ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

青森ねぶたまつりとは?2017年のスケジュールと楽しみ方について

time 2017/05/02

青森ねぶたまつりとは?2017年のスケジュールと楽しみ方について

青森ねぶたまつり日本三大火祭りの一つで有名です。

このお祭りは、七夕祭りの灯籠流しの変形であろうといわれています。

木と針金で組み立てられた巨大立体灯ろうが夏の闇を彩り、ハネトと呼ばれる浴衣姿の踊り手が、「ラッセラー」とかけ声をあげながらねぶたのまわりで跳びはねます♪

「ねぶた」の由来の通説は諸説ありますが「眠たい」のを流してしまうことです。
その名の通り、祭りのエネルギーは眠気も吹き飛ばしてしまいますね(^^♪

人の熱気と迫力の囃子が、観る者を圧倒し、見ているだけでも体の中から熱くなるほどの興奮を味わってみませんか?

今年の日程や見どころなど書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
  

青森ねぶた祭とは

日本を代表する火祭り「青森ねぶた祭」は魂からほとばしるエネルギーを燃やし、夏の夜空を焦がす勇壮華麗な祭りです。

大灯籠が迫り、色彩が乱舞し、太鼓が響き、跳人の熱気と迫力の囃子とともに、観る者を圧倒し、見ているだけでも体が熱くなるほどの興奮です。

「ねぶた」の迫力は、にらみの利いた「面」で決まると言われています。

暑い夏の夜を跳ね、魂の叫び!ラッセラーラッセラー♪と青森市の中心を練り歩きます。

新町通りを起点に国道4号などの道沿いを周回します。

参加するねぶたは列をなして通過しますので、1箇所に観覧すれば全てのねぶたを見ることができます。

スポンサーリンク

祭りを盛り上げます

ねぶた
祭の主役で歓喜を爆発させます。
抑えきれない情熱が沸きあがり、人が、街が激しく燃え上がります。


夏も近くなると、町のあちこちで笛の音が聞が聞こえてきます。
澄んだ深みのある音色を出すには、約3年かかるとも言われ、主に女性や子どもたちが主体となり吹いています。

太鼓
青森の夏の夜空に、お腹にまで響く力強い太鼓の音。
体力と熟練が必要とされ、揃って同じ調子で叩き続けるには、勇み肌をみせる『ねぶたの鉄人』たちの独壇場となります。

大太鼓
太鼓は、いわゆる「締め太鼓」といわれる板を円形に組み合わせた底のない桶状で、凱旋太鼓や出世太鼓などは、その直径が3メートル以上にも及びます。

手振り鉦
笛と太鼓と手振り鉦が揃ってねぶた囃子となります。

主に笛とともに女性や子どもたちが鳴らします。

跳人(ハネト)
浴衣に花笠、たすきがけの衣装で、跳ねるたびにシャン、シャンと音が鳴り「跳ね」をさらに激しくかきたてます。
跳人の数は、ねぶた期間中、延べ約7万人ともいわれ、祭りのもう一つの主役たちになります。

化人(バケト)
扮装を凝らしたバケトたちは面白くなんとも言えない格好が笑いを呼びます。
沿道の観客からねぶたに負けないくらいの拍手喝采が送られます。

青森ねぶたまつり2017年日程

七夕祭は7月7日の夜に穢れ(けがれ)を川や海に流す、禊(みぞぎ)の行事として灯籠を流して無病息災を祈りました。

方言学から「ねむりながし」の眠りが「ねぶた」に転訛したものです。

そんな青森の伝統あるお祭りに参加してみませんか?

8.1(火)青森ねぶた祭 前夜祭

8.1(火)
18:00~21:00頃 (会場:青い海公園特設ステージ)
19:00~20:40頃 (会場:浅虫温泉)

8月1日からの祭り本番に先がけて、ねぶたラッセランドで明かりが入った大型ねぶた全台を見ることができます。

浅虫温泉花火大会
19:00~20:40(会場:浅虫温泉にて)

会場内ステージではバケトの競演ミスねぶた・ミスター跳人・ねぶた師の紹介、ねぶた囃子演奏囃子持久力コンテストなどが開催されます。

浅虫温泉花火大会:楽天たびノート

8.2(水)~8.6(土)大型ねぶたの運行

8.2(水)~8.3(木)
19:10~21:00

子どもねぶた(約15台予定)・大型ねぶた(約15台予定)の運行

8.4(金)~8.6(土)
19:10~21:00

大型ねぶたの運行(約20台運行予定)

祭りが山場を迎えるのは4日から。

5日の最終審査までは、どの団体も真剣勝負で見ごたえもあるようなのですが、団体によっては飛び入り参加の制限があるようです。

審査も終わった6日には、祭り最後の夜間運行ということもあり、祭りが大盛り上がりになるということです。

8月6日はねぶた大賞他、各賞を発表★6日は受賞したねぶたをご覧になれます。

ねぶた大賞
青森ねぶたの審査は、ねぶた本体、運行跳人、囃子の3つをポイントに審査し、総合的に最も優れている運行団体に「ねぶた大賞」が贈られます
1962(昭和37)年に「田村麻呂賞」として制定されましたが、1995(平成7)年に現在の名称となりました。

 
8月2日~6日までは運行コース上にねぶたが待機し、一斉に全てのねぶたが動き出します。

場所によっては、ねぶたが目の前を通るまで10~15分かかる場合があります。

また、運行の状況によって、ねぶたを全台見ることができない可能性もありますので、ご了承ください。

号砲の合図でねぶた運行終了となります。(ねぶた全台がコースを一周していなくても21:00で祭り終了)

但し、21:00(7日は15:00)前に、各ねぶたが運行コースを一周した場合は、その時点で祭り終了となります。

ハネト参加
この日はハネトの飛び入り参加も最高の盛り上がりをみせ、各団体と飛び入り参加とみんなでハメをはずして楽しめます。
一番迫力がある日にハネトも体験して楽しみたい方はこの日がねらい目です。

8.7(日)青森花火大会・ねぶた海上運行

8.7(日)13:00~15:00
大型ねぶたの運行(約20台運行予定)
★ねぶた大賞を先頭に、ねぶたが順次運行します。

19:15~21:00頃 (会場:青森港)

青森花火大会・ねぶた海上運行

8月7日 19時15分入港・20時00分出港

8月7日 19時15分~21時00分打上花火

祭りの審査で選ばれた6台の最高賞のねぶたが青森港を運行し、約11,000発の花火とともにネブタ祭のフィナーレを飾ります。

海上を行き交う幻想的なねぶたと、みちのくの短い夏の夜空を焦がす大輪の花火をぜひご観覧ください。

この青森にしかないねぶた祭と花火のコラボレーションは、見る人の心に深く焼き付きます。
公式サイト☆青森ねぶた祭り花火大会

宿泊先は3ヶ月前だと青森市内や弘前市内に空きは厳しいです。早めの予約をオススメします。

観覧席について
10名様以上の団体観覧席と9名様以下の個人観覧席があります。
詳しくは 団体観覧席・個人観覧席購入案内をご覧ください。
最終日の海上運行も同じで海上運行を近くで見るには有料観覧席の予約が必須です。

公式サイト☆青森ねぶた祭実行委員会事務局

ねぶた祭りの他の楽しみ方

毎年8月1日から8日まで
フェリー埠頭向かいにサマーキャンプ場(臨時)を開設
トイレ・水道・駐車場(自動車は駐車不可)を無料で利用でき、毎年たくさんのリピーターを含め多くのかたが全国各地から跳人衣装とテントを載せたバイクや自転車で来場し、ねぶた祭とキャンプを楽しめます(無料、申込不要)

 

7月1日から8月6日までねぶたガイドによる、ねぶたの歴史や制作過程など解説を聞きながら見学がます。(無料、要予約)
毎年5月中旬頃には青い海公園内にねぶた制作・保管のためのねぶた小屋が建ち並び
通称「ねぶたラッセランド」と呼ばれ、この中で「ねぶた師」と呼ばれる制作者たちが、ねぶたの骨組みから絵付けまでを行います。

 

公式サイト☆青森市文化観光交流施設

「ねぶたホール」ねぶた祭本番に出陣した大型ねぶたを紹介する施設。
「歴史ゾーン」ねぶた起源や、過去から現在に至る祭りの歩みを紹介

 

「ハネト」として参加することも可能

心が騒ぐ魂が揺さぶられる歓喜乱舞の祭りを観て 感じて 体験しよう

跳人(はねと)の衣装を着れば誰でも参加できます

ラッセーラーの掛け声とともに跳ねれば、祭りの楽しさが倍増します。
ハネトの衣装はデパートなどで一式10,000円位で市販されています。
また、衣装の貸し出しと着付けをしてくれる店もあります。
貸衣装屋さんも沢山あり、約4,000円前後くらいで衣が借りられます。
ハネトレンタル

 

ハネト衣装(正装)を着て、運行スタート前までに運行コースに待機しているねぶたの団体へお入りください。
ねぶた出発30分前までに待機場所に集合しましょう。
団体に所属していなくても参加できます。
ハネトは自由参加ですので、事前の登録や当日の受付もありません。

まとめ

いかがでしたか?

お囃子とどんどんとお腹に響く太鼓の音は本当にワクワクしますよね♪

迫力に圧倒され、感動するそんなお祭りは少なくなっていますが、さすが日本三大火祭り!!!

想像を裏切りません。計画を立てるなら今!

良い席を確保し、青森の祭り魂をみせてもらって下さい♪

また、ねぶた祭を百倍楽しい思い出にするには、観るだけでなく、ぜひハネトになって参加してみては如何ですか?

感動の思い出を是非青森で作って帰って下さいね(^_-)-☆

スポンサーリンク

down

コメントする