ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

アナフィラキシー蜂毒やムカデに注意!二度さされると危険!

time 2018/09/25

アナフィラキシー蜂毒やムカデに注意!二度さされると危険!

夏から秋にかけては、ハチによる被害が起きやすいと言われています。

巣を守るために、向かってくるので、不用意に追っ払ったり、軽装だと刺されたりします!

春から秋にかけて、活動も活発で、人を刺すのは、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチの3種類だそうです。

ここ最近、スズメバチの襲撃も多く、軒下などに、大きな巣を作っていたりすることもあります。

数匹見かけたら、近くにいるかもしれませんよ。

スズメバチは10月半ばくらいまでは、活動的なので注意してくださいね。

今回は、そんなアナフィラキシーを引き起こす、蜂やムカデについて見て行きたいと思います(^^)/

スポンサーリンク

アナフィラキシー

食物アレルギーで起こる症状の中では、最も重症なものがアナフィラキシーです。

アレルゲン

食事の後、ハチに刺された後、薬を飲んだ後など、アレルゲンが体内に入ることによって短時間に激しい症状が現れます。

一つの臓器にとどまらず、複数の臓器に強い症状が現れる過剰反応です。

症状が出るまでの時間は、アレルゲンの種類や個人差がありますが、数分で重症に至る場合もあるため、迅速かつ適切な対応が必要です。

View this post on Instagram

@alle.momがシェアした投稿


このニュースは衝撃的でしたね!!

薬などでも現れるみたいなので、注意が必要ですね!

アナフィラキシー蜂毒やムカデに注意!

蜂毒アレルギーは、蜂に刺されてから、わずか数時間で症状があわられるのが特徴だそうです。

アナフィラキシーを引き起こす可能性のあるのは、ハチが最も代表的です。

ハチ毒に対するアレルギー反応がない場合は、数日で改善しますが、一度刺されてしまうと、ハチ毒に対する抗体ができてしまいます。

その為、再度ハチに刺された後、5~10分以内にアナフィラキシーを起こすことがあります。

ムカデ

落ち葉や石の下など、自宅の庭や人家の周辺に生息し、ゴキブリやクモを捕捉するため家の中に入ってくることもあります。

暗く狭い場所を好むため、家具の隙間や洗濯物の中、靴の中などに身を隠していることがあり不用意に払ったりしたときに咬まれます

激痛としびれ

咬まれると激痛が走り、しびれが生じだんだん赤く腫れてきます。(遅延型反応)

人によってはハチに刺されたようなアナフィラキシー症状を起こすこともあります。

ムカデの種類や毒の注入量などで症状は様々ですが、悪化して潰瘍化したり患部が壊死するケースもありますので注意が必要です。

駆除方法

見つけたら素手では触らず、タオルや割りばしを使って駆除して下さい

『ムカデの毒はたんぱく毒なので熱に弱く、身体のごく浅い所に毒が入る為毒が回る前に、つまり噛まれたらすぐ熱めのシャワーを掛け、毒を失活させて流すのが効果的だそうです』
参考サイトhttp://www.urban.ne.jp/home/kugahosp/mukade.pdf

また、ムカデは必ずつがいで現れると言われますね。

1匹居たら、傍に必ずもう1匹いると言われていますが、居てもおかしくないという環境にあるという事なので注意しましょう。

症状

激痛やリンパ節の腫れ、呼吸困難などがあらわれたらすぐに病院に行きましょう。

発熱や頭痛、吐き気、呼吸困難、血圧低下等の症状が出た場合はムカデの毒によるアレルギー反応の可能性がありますので、すぐに救急車を要請しましょう。

ハチ

民家の周辺では、アシナガバチやミツバチをよく見かけますが、こちらから近付かなければあまり攻撃してくることはありません。

攻撃的なスズメバチ

山間部ではスズメバチですが、かなり攻撃的なので特に注意が必要です。

庭先や、軒下も気が付かないうちに、こんな大きな巣が‥( ;∀;)

青や黒っぽい衣服に反応するといわれていますので、野山へ入るときは明るい色の服装を心がけましょう。

アナフィラキシーショック

一度に数回刺されたり、2回目以降は蜂毒アレルギーによるショック症状を引き起こすことがあります。

これはアナフィラキシーショックと呼ばれ、数十分から1時間程度の間に死に至る危険があります。

スズメバチだけではなく、アシナガバチでも発生する可能性がありますので注意してください。

ハチ毒に対するアレルギー反応のために、刺された直後からじんましんが出たり、1~2日後に赤く腫れるなど(遅延型反応)します。

ミツバチの場合は比較的軽症で済みますが、スズメバチやアシナガバチに刺されると激痛があり、主に患部が赤く腫れ上がり痛みや痒みが出ます。

しかし蜂刺されの症状にはかなり個人差があり、皮膚潰瘍やリンパ管炎等を引き起こすケースもあります。

アレルギー反応

じんましん、頭痛、呼吸困難、意識もうろう、血圧の低下等の全身症状が出た場合はアレルギー反応の可能性があります.

場合によっては死に至るため一刻も早く救急車を要請してください。

アナフィラキシー蜂毒やムカデに注意!二度さされると危険!

ハチに刺されると、一度目は、赤く腫れ、痛みやかゆみ程度で済み、特に危険と言う症状が見られない場合も多いです。

アレルギー反応

しかしながら、刺された部分がハチ毒に対するアレルギー抗体が作られる場合があります。

二度目に刺された時、ハチ毒とアレルギー抗体の作用により、アレルギー反応を引き起こすことがあり、これがアナフィラキシー反応です。

死亡することも

刺されてから数分~数十分と言う短時間で、全身のじん麻疹や嘔吐、めまい、呼吸困難などの症状が起き、最悪の場合は呼吸不全や心不全で死亡することもあります。

これをアナフィラキシーショックと言います。

反応が起きる割合は1割程度

しかし一回刺されただけでは、ハチ毒に対するアレルギー抗体が生成されない場合もあります。

アレルギー抗体を持っていても、二度目に刺されたときにアナフィラキシー反応が起きる割合はおよそ1割程度とされています。

つまり、全員におこるわけではないそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かなりの激痛とのことなので、尋常じゃない痛みなら病院へ行きましょう。

勝手な判断は禁物ですよ!!

関連記事夏の虫刺されアレルギー反応と腫れや痛みがあるその虫の正体は?

スポンサーリンク

down

コメントする