ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

山の日はいつ?なぜお盆の前の日に?ハッピーマンデーとは違う?

time 2017/05/19

山の日はいつ?なぜお盆の前の日に?ハッピーマンデーとは違う?

皆さん、山の日をご存知ですか?

2016年より新しい祝日が誕生しましたね!

まだ浸透していなくて、ピンとこないかもしれません。

8月11日が山の日となり、祝日が増えるのは非常にうれしいですね!

そもそもこの山の日ってなぜ出来のでしょうか?

本日はそんな山の日がなぜ8月11日でどういう理由なのかを調べてみました。

それでは山の日の詳細についてご覧ください。

スポンサーリンク
  

山の日はいつ?

【国民の祝日】2016年8月11日から山の日の祝日となりました。

山の日は山岳5団体が中心となって「山の日制定協議会」が発足され、その結果、8月11日を「山の日」と定める祝日法改正案を自民、民主など与野党9党の賛成多数で可決されました。

12日にしなかった理由

実際、12日にしようという案が最初は有力でした。

8月12日といえば日航ジャンボ機墜落事故(1985年/昭和60年)という痛ましい事故が起こった日です。

群馬県の山中に墜落したことや、その日は追悼の行事が行われることを考慮すると、そんな日を祝日とするのはふさわしくないということから、

1日ずらして11日に最終決定されたという、そんな理由があります。

スポンサーリンク

山の日はいつ?なぜお盆の前の日に?

お盆の前に祝日の山の日?

この8月11日はお盆の直前という事で普通の企業の盆期間は8月13日~16日の4日間なので、12日有給で繋げると大型連休になりそうですね。

理由として考えられるのは

お盆近くで仕事や経済活動への影響が比較的少ない日であることなどが決定の理由でもあるようです。

お盆にあわせて連休

お盆は故郷に帰る人が多いから、お盆にあわせて祝日を作ろうかということで8月11日になりました。

夏休み期間中であることやお盆休みに先駆けて祝日を増やし、連休を取りやすくすることで、家族などで山に親しんでもらおうという狙いがあります。

連休による 経済効果

祝日を合わせてお盆休みを長めに取れるようにし、連休による 経済効果を狙ったものとも考えられるようです。

実際に、8月11日からをお盆休みとする企業も出てきています。お休みが長いと経済効果は狙い通りになりそうですね。

6月の第一日曜日は「山開きの日」であるため最初の案では6月の第一日曜日でした!

その後、国会議員や企業からの案を総合して、6月ではなく8月のお盆の時期に移されることになりました。

「山の日」が加わると、国民の祝日は年間16日に増えることになり、祝日がない月は6月だけになります。

 

夏山のシーズンであること

「夏といえば、山!」と言われるように夏である8月がちょうどよかったんですね。

夏山シーズンであること、地元の山と接する機会を持ち親しんでもらおうというのが、8月に決められた理由です。

夏の山は本当に涼しくて、散歩しても森林浴が出来てゆっくり出来るし、大自然に囲まれたところでバーベキューなんかもいいですね。

せっかくできた山の日にみんなで山に行ってのんびりするもの良いかもしれませんね。

山の日 ハッピーマンデーとは違う?

山の日は、ハッピーマンデー制度の 対象にはなっていません。
 
もちろん固定のお休みになるため、日曜日の場合は振替休日が発生します。
 
ハッピーマンデー制度は、日本の国民の祝日の一部を、固定日から固定週の月曜日に移動させた制度です。

もしも山の日が日曜日にぶつかったとしたら、振替休日が設けられるのかというと、翌日の月曜日が振替休日になります。 

山の日に行われるイベント

「山の日の意義は山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ということだそうです。

まだまだ知名度が低い山の日ではありますが、以前から地方自治体が制定した独自の「山の日」が存在している県もありました。
 
そのうちの一つである山梨県では、今回の祝日が制定される以前は、8月8日をやまなし「山の日」と定めていました。

平成27年度は数多くの自然を体感できるイベントが行われておりました。

たとえば、バードウォッチングや流星群の鑑賞会などの自然を体感するものや家族で楽しめる木工作体験などです。

今年は、六甲山では山の日にちなんだ音楽コンサート、又長野県では月を観測してみよう!

富山では火おこしと「流しそうめん」づくり、又栃木ではファミリー登山教室も行なわれます。

又大手有名お菓子メーカーも山の日限定菓子を制作されるそうですよ(^^♪

是非チェックして参加いただきたい催しが全国でもたくさんあります。

山の日といっても登山だけではなく、野外系のイベントもたくさんあります。

ぜひ、お住まいの地域の広報誌などでも、イベント情報をチェックしてみて下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

うまく年休を使えば、2週間以上の大型連休になるという方も…。

大型連休を使って海外に行くという方も増えるのでは?

夏休み中と言うこともあって、家族連れでの旅行やキャンプまた故郷への帰省も確実に増えますよね(^_-)-☆

山の日こコンセプトの通り、登山など実家に里帰りした際には地元の山を是非楽しんでみて下さいね♪

バタバタと忙しい合間の帰省も、1日増えた事によりゆったりとした気持ちで過ごせるかもしれません(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする