ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

紫陽花のおまじないで金運アップや風水で金運効果があるもの!

time 2017/04/26

紫陽花のおまじないで金運アップや風水で金運効果があるもの!

紫陽花の綺麗な時期になりましたね(^^♪

紫陽花の花言葉としては、「移り気」「高慢」「あなたは美しいが冷淡だ」など冷たい印象…!

でも日本では「平和」「家族団欒」など暖かい感じですね♪

酸性が強いと青みがかり、アルカリ性が強いと赤みがかるとされていますが、雨に似合う花として、素敵な花ですよね!

ところで、土用の丑の日は精の出る鰻や”う”のつく食べ物を食べると夏バテしないと言われていますが、

紫陽花のおまじないをすると言う言い伝えをご存知でしたか?

耳よりなお話ですので是非試してみてはいかがですか?

関連記事:フクロウは幸運や幸福を呼ぶ縁起もの!玄関に置くと金運アップ!
関連記事:風水 玄関に鏡は金運のアイテム!左・右の位置の効果と正面の対策

スポンサーリンク
  

紫陽花のおまじないで金運アップ

土用の丑の日の紫陽花のおまじないで金運アップ

土用の丑の日には鰻や”う”のつく食べ物を食べる以外にも習慣として紫陽花のおまじないがあります。

スポンサーリンク

それは日本に古くから伝わる言い伝えとして、

出入口に植えておくとお金が貯まる

家の中にアジサイを生けると小遣いに困らない」

などがあり、金運アップに良い縁起の良い花とされています。

もともとは商売繁盛のおまじないとして軒下に蜂の巣を吊るす風習がありました。

この蜂の巣がたくさんの花をつける紫陽花と取って代わったようです。

飾り方 ※関西では特に多いおまじないです。

・玄関
土用の丑の日朝10時までに紫陽花の2枝を摘んで玄関の外と内に1本吊るします。

飾る時に葉っぱを三枚だけ残して茎を上にして飾ります。

・財布
紫陽花の花びらを4枚とって白い紙に包んでお財布や通帳に挟んでおきます。

・トイレ
もう1本は紫陽花を白い紙に包んで水引をかけ、花を下にして吊るします。

地域によって、飾り方や考え方はかなり違うみたいです。

『出入口に植えておくと、お金が貯まる』

『土用の丑の日の夜明けに花を摘み、軒先に吊るすとお金に不自由しない』

『家の中にアジサイを生けると、小遣いに困らない』など様々なジンクスがあるようです。

「うわべだけの美しさは、我々から真実の美しさを奪っていく」 (レオナルド・ダ・ヴィンチ) 、 ガラス瓶を古道具屋でゲット😍 (台に載っている方) 、 古いガラスは気泡や歪みがあって、どこか柔らか♪ 、 そして古道具は、うわべだけの美しさではない、普遍的ななにかがそこにあるような・・・ 、 というと、ちょっと大袈裟だけど😅 そんなこんなで、古道具に恋しています😍😍😍 、 picは玄関で、アジサイは八丈千鳥とダルマ。 、 、 、 #玄関#中古住宅#花のある暮らし #古道具のある暮らし #古道具#古いもの#心地よい暮らし #身の丈にあった暮らし #シンプルライフ #シンプルな暮らし#紫陽花#アジサイ#日々のこと #日々の暮らし #暮らしを楽しむ #暮らしを整える

A post shared by mikan (@maruyama_mikan) on

このおまじないを夏至の日に行うというものや6月の6のつく日に行うというもの。

トイレに飾ると「婦人病にかからない」

「年を取ってからシモの世話にならない」などもあります。

この紫陽花のおまじないは来年の「土用の丑の日」まで家族が健康でお金に困らないようにとの思いを込めて行うものです

風水で金運効果があるもの

風水では、色んな開運の方法があります。

ここでは、縁起の良い生き物や、アイテムについて見ていきましょう。

金運効果があるもの

蛇の抜け殻

抜け殻が示すとおり、へびは脱皮する生き物です。

脱皮を繰り返して成長していくことから、古来からへびは“再生”や“無限”のイメージを持ち、それが転じて無限の知恵や金運を生み出すと考えられてきました。

へびは繁栄の象徴、だから昔から“へびの抜け殻”を財布に入れるのは、金運上昇をつかむためのおまじないとされてきたのです。

 

白蛇

白蛇は古代インドにおいて財運招福の神「弁財天」の化身といわれ、白蛇が住みついた家は、金運・財運に恵まれると信じられてきました。

また、ヘビ(巳)を持つと「実(巳)入り」すると云われ蛇皮の財布を持つとお金が入ると言われています。

 

ふくろう

「不苦労」「福来」や「福老」とも言われ語呂合わせからも縁起物とされる福を呼ぶ生き物で縁起がいいのです。

借金をすると首がまわらなくなるという言葉がありますが、ふくろうは首がクルクル回りますので、そういったことがないという意味になるのです。

またふくろうには家の守り神の効果もあります。

夜行性なので、夜の番人ともなっていますし、先見の明があるともされています。

 
 

カエルの小物

「お金が帰る」という語呂合わせで「財」と「命」を引き寄せます。

中国ではカエルは月の精霊と言われ、水と結びつくことはもちろんですが、月と関連が深いことで知られています。

月の精霊として、見えないことを支配するので、治療者や財産の運び手として崇拝されてきた歴史があります。

月には三足蛙(ヒキガエル)が棲み、月のもつ象意である「命」や「財」を産みだす動物として知られています。

財は三足あるからかき集めるとか、蓄えるためにあるとか、三が産みだす数だからとか諸説ありますが、満月が金を思わせるからではないでしょうか。

 

トイレ

風水ではトイレは金運と重要な関わりを持つだけでなく、家の中でも最も悪いエネルギーが溜まりやすい場所です。

便器や床だけでなく、壁やスリッパの裏、換気扇のほこり取りも忘れずに日頃から丁寧に掃除をしておきましょう。

綺麗になったトイレに、観葉植物や水晶を置くと悪いエネルギーを吸い取ってくれますよ。

風水では午前中にトイレ掃除をするのが効果的です。

 

足元

「足元を見る」なんて言葉がありますが、足元は金運にとって重要な部分です。

靴の手入れは定期的に行いましょう。

 

下駄箱や靴下

下駄箱掃除は金運アップにつながります。

穴の開いた靴下や伝線したストッキングをいつまでも履いていると運気ダウンになるので、早めに処分しましょう。

 

タイヤ
車や自転車のタイヤ、ベビーカーのタイヤや旅行用キャリーの車輪も定期的に掃除しておきましょう。

泥だらけのタイヤでは、せっかくの金運も逃げていきます。

 

鏡は風水の中でも重要な役割をします。

玄関に入って右に鏡を置けば、仕事運アップ、左に置けば、財運のアップが期待できます。

 


パキラ

金運を運ぶ発財樹と言われ、仕事運や勉強運にも効果があります。

 

金運をアップさせる場所

暗い所

財布にも休息が必要であり、暗いところでは増えやすいと言われています。

寝室

寝室に保管先を定めると良いでしょう。

風水でも良いとされています。

風水では「北枕で寝ればお金持ちになれる」といわれるほど好まれています。

こんなおまじないもありますよ。

まとめ

金運を上げる方法は、色々ありましたね。

土用の丑の日にも金運のアップのおまじないがあったなんて、ちょっと不思議な気がしましたね♪

現代ではパワースポットなど訪れる人も多くいます。

アイテムを取り入れてもよいでしょう!

家をキレイに保つことも大切です(^^♪

できることから始めて金運をアップしましょう!

スポンサーリンク

down

コメントする