ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

赤ちゃんに蜂蜜は危険?ボツリヌス菌の症状や対処法!いつから与える?

time 2017/04/14

赤ちゃんに蜂蜜は危険?ボツリヌス菌の症状や対処法!いつから与える?

母乳やミルクを飲んでいた新生児もそろそろ離乳食を始める時期になって来ましたね。

今回は与えてはいけない食材で必ず挙がってくる「はちみつ」について詳しく見て行きたいと思います。

はちみつはとても甘くて健康にも良いと言われていますが、赤ちゃんの時期は気をつけなければならない食品の一つです。

赤ちゃんがはちみつを食べてしまったときの対処法を含め、ボツリヌス菌の潜伏期間や、注意点をまとめました。

では極めて危険なハチミツについて一緒に見て行きましょう!

スポンサーリンク
  

赤ちゃんに蜂蜜は危険?

赤ちゃんの離乳食がはじまると、食べさせて良いものと、一定の時期まで危険とされているものがあります。

蜂蜜(はちみつ)といえば、砂糖よりも健康的に摂取できて、健康食品としても重宝されていますが、赤ちゃんにとってはどうなのでしょう?

今回は、赤ちゃんがはちみつを食べてもいい時期をはじめ、危険な理由や、食べてしまったときの症状や対処法を含めまとめました。

スポンサーリンク

1歳未満の赤ちゃんに蜂蜜を与えてはいけないのは何故?

「ボツリヌス菌」という菌が赤ちゃんにはとても天敵で、乳児ボツリヌス症という病気を発症させます。

1歳未満の消化器官は未発達で、免疫力が低く、腸内環境が整っていないのでボツリヌス菌の繁殖をくい止めることが不可能なのです。

はちみつを含んだ加工品にも注意が必要です。

赤ちゃんに蜂蜜 ボツリヌス菌の症状や対処法

ボツリヌス菌の作りだす毒素は、自然界の作りだす毒素の中ではトップクラスだそうです。

食中毒で死に至るのも、この毒素の強さが原因の1つのようです。

日本で市販されているはちみつにボツリヌス菌が含まれる可能性。
※最大で6.7%厚生労働省による

 

ボツリヌス菌は芽胞から発芽すると、増殖を始め「休眠型」から「増殖型」に変わるので威力も強くなるそうです。それが、人間の体内で増殖が始まると食中毒と診断されます。

ちなみにボツリヌス菌の存在は井戸水でも発見されています。

ボツリヌス菌の潜伏期間

発症までの潜伏期間が3~30日と長期にわたる為、3日以上続く便秘などボツリヌス症の消化器系の症状が現れないかをチェックする必要があります。

ボツリヌス菌は耐熱性があり、通常の煮沸消毒や加熱調理などでは滅菌できず100度の加熱を10分以上する必要があります。

乳児ボツリヌス症の症状は?

数日間続く便秘症状から始まります。

全身の筋力が低下
・無表情・ミルクをあまり飲まない・泣き声が弱くなる

 

神経麻痺になる
・最悪の場合、全身の筋力が低下する四肢の麻痺が出る
・脱力状態などの症状
・ぐったりとした状態になる

 

呼吸器の神経を麻痺
・突然呼吸が止まる可能性もある
・無呼吸状態となり、大変危険で最悪死に至ることもある

 

赤ちゃんがはちみつを食べたときの対処法

・口内や体、手についたはちみつを拭きましょう。
・母乳やミルク、水などを飲ませましょう。
・生後6ヶ月未満の赤ちゃんは特に免疫力が弱いので、すぐに小児科を受診しましょう。
・生後6ヶ月以上であれば、食後1ヶ月間は症状が現れないか、注意深く様子をみましょう。
・早急に医師の治療が必要です。

 

乳児ボツリヌス症を発症した場合は、危険な状況を招いてしまうので、症状がみられた場合はすぐに病院を受診しましょう。

赤ちゃんに蜂蜜 いつから与える?

加熱したものでも満1歳までは慎重に注意しながら与える事が大切です。

腸内環境が整うことで、微量のボツリヌス菌では発症することはなくなってきます。

外食したときや市販の食品には、思いがけずはちみつが原材料として含まれている場合もあります。

また、1回食べて問題なかったからもう大丈夫と楽観視するのはよくありません。

他の食材でアレルギーがある場合は、はちみつを食べさせる前にかかりつけの医師に相談した方が安心です。

特に食物アレルギーがない場合でも、はちみつを食べさせるときは、体調が良い日を選び、小児科や病院が開いている曜日の午前や昼に少量与えて、様子をみながら慣れさせることが大切です。

因みにメープルシロップとお砂糖は食べても大丈夫です!

まとめ

いかがでしたか?

いつもお砂糖の代わりだったり、おやつとしても積極的に食べているハチミツが赤ちゃんにとってこんな危険だとはびっくりですね!

天然の健康食品としての認識が強いため、余計でも間違って与えてしまいそうになります。

でも絶対に忘れず気を付けて欲しいです。

可愛い盛りの赤ちゃん、まわりの親や兄弟、姉妹にも知っておいてもらいましょう!

赤ちゃんが満1歳になるまでは絶対はちみつを控えましょう

赤ちゃんの離乳食について他にも出して行きますので目を通して下さいね(^^♪

スポンサーリンク

down

コメントする