ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

花笠まつり山形の楽しみ方! 歌や踊りまた飛び入り参加について

time 2017/05/15

花笠まつり山形の楽しみ方! 歌や踊りまた飛び入り参加について

東北には有名なお祭りがたくさん存在します。

花笠祭りは、山形の観光スポットの中でも、かなりの盛り上がりと規模を持つ、山形の一大イベントです。

色とりどりの衣装と、スタイルの違う踊りが代わる代わる現れるパレードは、なかなかに見応えあります。

スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、「花笠音頭」にあわせて街を踊り練り歩く姿はテレビでもお馴染みですよね(^^♪

今、東北が熱いです!!!みんなで東北を盛り上げましょう(^_^)

スポンサーリンク
  

花笠まつり山形の楽しみ方!

東北四大祭りは仙台七夕まつり、青森ねぶた祭、秋田竿灯燈まつり、山形花笠祭りの4つで有名です。

盛岡さんさ踊りが加わると、東北五大祭りとも言います。

花笠まつり(はながさまつり)は、スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、「花笠音頭」にあわせて街を踊り練りあるく日本の祭です。

山形県内各所で開催されますが、中でも最も有名で規模が大きいのが、山形市で行われる「山形花笠祭り」です。

毎夜6時から9時30分頃まで行われ、3日間で総勢約1万3千人(約150団体)の踊り手が市内目抜き通りをパレードします。

踊り手はグループごとに統一した衣装と、山形県の花である紅花をあしらった笠を手に、花笠音頭に合わせ優雅に踊りを披露します。

観光客も増え、来場者は3日間で100万以上に登り大変賑やかになりました。

たくさんの女性たちが踊り歩くパレード!!おそろいの衣装を身にまとい、一糸乱れぬ踊りは圧巻!

カラフルな衣装が多く、山形美人にも注目♪

自衛隊の花笠踊りにも注目、力強い男性が見たい女子には必見です!

山形のグルメ、山形名物、玉こんにゃくやどんどん焼きも楽しめます。

ここでしか味わえない地元ならではの、美味しいお店があるのでおすすめです。

又、踊りを見ながら、山形の民芸品や雑貨なども見つけて下さいね。

花笠まつり山形の歌や踊り

『山形花笠まつり』で歌われる「花笠音頭」は、別名「花笠踊り唄」とも呼ばれ、その起源については諸説あります。

「花笠音頭」

明治・大正の頃、山形県村山地方で歌われていた「土突(どんつ)き唄」が元唄でした。

大正8年頃に尾花沢のかんがい用溜め池工事の際に、土突き作業をする時に調子を合わせるための作業歌にさかのぼります。

「渡り土方」が歌う船方節や八木節などがミックスされて、新しく歌われた土突き歌が「花笠音頭」だとされています。

一説には、同じ囃子ことばが、港町酒田市の民謡「酒田舟方節」にもあり、それを取り入れたともいわれています。

その後は三波春夫 「東京花笠音頭」(1966年(昭和41年)4月発売の歌謡曲を花笠音頭をメロディに用いています。

現在パレードで歌われている「花笠音頭」の歌詞は、従来からあった2歌詞に加え、県内外から公募した13歌詞を加えた15歌詞で構成されています。

最上川の流れに沿った各地の名所名物を歌い込んだものになっています。

またJR山形駅では、1~4番線に「花笠音頭」の発車メロディが採用されています。

山形に降り立った時に、耳を傾けてみて下さいね。

振り付け・正調花笠踊り

山形花笠祭りは、ひたすらに花笠踊りを観覧するための祭りです。

花笠踊りは1種類ではなく、地方によって少しずつ微妙に違う独自の踊りが存在します。

1963年(昭和38年)パレード用に振り付け、蔵王夏祭りとして始まりました。

それらの振り付けが一本化され「正調花笠踊り -薫風最上川-」が制定され、以降、これが標準的な振り付けとされました。

山形花笠祭りのパレードでメインとなるのは、女性が花笠を頭上に掲げて踊る華麗な女踊りです。

体を屈め、花笠を縦横に振り回して荒々しく踊るのが笠回しで、踊り手は主に男性で、こちらもパレードで見ることができます。

趣向を凝らした創作踊りなど、多彩な踊りが観客を魅了します。

花笠まつりの飛び入り参加について

観光客も参加できるので、せっかくなので踊ってみようという人はチャレンジを♪

個性豊かな飛び入り参加の踊り手も加わり、夜まで踊り続けパレード会場の興奮と感動は最高潮に達します。

飛び入り参加

個人での参加は、1日2回行われる飛び入りできる「オープニング花笠輪踊り」と「最後尾飛び入りコーナー」で自由に参加できるそうです。

飛び込みポイントは、パレードゴールに近い市役所前と、パレード最後尾の2ヶ所。

オープニング花笠輪踊りでは、振り付けを教えてくれる踊りの先生もいます。

飛び込み参加の看板を持った人がいるので、それを目印に飛び込んじゃいましょう。

まつりはヤッパリ参加しなきゃ…男の人も参加できますよ。一緒に踊れば楽しいこと間違いなし!!

まとめ

いかがでしたか?

旅の恥はかき捨て!!!

山形の熱い夏を共有しましょう(^^♪

有名なお祭りには一生に一度は見てみたいものです♪

夏休みを利用して、東北の良さを実感しましょう。

楽しい山形花笠音頭が良い思い出となりますように(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする