ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

神田祭りとは?二年に一度の2017年!附け祭のスケジュールや順路も

time 2017/04/08

神田祭りとは?二年に一度の2017年!附け祭のスケジュールや順路も

日本三大祭りとして知られる「天下祭」・神田祭ですが、今年の日程や見どころについてご紹介させていただきます

江戸文化を受け継ぐ、絢爛豪華な大行列は今もなお、観る人を魅了し続けています♪

東京都心を300mの祭礼行列が練り歩きます。

まるで東京の中心で江戸時代にタイムスリップしたかのような体験をぜひご堪能ください。

テレビでの中継も見逃せませんが、行かれる方は大変混雑致しますので、十分注意されてお楽しみくださいね(^^♪

スポンサーリンク
  

神田祭りとは?二年に一度の2017年!

江戸三大祭「天下祭」・神田祭りとは

徳川時代、三代将軍家光公以来、歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭」 として盛大を極め、江戸三大祭の筆頭として、さらに京都の祇園祭・大阪の天神祭と共に、日本三大祭に数えられているお祭りです。

「天下祭」として知られる神田祭は隔年で神幸祭が開催されます。

境内では太鼓の音も心地良く、楽しい歌と踊りの納涼大会をはじめとして、

江戸時代の伝統芸能である邦楽などが開催され町神輿の熱気と迫力で祭り一色に染め上がります。

【公式ページ】神田祭特設サイトはここ

隔年(西暦奇数年)にしか行われませんので今年は実施されます。

今年の神田祭は本祭です!熱く盛り上がる事でしょう。

スポンサーリンク

2017年「天下祭」の日程

2017年の神田祭は5月11日(木)から17日(水)までの1週間行われます。

神田祭は見どころはたくさんあります。1つを限定するのが難しいお祭りですね。

1週間ありますので、1日くらい出かけて是非、直接見て神田祭のパワーを肌で感じてください。

様々な企画も行われます
神田祭がアニメ「ラブライブ」とコラボ
LINEスタンプが作られる
神輿宮入をインターネットでライブ配信する

神田祭りとは?

鳳輦神輿遷座祭

日時:5月11日(木) 午後7時
場所:神田明神

闇に包まれた境内に、警蹕(けいひつ)と雅楽が流れる中

身を清め白装束をまとった神職により、三柱の御神霊(みたま)が鳳輦・神輿に遷されます。

 ※三柱:神田神社に祀られている祭神のこと
      大己貴命(おおなむちのみこと・だいこく様)、
      少彦名命(すくなひこなのみこと・えびす様)、
      平将門命(たいらのまさかどのみこと・まさかど様)

氏子町会神輿神霊入れ

日時:5月12日(金) 夕刻
場所:氏子町会神輿神霊入れ
  ※神酒所:神様に御供物をお供えする場所

氏子町会(108町会)全ての神輿(約200基)に明神様の御神霊を遷す神事です。

氏子町会の人々が参列する中、神職により執り行われます。

神幸祭

日時:5月13日(土) 終日
場所:神幸祭(神田、日本橋、大手・丸の内、秋葉原巡行

神幸祭は、行列の出発に先立ち、神田神社境内において、2つの神事が行われます。

 ◎御鍵渡しの儀 5時頃~
  奉安庫が、宮鍵講(みやかぎこう)によって開かれると、
  鳳輦・神輿は社殿前に安置され、飾りつけが施されます。

 ◎発輦祭(はつれんさい) 
  神職や氏子総代をはじめ、
  神幸祭に奉仕する人々が参列し、
  鳳輦・神輿の安全祈願を行います。

神田祭の大きな目玉『附け祭』

大きな目玉『附け祭』

東京の下町を巡行、神田祭のメインの神事 附け祭(つけまつり)

毎回テーマを変え、ユニークな行列は 人々を喜ばせる為、趣向を凝らし大人気!

江戸時代に行われていた神田祭で、当時流行した能や浄瑠璃などを題材に取り入れ、曳き物、仮装行列で表現して来ました。

現在も、附け祭では、曳物(ひきもの)と呼ばれる巨大な張りぼての人形や流行の衣装を着て、踊って、演奏しにぎやかな行列が、毎回違う出し物で多くの見物人を惹きつけ氏子町から神田明神に向かいます。

過去には、「はなさかじいさん」や「おおなまず」、ゆるキャラたちが行列に登場して子どもから年配の方まで楽しませてくれた事もあります。

神田祭り附け祭のスケジュールや順路も

神事が終わると神田明神8時頃出発

鳶頭(かしら)衆による木遣り唄を先頭に、江戸・東京の下町を氏神様がお乗りの神輿「一の宮鳳輦」・「二の宮神輿」・「三の宮鳳輦」をはじめ、諫鼓山車や獅子頭山車などの行列が巡行します。

その数ざっと500名が30キロメートルの道のりを歩きます。

行列は、奉幣(ほうへい)の儀(神田明神旧跡地・将門塚にて)大手町、将門公の首塚10時半頃、昼御饌(ひるみけ)(日本橋・両国旧御仮屋にて)献饌(けんせん)(各氏子総代による)などの神事を行いながら、巡行していきます。

明治座前14時半頃


日本橋三越本店前16:00頃合流で大行列

附け祭は、有馬小学校での出陣式のあと神幸祭行列とは別のルートで巡行し日本橋三越前で合流し1000名を超える大行列となります。

いつも見慣れた街の景色が変わタイり時をタイムスリップしたかのようなすごい迫力と不思議な光景です。

秋葉原周辺は17時半頃

神田神社境内へ19時頃引き返し


クライマックスを迎えます。

大きな神輿が神田明神の参道を駆け上がる姿を是非間近で見てください。

神田明神に出る屋台と宮本公園の太鼓フェスティバルや物産展もお楽しみ満載です。お見逃しなく!

まとめ

いかがでしたか?

1週間続く江戸時代から続いてきたお祭りが現代風にアレンジされ多くの人が楽しめる行事は絶対見逃せませんね。

神田明神に出る屋台と宮本公園の太鼓フェスティバルや物産展もお楽しみ満載です♪

江戸時代に負けず劣らず、多彩な大行列をお見逃しなく!

ふんどしを締めた粋な男衆に担がれた神輿と、その勢いは必見です(^^♪

さあ計画を立て、良い場所で目に焼き付けて帰って下さい。

スポンサーリンク

down

コメントする