ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

熱中症対策は水分補給を!タイミングや量また塩分補給も

time 2017/04/25

熱中症対策は水分補給を!タイミングや量また塩分補給も

暑い日が続くこの時期は、熱中症対策の基礎知識を知っておいたほうが良いです!

熱中症予防の基本は、汗で失われた成分を効率よく補充することです。

だからと言ってやたらがぶ飲みするのではなく、しっかり栄養も摂らないといけません。

一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質のバランスが崩れて体調不良を引き起こします。

水分補給をする時には、あわせて塩分の補給も行いましょう。

そこで今回は熱中症に有効な飲み物をご紹介します。

関連記事:夏バテ防止に積極的に摂りたい栄養素(食品)効果のある食材はコレ
関連記事:熱中症が起きる原因は?また症状や処置方法は?対処方法についても
関連記事:屋外での暑さ対策!グッズやタオルの活用術又衣類の工夫を!
関連記事:熱中症の予防対策!熱中症になりやすい人は?高齢者や子供に注意!

スポンサーリンク
  

熱中症対策は水分補給を!

夏は、気温とともに体温も上昇します。

体は発汗によって体温を下げようとしますが、その汗には、水分だけでなく塩分も含まれています。

この両方が失われることにより脱水症に!!

スポンサーリンク

脱水症を放っておくと熱中症に

脱水症になると、血液の量が減り、血圧が低下。

体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などの症状が起こります。

脱水症を放っておくと、熱中症、熱射病へと症状が移行していきます。

熱中症対策に効果的な飲み物

1日に必要な水分量と出る水分量のバランスがくずれ、体内の水分量が不足するのが脱水状態です。

不足した水分量が体重の3%以上になった状態を「脱水症」といいます。

牛乳

運動後が効果的なのが牛乳です。

普段の血液量も増加するので、熱中症予防になり、暑さに強い身体を作ることができます。

 

ミネラル入り麦茶

大量に汗をかくと、体内の水分やミネラルが不足して熱中症を招く原因になります。

ミネラルは、人間の体の中では作ることができないため、「ミネラル入り麦茶」を飲むことは熱中症対策として有効と言えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

健康ミネラルむぎ茶 2L×6本【イチオシ】【bnad02】
価格:1934円(税込、送料無料) (2018/6/18時点)

 

スポーツドリンク ポカリ

発汗により失われた水分、電解質をスムーズに補給するスポーツドリンクです。

大量に汗をかいた時には、電解質を含んだ飲み物で水分を補いましょう。

ポカリはこのナトリウム濃度が他の飲料水と比較して一番高く、標準濃度に近いので熱中症対策には最適です。

すばやく吸収されるので、手っ取り早い飲み物と言えます。

 

仕事、スポーツ、風呂上り、寝起きなど、様々なシーンにおいて渇いたカラダに適した飲料です。

ウイダーインゼリー(カロリーハーフ)

炭水化物「糖質+食物繊維」と「ナトリウム=食塩1g」

種類が豊富で手軽に補えるのがいいですね。

 

経口補水液

 
軽度から中等度の脱水状態の方に。

水・電解質を補給・維持するのに適した病者用食品です。

夏場の気温と水分対策は大切です。

感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水状態、高齢者の経口摂取不足による脱水状態、過度の発汗による脱水状態等に適しています。

熱中症対策は水分補給を!タイミングや量

熱中症対策で、最も重要なのが水分です。

水分・ミネラル補給は、汗をかいて出ていった水分だけでなく、一緒に排出されてしまったナトリウムやその他ミネラルも補うことができます。

水分補給を行うタイミング

水分補給を行うタイミングは「のどが渇く前」が理想的です。

一度に多量に水分を摂取すると、大部分は尿として排出されてしまいます。

普段の生活リズムに合わせて、こまめに、コップ1杯程度の飲料を1日8回程度に分けて水分補給をしましょう。

小さなお子さんや、高齢者の場合は「時間を決めて」水分補給を行うのが有効です。

体重のわずか1%程度の脱水が起きただけでも、のどの渇きを感じ、4~5%失うと吐き気や頭痛などの症状が出てくるといわれています。

一日に必要な水分量

では一日に必要な水分量はどのくらいなのでしょうか?

普通の生活をしている成人の平均で2ℓから2.5ℓの水分が体から出ていきます。

これが暑い日に汗をガンガンかくような状態ならそれ以上ってことになりますね。

また、脱水症や熱中症の予防には、水分補給としてこまめに飲料をとることも重要ですが、きちんと食事をとることも大切です。

私たちは毎日の食事からも水分を摂取しており、食事も重要な水分補給源といえます。

きちんと食事をとったうえで、飲料からの水分補給を行いましょう。

熱中症対策は水分補給を!塩分補給も

一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質のバランスが崩れたり、体調不良を引き起こすことになりかねません。

水分補給をする時は、あわせて塩分の補給も忘れずに行いましょう。

水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液は有効な飲料です。

また水や麦茶には、塩や梅干しなどを足して塩分も補給しましょう。

緑茶やウーロン茶に含まれるカフェインは利尿作用があるため要注意です。

まとめ

いかがでしたか?

熱中症になった後では遅く、なる前に予防したいですよね。

家族の熱中症予防の為に、お茶や水だけでなく、有効な飲み物を準備しておきましょう。

体に良いとされる飲み物や食べ物を多く摂取する事で、夏の暑さにも負けない身体作りを目指しましょう(^^♪

また少しでも熱中症の症状が出たら早めに病院を受診して大事をとって下さいね。

皆さん、元気に乗り越えましょう♪

スポンサーリンク

down

コメントする