ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

オートキャンプ場とは?中国地方おすすめの人気ランキング10撰!

time 2017/05/08

オートキャンプ場とは?中国地方おすすめの人気ランキング10撰!

夏がやってまいりました!

アウトドアが大好きな家族にとっては、待ちに待ったこの季節♪

家族で自然を満喫すのはやっぱりキャンプですよね(^^♪

オススメオートキャンプ場を紹介します!

キャンプだけでなく小さなお子様も楽しんでもらいましょう♪

とっておきの夏休みとなりますように!

スポンサーリンク
  

オートキャンプ場とは?

サイト内に車を乗り入れられるキャンプサイトのことを「オート区画サイト」と言います。

最近はオートキャンプ場が大人気で、キャンプといえばオートキャンプですね。

10メートル四角程度の区画内に車を乗り入れ、その横にテントやタープを張り、調理道具や椅子やテーブルを車から降ろして直ぐに利用できます。

テントに隣接して車を駐められるので、荷物の運搬がとても簡単で必要なものだけ都度取り出せます。

雨であれば、車の中に避難したりも自由です。

一区画1泊いくらとか、の金額が一般的で、共同の炊事場や水洗のトイレなども完備しています。

オートキャンプ場 中国地方おすすめの人気ランキング10撰!

キャンプ場で家族や友人たち等の少人数で、サイトを予約して豪華な料理などをゆっくりと楽しむならオートキャンプです。

さあ夏休みは、家族や仲間で楽しみましょう!

スポンサーリンク

使用満足度が高いオートキャンプ場

10位・蒜山高原キャンプ場

よく管理された清潔なキャンプ場です。

家族が自然とふれあいながら、快適に長期滞在出来るよう、環境庁が整備した第1号キャンプ場です。

夏でも涼しく過ごせ、長期滞在にもおススメのエコロジーキャンプ場です。

近くには、休暇村蒜山高原天然温泉「高原の湯」、少し足を伸ばすと、蒜山八束温泉快湯館、休暇村蒜山高原西館(車で3分)の天然ラドン温泉が利用できます。

蒜山高原キャンプ場:楽天たびノート

☆公式サイト蒜山高原キャンプ場

9位・大佐山オートキャンプ場

サイトの広さは日本有数の大きさで、オート38区画の全サイトにAC電源と流し台が完備されています。

周辺には入浴施設風の湯やスーパーもありとても便利です。

パラグライダー体験や洞窟探検も人気です。

大佐山オートキャンプ場:楽天たびノート

☆公式サイト大佐山オートキャンプ場

8位・休暇村帝釈峡くぬぎの森オートキャンプ場

芝生のオートサイトは全部で42区画あり、AC電源や水道などの付帯設備の違いで3タイプから選ぶことができます。

いずれのサイトも木々が多く夏でも過ごしやすく、帝釈峡などの観光拠点にもよいです。

☆公式サイト休暇村帝釈峡くぬぎの森オートキャンプ場

7位・片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場


オート40区画は、全区画ともAC電源・水道・流し台・野外炉付き

オートフリー約47台収容。

キャンプ場から片添ヶ浜海水浴場はすぐ目と鼻の先。

日没後の潮風と潮騒が心地よく、自然に囲まれたアウトドアで暑い夏と太陽を満喫!

周防大島町は瀬戸内海に浮かぶ島で、柳井市から周防大橋を渡って行けます。

島らしくキャンプ場の目の前に海浜公園があり、リゾート気分を満喫できるキャンプ場です。

またキャンプ場のすぐ隣には、片添ヶ浜温泉『遊湯ランド』があり徒歩で行けて、1日中島を満喫できます。

片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場:楽天たびノート

☆公式サイト片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場

6位・島根県立三瓶山北の原キャンプ場

日帰りでバーベキューも楽しめます。(要予約で手ぶらバーベキューも可)

設備は充実していて手軽に楽しめます。

また小さな子どもが遊べるちょっとした森のアスレチックもあるので、家族連れに人気です。

近隣にはスポーツ施設・温泉などもあり、森林浴のできる静かなキャンプ場です。

歩いてすぐの所に三瓶自然館サヒメル、三瓶温泉は車で約10分の距離にあり、キャンプ場を拠点に出かけられます

三瓶山は森の散策路や登山コースも多数あり、黒松林の大自然が満喫できます。

山頂付近では日本海が眺められて最高の景色ですよ。

☆公式サイト北の原キャンプ場

5位・みつぎグリーンランド

バンガローやケビンでのお手軽キャンプ派から、テントを設営する本格キャンプ派まで楽しめます。

こちらはバーベキュー設備もご用意。

バーベキューに必要なものはすべて園内で揃えることができるので手ぶらで行けるのも嬉しいポイントです。

御調ダムの湖畔にあるキャンプ場やテニスコートなどを備えたレジャー施設です。

大自然を感じながら手軽にキャンプをお楽しみいただけます。

宿泊施設のほか「水辺の広場」で水遊びをしたり、遊具や変形自転車を楽しめる「こども広場」を有しており、子どもが遊べる施設も充実。

キャンプ場では日ごろの喧騒を忘れさせてくれる大自然の中で、釣りや虫取りなど自然とのふれあいを楽しむことができます。

☆公式サイトみつぎグリーンランド

4位・森の国キャンプ場

西伯郡の広々とした森の中にある、森の国キャンプ場。

施設内には、45種類という西日本最大級の大型アスレチックのほか、サイクリングをはじめとする様々な自然体験プログラムがあります。

キャンプ場は、オートキャンプサイトとテントサイトがあり、空いていれば複数の区画にまたがって使用することもできます。

ファイヤーサークルやコテージのほか水道設備やランドリー設備ドッグランもあります。

夏には、クワガタやカブトムシも出現する、手つかずの自然が残るキャンプ場です。

☆公式サイト森の国

3位・もみのき森林公園オートキャンプ場

4月1日よりオートキャンプ場オープン。

オート60区画、オートフリー約28張り収容、テント専用50区画。

オート区画サイトはすべての区画に水道・流し台・野外炉・固定のテーブルとベンチが備えつけられています♪♪♪

各区画は自然の樹木で区切られプライバシーの保てるサイトになっています。

標高約850mの高原にある自然環境豊かなロケーションで広大な自然公園です。

森林浴百選に選ばれた広大な敷地で、サイクリングロードやアスレチックなどの施設も充実♪

「わんぱくの森アスレチックコース」や「フォレストアドベンチャーコース」を歩いて森の中を観察出来ます。

露天風呂やMTBコースなどがあります。

もみのき森林公園オートキャンプ場:楽天たびノート

☆公式サイトもみのき森林公園オートキャンプ場

2位・大鬼谷キャンプ場 

広大なキャンプ場で、とにかく綺麗!

超メジャーキャンプ場だけに予約をとるのも大変です。

サイトに空きがないくらい何時も賑わっている印象です。

トイレや炊事棟などはとても清潔に保たれてて場内に温泉もあります。

夏は避暑キャンプ、冬は雪中キャンプが楽しめます

自然がたっぷり、川遊びは深くもなく浅くもなく、ヤマメつかみ取りもさせてくれてお子さま連れにはオススメですね。

必ず事前にご確認の上ご利用ください。

☆公式サイト大鬼谷キャンプ場 

1位・国営備北丘陵公園 備北オートビレッジ

オート38区画、キャンピングカー13区画、テント専用約21張り収容。

日本オートキャンプ協会(JAC)より、最高峰の基準である五つ星を認定されているキャンプ場です。

サニタリー施設や周辺レジャー設備がも充実していて、おすすめの人気のオートキャンプ場です。

ほかに快適な宿泊施設も揃っています。

国営備北丘陵公園 備北オートビレッジ:楽天たびノート

☆公式サイト備北公園管理センター

まとめ

いかがでしたか?

何処も良さがあって迷う所ですよね♪

今年のお盆はまとまったお休みが取れそうですよね。

近くにある施設と共に是非楽しんで来て下さいね(^^♪

夏の暑さも吹っ飛ぶ予定を立てて、思い出いっぱい作って来て下さいね♪

スポンサーリンク

down

コメントする