林のそばなどでは大量に潜んでいますよ。

気付いたら数十箇所刺されていたなんてこともありますので注意が必要です。

また、蚊が怖いのは数々の感染症を媒介することです。

国内では、蚊を媒介してマラリアに感染する心配はありませんが、日本脳炎やデング熱など国内での感染もありえますので、とにかく刺されないように対策をすることが大切です。

今だけ20%OFF虫除けスプレー 3本セット アンチバグ虫除け 虫よけ 赤ちゃん ディート不使用 ディート無添加 ハーブ アロマ ベビー 子供

 
天然成分なのは赤ちゃんに安心して使えますね。

草むらに行くなどの時はさすがに刺されるので、首もとや足元など重点的にシュッシュして下さい。

子どもの虫除けに必須ですね。


出典:https://item.rakuten.co.jp/

ミニサイズも携帯に便利ですよ!

  • おしゃれでお値段もお手頃
  • 天然成分で安心して使えそう
  • 付け替えのしやすさが楽

ブユ/ブヨ/ブト

高原や山の渓谷沿いに多く生息し、体長2~4mmほどでハエのような姿をしています。

蚊と同じくメスだけが吸血しますが、蚊と違い吸血の際に皮膚を噛み切り流れ出る血を吸うため、チクッとした痛みがあります。

家畜や人を好んで音も無く寄ってきます。

体や顔にまとわり付くように飛び、春から夏にかけての朝夕に活発化し集団で襲ってくることもあります。

刺されて半日くらいしてから赤い発疹があらわれ、だんだんかゆみが強くなります(遅延型反応)。

人によっては赤いしこりとなって長く残ることもあり、腫れと痛痒さが1週間~1ヶ月程度続きます。

患部を掻きむしると細菌感染を引き起こすことがあるので、なるべく掻かないようにしましょう。

 

蜂や毒虫に刺されたり、毒蛇に噛まれた傷口から直接、強力な吸引力により毒を吸い取ります。

片手で操作することができ便利です

医師の手当てをうけるまでの応急処置として活用できますよ。 

痒みの残り具合が違いますよ。

  • ブヨ対策に価値ある商品
  • 患部に押し付けて1分吸引するという簡単さ
  • 跡がしっかり付くくらいの吸引力!
  • 虫に刺されたら、とにかく早く吸引すること

どこにでもいるものなので、救急箱にあると便利ですね。

アブ

体長は2cm前後と大きく、牧場や田園地域に多く生息しています。

蚊と同じくメスだけが吸血します。

刺された(噛まれた)瞬間に激痛があります。

その後患部とその周辺が赤く腫れ上がり、熱を持ったように火照り、痛みと激しい痒みがあります。(遅延型反応)

全身的に微熱が出ることや、患部の傷口から膿が出てくる場合もあります。

掻いてしまうと細菌による二次感染をしてしまう恐れがありますので注意しましょう。

数時間から翌日には沈静化していきますが、掻くと悪化しますので早めに塗り薬で対応しましょう。

肌の露出を控え、蚊よけスプレーなどで予防しましょう。

患部を冷やして早めに皮膚科を受診しましょう。

ノミ

イヌやネコに寄生するため、ネコノミによるものがほとんどです。

イヌやネコを飼っていなくても、庭や公園などでそこに来た人間を刺すことがあります。体長は2~3mmほど。

刺されて1~2日後に赤い発疹と強いかゆみがあらわれ、水ぶくれができることもあります(遅延型反応)。

ダニ

ネズミに寄生する、イエダニによるものがほとんどです。

イエダニの仲間は体長0.7mmほどと小さく、布団の中にも入り込むので、夜寝ているときに被害にあう人が多いようです。

刺されて半日~1日後くらいに赤い発疹と強いかゆみがあらわれます(遅延型反応)

わき腹や太ももの内側など、皮膚のやわらかい部分が刺されることが多いのも特徴です。

赤いブツブツができて、しつこいかゆみがあればダニが疑われます。

現代家屋は通気性が悪くダニの生息に適しており、湿度の上昇とともに増殖していきます。

 
ダニが好む香りで、日中隠れていたダニをおびき寄せ、捕獲する全く新しいダニ対策!!

殺虫剤を使用していないので、お子様やペットのいるご家庭も安心です。

ダニを吸着する粘着素材が、露出することなく、柔らかな繊維で周りが丁寧に編まれているので、どこにでも置けます。


出典:https://item.rakuten.co.jp/

生きたまま捕まえる事で、ダニの死骸が飛散せず、ハウスダストが減少しますよ。

処分するのも簡単で、置いた日からぐっすり眠れそうですよ♪

  • どこにでも置けて重宝
  • 初日から効果があった、試す価値あり
  • 効果にびっくり!

目に見えないので、効果が実感しにくいかも!と言う声もありますが、試す価値はありそうです。

マダニ

山間部や草むらの中に生息している為、山などのアウトドアではマダニに刺されることもあります。

また、ダニの種類によっては感染症を移すこともあるので注意が必要です。

一度噛みつかれると1週間程の時間をかけて吸血し、通常2~3mm程の体長が吸血後は1cm程度にも膨らみます。

吸血されていても痛みや痒みといった症状はあまり出ず、気付かないことがあります。

無理に引き剥がすと皮膚内にマダニの牙や頭部が残ってしまったり、マダニの体液が逆流して体内に侵入してしまい危険な感染症を引き起こす恐れがあります。

マダニの吸血に気付いたら、無理に剥ぎ取らずに、ワセリン等を盛りつけて、マダニを窒息させてから取るのが効果的と言われています。

ただ、マダニの怖い所は、重症熱性血小板減少症候群(SFTSウイルス)や、日本紅斑熱といった死亡例のある病原菌を媒介する個体があるということです。

この場合頭痛、発熱、嘔吐等の症状が出てきますが、刺された時点で病院を受診しておきましょう。

アリ

ふだん人を咬むことは稀ですが、我が身やコロニーに危険を感じると攻撃してくる習性を持っています。

そのため、天気の良い日に芝生に寝転がったりすると、その下にいるアリ(とくにオオハリアリ)に咬まれたりします。

咬まれると激痛が走り、赤く腫れてかゆみも生じます。

咬む虫

クモ

クモは家の中や周辺で遭遇しやすい虫ですが、多くは危害を加えないとされています。

クモは虫を取って食べるため、ほとんどのクモは虫を殺す程度の毒をもっています

ふつうのクモの場合は咬まれたときに痛みを感じ、赤く腫れてきます(即時型反応)。

稀に咬まれると鋭い痛みや発赤、腫れが生じるカバキコマチグモなどの種類もあります。

このクモはススキの葉で巣作りをするため、ススキの生えている原っぱで遊んだり、草刈り作業をするときは肌を露出しないようにしましょう。

日本にもいるセアカゴケグモという強い毒をもつクモの場合は、毒が少ないので重症化することはあまりないといわれています。

毛に触れると皮膚炎を起こす虫

毛虫

木や草花があるところには毛虫やそのサナギ、成虫となった毒蛾がいることがあります。

木の上から落ちてきたり、知らずに触れてしまうと毒針毛で刺されることがあります。

毒のある毛虫に触れると、赤い小さな発疹がたくさんあらわれ、激しいかゆみをともないます。

じんましんのようになることもあり、掻くと広がっていきます。

庭木の手入れなどをしたあとに、首や腕に集中してあらわれることがよくあります。

イラガというガの仲間の幼虫の場合は、触れた瞬間ピリピリとした痛みと発疹が生じ(即時型反応)、1~2時間でいったん治まるものの翌日赤く腫れてかゆくなることがあります(遅延型反応)。

痺れや腫れが出る毒性の強いものがあります。

じんましんが出たり、痛みや腫れが酷い場合は病院を受診しましょう。

まとめ

夏は色々な所から虫が入って来ます。

昔は蚊取り線香を焚いて撃退していましたね(^^♪

今はレジャーも人気で海や山へ出かける事も多くなりました♪

しかし、危険はつきもので、たとえ小さくても威力は凄いものです。

ある程度想定して、薬や救急手段は考えておきましょう。

被害は最低限にしたいものです。

役に立てれば幸いです(^^)/

関連記事アナフィラキシー蜂毒やムカデに注意!二度さされると危険!

スポンサーリンク

down

コメントする