ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

熱中症が起きる原因は?また症状や処置方法は?対処方法についても

time 2017/04/22

熱中症が起きる原因は?また症状や処置方法は?対処方法についても

夏も本格化し連日の猛暑日、高温注意情報の発表が続き、なんともツラ~い夏になりましたね。

初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、体が暑さに慣れていないのに気温が急上昇するときは特に危険です。

厳しき夏を乗り切るために熱中症は気づくことで防げます。

知っておけばいざという時役に立ちます。

関連記事:夏バテ防止に積極的に摂りたい栄養素(食品)効果のある食材はコレ
関連記事:熱中症対策は水分補給を!タイミングや量また塩分補給も
関連記事:屋外での暑さ対策!グッズやタオルの活用術又衣類の工夫を!
関連記事:熱中症の予防対策!熱中症になりやすい人は?高齢者や子供に注意!

スポンサーリンク

熱中症起きる原因は?

夏は、気温とともに体温も上昇するので、体は発汗によって体温を下げようとします。

その汗には、水分だけでなく塩分も含まれており、この両方が失われることで脱水症になります。

水分と塩分の不足が原因で、熱中症になります。

他にも、様々な状況で、熱中症は起こりやすくなります。

どんな場合に、起こりやすくなるのか見ていきましょう。

睡眠不足

睡眠が不足していると、脳の働きが鈍くなり体温コントロールも難しくなってしまいます。

熱帯夜で睡眠不足の場合、就寝中の発汗量も多くなります。

翌朝は、意識して十分な水分補給をするようにしましょう!

体調不良

風邪気味など、鼻づまりで就寝中に口呼吸することが多いと、外気に接する粘膜面積が増え、体の水分の蒸発量が増えます。

発熱、下痢、嘔吐なども体内の水分や塩分が失われやすい状況なので、普段以上に熱中症に気をつけましょう。

飲酒

大量な飲酒をすることで、アルコールの分解に水分を使うことに加え、利尿作用もあります。

翌朝は普段より脱水状態になっているため、十分な注意が必要です。

朝食の未摂取

朝食を摂ることで、水分だけでなく塩分も補給することができ、体温を下げる効果のある汗も出やすくなります。

夏バテで食欲がないことが多い時期なので、意識して朝食を摂るようにしましょう。

暑さにより

身体を動かす際に熱が生まれ、これを体外に放出することで一定の体温を保っています。

身体の中の熱を外に出すことができず、体内に熱がこもってしまうことで、熱中症になりやすくなります。

運動など長時間気温の高い場所で活動

体温が急激に上昇して身体を中心に血液が巡るため、脳に十分な血液が送られず酸欠状態になります。

汗で失われた水分や塩分を補えなかった場合、一時的に頭痛や嘔吐・痙攣、めまいや立ちくらみが起こります。

屋内や夜間の睡眠中

急激に気温が上がった日や湿度が極端に高い日などは、家事や掃除中に熱中症にかかってしまいます。

熱中症の症状

温度が高い、ムシムシする、日差しがきつい、風がない、急に暑くなったなど体内の熱を体外にうまく放出できず体を冷やせない状況にあるときは、どんな時、どんな場所でも注意が必要です。

炎天下だけではなく、湿気の多い時期や曇りの日、日中だけでなく夜間、屋内でも起こる可能性はあります。

実際に救急車で運ばれる人の多くは、室内で起こっています。

汗をかくことでカリウムも失われ、細胞内が脱水症状になります。

スポンサーリンク

体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい倦怠感、けいれんや意識障害などの症状が起こります。

症状別対処法

めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗

・涼しい場所へ移動・安静・水分補給を。

頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下

・涼しい場所へ移動・体を冷やす・安静・十分な水分と塩分を補給する。

水分を自力で摂取できない場合や、症状に改善が見られない場合は受診が必要です

意識障害・けいれん・運動障害

・涼しい場所へ移動・安静・体が熱ければ冷やす。

意識があるから大丈夫!は危険です。

最悪のケースに陥ることも。救急車を要請しましょう。

反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしない、意識がない。

・意識がはっきりしない場合は、すぐに救急車を呼ぶ。

・同時に、応急処置を。

意識がはっきりしない、もしくは意識がない場合の水分補給は厳禁です。

また、吐いてしまった場合にのどを詰まらせないよう横向きに寝かせましょう。

熱中症の対処法について

ときには死に至ることもある恐ろしい熱中症です。

熱中症特有の症状を知ることで、どのくらいの危険度なのかまた、症状の危険度によって、取らなければいけない対策も変わってきます。

知識を深め、いざという時には正しい対処ができるよう普段から注意し、健康的な夏を過ごしましょう!

すぐに取るべき対処法

もし熱中症かな?と思うようなサインがあったときは、すぐに応急処置を行い、病院などの医療機関へ連れていきましょう。

身体の熱を下げる

◇解熱剤は使わず、自然に熱が下がるのを待ちましょう。

◇涼しい室内、または風通しのよい木かげなどに避難させましょう。

◇衣類をゆるめ、うちわなどで風を送って身体の熱を逃しましょう。

◇水スプレーなどで身体に水をかけて、熱を放出させるなども効果的です。

◇保冷剤で首の後ろや脇の下、太ももの付け根といった動脈が通っている箇所を冷やしましょう。

◇皮膚が冷たくなっているときは毛布などで体を保温しましょう。

水分・塩分を補う

水やスポーツ飲料、塩をひとつまみ入れた水などで水分を補給します。

意識がないときや吐き気を訴えている場合は、水分を摂らせるのはかえって危険です。

のどに詰まったり、呼吸困難に陥ってしまうので注意が必要です。

足を高くして寝かせる

足の下に鞄などを置いて高くし、末端の血液を心臓に送り返すことで脳への血流も確保され酸欠状態を回避できます。

手足の先から中心部へ向けてのマッサージも効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

誰にでも起こりうる熱中症ですが、知っていれば即座に行動に移す事が出来ます。

判断を誤れば大変危険ですが、対処法次第で軽く済みその内回復します。

日々の生活にも注意して元気に夏を乗り切りましょう。

無理な運動や外出を避け、規則正しい生活を続けることが大事ですね(^^♪

スポンサーリンク

down

コメントする