ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

隅田川花火大会 2017年の概要と特別観覧席また人気スポットも

time 2017/04/23

隅田川花火大会 2017年の概要と特別観覧席また人気スポットも

今年の夏は旅行を兼ねて遊びに行くぞ~っ♪という方も多いと思います♪ 

地方でゆっくり見る花火とは違って都会で見る花火は、色々な意味で印象深いものとなるでしょう!
  
隅田川花火大会は日本有数の花火大会であるため、毎年100万人近くの人が集まります。

花火が綺麗に見れるスポットは大混雑します(*_*;

近年では、スカイツリーから花火を楽しむこともでき、新たな見どころとなっています!

人気スポットや、穴場スポットを紹介しますので、当日の花火鑑賞に是非役立ててください(*^-^*)

 

スポンサーリンク

 

隅田川花火大会 2017年の概要

 毎年テレビで取り上げられている隅田川花火大会が今年もやって来ます♪

隅田川花火大会夏の代表的な風物詩である「隅田川花火大会」は、江戸時代から続く歴史のある日本最古の花火大会のようです。

隅田川沿いで二万発以上の花火があがる光景は壮大で、毎年かなりの観覧者で賑わいを見せてくれます。

隅田川花火大会・2017

《日程・時間》2017年は7月29日(土)に開催されます。
 打ち上げ時間は午後7時5分~午後8時30分。
※荒天の場合は翌日7月30日(日)に順延。両日共に実施できない場合は中止となります。
《打上玉数》
第一会場:約9,350発
第二会場:約10,650発
計:約20,000発
《打ち上げ場所》
第一会場:桜橋下流~言問橋上流
第二会場:駒形橋下流~厩橋上流
《予想来場者数》
約95万人
公式サイト☆隅田川花火大会

 

大会プログラム

19:05 第一会場より祝砲が打ち上がり花火大会がスタート 

地元の花火業者と国内花火競技会で優秀な成績を修めた業者による、10業者、各20発の渾身の打上が見られます。

19:30 第二会場の打ち上げ開始

19:40 第一会場で雷砲が上がり、花火コンクール開始

20:25 スターマインが連射で打ち上げられる 

第一、第二会場共に「スターマイン」が連射されてクライマックスを迎えます
20:30 クライマックスに突入しフィナーレ 

 

スポンサーリンク

会場

隅田川花火大会 第一会場(桜橋下流~言問橋上流)

桜橋:最寄り駅 浅草駅(都営浅草線、銀座線)、押上駅(伊瀬崎線、半蔵門線)

隅田川花火大会 第二会場(駒形橋下流~厩橋上流)

駒形橋:最寄り駅は浅草駅

隅田川花火大会 2017年特別観覧席

市民協賛 

市民協賛席の中で唯一椅子に座って第二会場の花火が見られる場所です。

《有料席》
「市民協賛」ということで、協賛金を支払うことで、特設会場で観覧できます。
1口5000円~、椅子席、ビニールシート席
 *詳しくは、特設サイト「市民協賛申込要項」をご確認下さい
2017年4月20日
     市民協賛募集のお知らせ
     募集期間:2017年4月20日(木)から
          2017年5月16日(火)当日消印まで有効
市民協賛に参加した人のみの席になります。

市民協賛募集方法ここをクリック

 

東リバーサイドスポーツセンター少年野球場(言問橋と桜橋の間)

体に響くほどの打ち上げ音が体感できるスポットです。

隅田区側両国親水テラス

その他の有料観覧席

このほか「スカイツリー」「花やしき遊園地」「浅草ビューホテル」「両国第一ホテル」などでも観覧席が設けられ販売されています。

「浅草ビューホテル」「両国第一ホテル」
花火の日スペシャルご宿泊プランなどがあるようです。直接お問い合わせ下さい。

花やしき遊園地」

浅草花やしき屋上特別観覧席毎年発売されていますが幻のチケットと呼ばれていて即日完売するなかなか手に入りにくいチケットです。

今年は6月17日(土)(遅くても24日)にぴあで受付開始すると思われます。

前売り券を購入できなかった場合は当日抽選のラストチャンスがあります。

14:30までに来園した方に抽選用紙がもらえるので15:00までにエントリーして番号をもらい15:00からの抽選に参加しましょう。

当選した場合は屋上でゆっくり花火を楽しめます。

お問い合わせ花屋敷遊園地

 

浅草は雷門から直ぐの屋形船
江戸の風情とスカイツリーを一望できる船宿あみ清吾妻橋からお台場までの橋をめぐり
屋形船をお楽しみいただけます。
ご予約はココ浅草屋形船

 

スカイツリー」

スカイツリーの展望台から第1会場、第2会場の打ち上がる花火を眼下に観覧することができます。

花火大会当日の展望台のチケットは例年ですと6月中旬から下旬までスカイツリーのホームページでインターネットによる申し込みを受け付けていて7月初めに抽選結果発表します。
販売価格は6,500円(税込 お土産付き)

その他にスカイツリーではSky Restaurant 634(musashi)(東京スカイツリー®天望デッキ)でも食事をしながら見ることはできます。

毎年6月25日前後に受付を開始しますので事前にホームページで確認してください。
こちらは電話による申し込みになります
☆お問い合わせ東京スカイツリー

隅田川花火大会の人気スポット

花火とスカイツリーのコラボショットを撮るポイント

白髭橋・蔵前橋・厩橋

いずれも橋の上なので立ち止まりは禁止です。

写真を撮るのは歩きながらになりますね。ベストショットにチャレンジしてくださいね!

言問橋 :当日は墨田区から台東区への一方通行になる為かなり混雑します。

蔵前橋 :隅田川花火大会の第一会場と第二会場の両方が見れて、しかもスカイツリーもみることができる贅沢な場所です。

厩橋:台東区から墨田区の一方通行になる為かなり混雑します。

※21時頃まではかなり混雑するので田原町駅、本所吾妻橋駅を利用するのが良いでしょう。

人気スポット

汐入公園

人気スポットでもある汐入公園は穴場スポットでもあります。

川沿いの開放的な環境なので場所取りさえ成功すれば悪くない場所です。

第一会場からちょっ遠いですが、スカイツリーと花火のコラボ写真が撮影可能です。

昼までに行けばよい場所をとれる確率が高いです。

隅田川花火大会の中ではかなりの穴場と言えます。

隅田川周辺

隅田川周辺なら第一会場、第二会場とも見渡せるスポット。

川沿いなので虫よけスプレーをお忘れなく!

17時ごろには結構な数の人が集まっています。

首都高向島高架下

きれいな花火が楽しめる首都高向島線の高架下は人気スポット。

毎年17時前後にはスペースが埋まってしまいます。

隅田公園

隅田川の両岸にある隅田公園は花火に近く大人気のスポット。

大東区側は目の前を遮るものがないので、特に人気があります。

当日は既に大勢の方が場所取りを終えていますので、広い場所を取ることは非常に難しいです。

2人程度ならばシートとシートに隙間がある場合もありますので、並びかた次第では鑑賞は可能です。

隅田公園を歩きつつ眺めるほうが、ストレスなく見られますのでお勧めです。

清澄通り

周囲に高い建物がないので午後から込み始めます。

夕方から交通規制が始まるので、時期を見計らって場所取りをしましょう。

駒形橋付近

超人気スポットですが、行き帰りの交通も超混雑します。
花火の見える範囲は大きく綺麗で申し分ないです。

東駒形三丁目交差点

花火大会当日夕方から車両通行止めになるので待機しておきましょう。

駒形どぜう前

人気のスポットです。

江戸時代創業の老舗駒形どぜう前は、間近で打ち上がるため迫力ある花火を観賞できます!

夕方からの交通規制までは場所取りが禁止されているため、規制解除とともに場所取りが出来ます。

夕方から準備をしておけば最高のビュースポットを確保できるかもしれません!

銅像堀公園周辺

第一会場は目の前に、第二会場も充分見えるスポットでおすすめです。

銅像堀公園周辺の高速道路の高架下の隅田川沿いになります。

基本的に場所取り不可ですが、堤防の脇に少しだけ緑地があります。

立ち見をする分には、17時くらいに行けば見える場所に立てると思われます。

まとめ

いかがでしたか?

みんな思う所は同じです。

いかに綺麗な花火をより近くで楽に見たいのなら、早め早めに動くことをオススメします♪

年々穴場スポットもじわじわ知られるところとなり混雑しているかもしれません。

沢山の情報を集めて、より素敵な花火大会になる事を祈っています!!!

少しでもお役に立てれば幸いです(^^♪

スポンサーリンク

down

コメントする




GW

お正月

ひな祭り

イベント

クリスマス

グッズ

スポット

スポーツ

ファッション

マナー

健康

学習

年中行事

御歳暮・お中元

成人式

料理

旅行

未分類

母の日・父の日・敬老の日

生活

祭り

結婚

美容

赤ちゃん

趣味

風水

最近のコメント

    お問い合わせ

    お問い合わせはこちら