ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

ホタルの見頃はいつまで?また山口県の鑑賞スポット5選!

time 2017/04/28

ホタルの見頃はいつまで?また山口県の鑑賞スポット5選!

ホタルは、日本人の心の故郷です(^^♪

その昔、夏の夜、家の外では普通に飛び交ってたそうです。

そんな懐かしい思い出をお持ちの方も少なくありません。

夕暮れに沢山のホタルが乱舞する幻想的な世界に是非行ってみませんか?

何故かほっとする自然の贈り物、その美しいホタルを見に行きましょう♪

スポンサーリンク
  

 

ホタルの見頃はいつまで?

自然に触れて、沢山のホタルが乱舞する幻想的な世界を見に行きませんか?

梅雨の季節のじめじめは、綺麗なものを見て触れて、日頃のストレスを吹っ飛ばしましょう♪
 
 山口県には、数多くのホタルの鑑賞スポットがあります。

観賞時期は時期はいつまで?

空気や水が綺麗な所にしか生息しないと言われる蛍は、今では絶滅危惧種となりつつありますね。

自然環境の大切さを感じる為にも、ホタルの存在は大きなものです。

観賞時期

ゲンジホタル5~7月
ヘイケホタルは、6~8月

寿命は蛍の成虫になってからのは、1週間から2週間ほどだそうです。

条件
・月明かりがない、風がない
・晴天続きの夜よりも、雨あがりや雨の降る直前など
・夕方に小雨が降ったような蒸し蒸しした夜はねらい目 
・またホタルの活動は月齢とも関係がある
・特に満月の前後は活動が低迷

などの条件が揃うと活発に活動します。
  
あくまでも目安なので、各地域によって異なってきます。

蛍は、一生の大半を水中で過ごし、成虫になったほんの一時の期間、地上で過ごします。

ホタル名所の山口県鑑賞スポットはどこ

日本の夏の風物詩と言えば「ホタル」ですね。

自然豊かな山口県には、幻想的なホタルの乱舞を観賞できるスポットがたくさんあります。

そんな数ある幻想的なスポットをランキングでご紹介します♪
 

5位 岩国市錦町府谷、西村地区

6月上旬~下旬/19~20時

観賞できる種類はゲンジボタル、ヘイケボタル(自然発生、放流)

6月初旬ごろからゲンジボタルが見られ、少し遅れてヘイケボタルが見られます。

6月中旬には、「府谷ほたるまつり」を開催予定です。

綺麗なホタルを育てる為に、山里会による竹炭を使用しての生活排水の浄化に努めています。

☆公式サイト錦川鉄道、岩国市錦町

4位 山口市一の坂川

5月下旬~6月上旬ゲンジボタル(放流)
山口市一の坂川:楽天たびノート
山口市街地を流れる一の坂川では、国の天然記念物であるゲンジボタルの乱舞を楽しむことができます。

西ノ京とも言われる山口市では、近くに五重の塔や雪舟庭など観光客も沢山訪れる観光地です。

山口市内を流れる一の坂川では、街のど真ん中で見物に来られる人もすごく多く、川沿いには素敵なお店もたくさんは出店しているので、散歩がてら手軽に鑑賞できます。

ホタルが最も多い期間を「ほたる観賞Week!」と題して、ほたる祭りが開催されます。

イベント開催の翌朝には、一の坂川沿い清掃活動を行っています。

ほたる祭り
2017年06月01日~2017年06月07日(見頃 19:00~21:00)

☆公式サイト山口市観光交流課

3位 防府市佐波川河川敷

5月下旬~6月中旬

佐波川(さばがわ)は、山口県中部を流れる一級河川です。

その流れはとっても緩やかで、6月頃はアユ釣りが解禁され、大勢の釣り人でも賑わう綺麗な川です。

その佐波川の上流にあたる徳地町周辺では、川に架かるほとんどの橋の上からホタルの乱舞を観賞することが出来ます。

人混みを避けてゆっくり楽しみたい方は、橋巡りをしてみるのも楽しいです。

この辺りは星空もとっても綺麗ですので、川面の星と夜空の星の両方を楽しんでください。

防府市佐波川河川敷

スポンサーリンク
ここがまたすごい!!
・三谷川という支流・徳地町から佐波川をさらに上流
・県立佐波高等学校の裏

よく知られて人が多いですが、周囲の山まで光っている様子は圧巻です。

こちらは山間部になり道幅も狭く駐車場もないですが、ところどころに広い場所ありますので、通行を妨げないように駐車しましょう。

2位 下関市豊田町

 「ほたるといで湯の里」
観賞バスや船の運航など、木曽川に乱舞するゲンジボタルを様ざまな形で楽しむ事ができます。

町内には、「ホタルの里ミュージアム」という施設や、「蛍街道西ノ市」という道の駅もあり、ホタルについていろんな情報も得る事ができます。
ホタルの里ミュージアム:楽天たびノート

豊田ホタル祭り

初夏の風物詩「ゲンジボタル」が乱舞を見せ始めるころ、豊田町最大のイベントである「豊田ホタル祭り」が開催されます。

会場には多くの出店が並び、ステージショー、ホタル観賞バス等、盛りだくさんのイベントが催されます。

またホタル観賞のための川下り「ホタル舟」も運航され、船上から木屋川のゲンジボタルの乱舞を両岸に眺めながら幻想の世界へと誘います。

開催時期
2017年05月27日14時30分〜
2017年06月03日14時30分〜

☆公式サイト豊田ホタルまつり 

【ホタル舟運航】
下関市豊田町は、日本でも有数のホタルの里として知られています。
毎年ホタルが見頃を迎える6月に、ホタルの乱舞を両岸に眺めながら木屋川の川下りが楽しめます。
およそ800mの川下りはとても幻想的でロマンティックです。

 

☆公式サイト下関市豊田町

1位 深川川上流 ほたる橋周辺

ゲンジボタル(自然発生)
2016年6月上旬~7月上旬/19時30分~21時
長門湯本温泉街:楽天たびノート
長門湯本温泉街が近くにあるため、宿の中には宿泊客限定でホタルバスのサービスを行っています。

☆公式サイト 長門市観光コンベンション協会

俵山 七重川一帯
七重川…6月上旬~中旬
ゲンジボタル(自然発生)

2017年06月中旬には、ほたるまつりの「手作り蛍祭in俵山」が頭振川[つんぶりがわ]緑の砂防公園駐車場をメイン会場にして開催されます。

ほたるの生態ビデオ上映、バザーなどが催されます。

☆公式サイト手作り蛍祭in俵山

音信川

大寧寺…6月上旬~下旬

ゲンジボタル(自然発生)

深い緑に包まれた温泉街を流れる音信川と大寧寺川で風情あるほたるが見られます。

湯本温泉は全国で10カ所のひとつ”ホタルの天然記念物指定地” 「音信川ゲンジボタル発生地」です。

湯本温泉街には地元民のみぞ知るホタル鑑賞スポットが数カ所あります。

大寧寺川の水面が美しく照らしだされる様子も 飛び交うホタルの風情とあいまって絶景です。

まとめ

いかがでしたか?

山が多く、海も瀬戸内海から日本海まで、そんな自然に恵まれた山口県の良さを是非ご覧ください。

疲れ切った心も、一気に浄化され、心豊かに穏やかな気持ちを取り戻せそうですよね。

セミと同様、短い命だからこそ精一杯生き、光らせるそんな儚い蛍を、是非見に行きましょう(^^♪

夜空に星が瞬くような幻想的な光景をぜひ間近で体感してみてください♪

スポンサーリンク

down

コメントする