ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

ヒョウモンダコ日本の生息域と特徴や危険性!噛まれた時の対処法

time 2018/09/10

ヒョウモンダコ日本の生息域と特徴や危険性!噛まれた時の対処法

開放的な夏がやって来ました!!

暑い中の、海は最高に気持ちがいいですよね^^

海水浴とかサーフィン、最近では、海に潜る人も増え、ダイビングとか、シュノーケリングなど楽しいことがいっぱい♪

だけど、海は気をつけないといけないこともいっぱいあります。

温暖化の影響で、これまで日本の海にいなかったような危険生物もいますよ!!

今回は、ヒョウモンダコモンについて見ていきましょう(^^)/

スポンサーリンク

ヒョウモンダコ日本の生息域

ヒョウモンダコの主な生息域は、熱帯域から亜熱帯域の浅い岩礁やサンゴ礁でした。

熱帯性のタコで、小笠原諸島やオーストラリアにかけての暖かい海域に生息していました。

それが現在では、日本の各地で目撃されています。

温暖化が進み、ヒョウモンダコの天敵がいなければ、これからもどんどん拡大する恐れがあります。

スポンサーリンク

日本海を北上

温暖化の影響で、どんどん北上を続けています。

ヒョウモンダコは磯の潮溜まりなど浅い海にもいることが多く、九州や南西諸島では地磯などの浜辺でもよく見つかっています。

和歌山など温暖な太平洋側で確認されたり、日本海でも隠岐諸島(島根県)や鳥取県沿岸でも確認されています。

生息域が、どんどん北に向かって広がっている可能性があるので注意が必要です。

ヒョウモンダコの特徴や危険性!

ヒョウモンダコは、小型のカニやエビなどを食べています。

ヒョウモンダコについて、詳しく見ていきましょう。

ヒョウモンダコの特徴

「豹紋蛸」の名の通り、ヒョウ柄の斑点が体中にあります。

体色をすばやく変化

ヒョウモンダコは、他のタコと同様に体色をすばやく変化させ、周囲の岩や海藻にカモフラージュします。

刺激を受けると、青い輪や線の模様のある明るい黄色に変化します。

毒々しい色合いで、本当に気持ち悪いです( ;∀;)

肉食性

他のタコ同様に肉食性で、カニやエビを捕食しますが、捕まえられるならば魚類も食べます。

人間も、触ったり近づいた場合は噛み付かれることがあります。

絶対に、素手で触れないようにしましょう。

海底をゆっくり這う

泳ぎは不得意で、たいていは海底をゆっくり這っています。

危険が迫ると、興奮すると警告で毒々しい色を発し、有毒生物であることを知らせ、外敵を威嚇します。

ヒョウモンダコの危険性

「殺人ダコ」の異名を持つ、猛毒のヒョウモンダコの体長は、わずか12cmほどの小型のタコです。

小型のタコになりますが、ヒョウモンダコの毒は、唾液にフグと同じ猛毒のテトロドトキシンを含んでいます。

危険な生物としても有名で 素手で触ると命を落とす危険もあります。

ヒョウモンダコは脚の付け根に口があり、オウムのくちばし のような硬い歯があります。

ヒョウモンダコを、素手でうっかり掴んだり手に乗せたりすると、かみ付かれ、唾液を注入されてしまう恐れがあります。

海外では死亡例もあります!!

ヒョウモンダコ噛まれた時の対処法

ヒョウモンダコのテトロドトキシンが体内に入った場合、早ければ20分ほどで麻痺やしびれが始まります。

オーストラリアではヒョウモンダコにかまれ、呼吸困難となり、死亡した例もあります。

取り扱いには、十分な注意が必要ですよ!!

ヒョウモンダコに刺された時の応急処置

ヒョウモンダコにかまれた時の症状は様々ですが、吐き気、悪寒、息苦しさなど、個人によって異なります。

口で吸い出さず、毒を絞り出し病院へ運んで下さい。

間違って、飲んでしまうと大変です!!

噛まれた場所よりも、体に近い場所を強く縛り、毒が全身に廻るのを防ぎましょう。

すぐに病院へ

ヒョウモンダコにかまれたら、すぐに119に電話、病院に行くことをおすすめします。

とにかく噛まれたら有毒で、神経毒なので呼吸ができなくなって死亡する可能性もあります。

素早い処置が、生死の分かれ目となるので、迷わず受診しましょう。

テトロドトキシンには解毒剤はない

ヒョウモンダコが持つテトロドトキシンは猛毒である上に、解毒剤がありません。

しかも症状は急速に進み、24時間で死に至ることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

恐ろしいですよね( ;∀;)

かまれた場合は、一にも二にも病院ですよ!!

老若男女問わずたくさんの人が訪れる夏の海ですが、気をつけなければならない危険生物が潜んでいることを忘れてはいけません。

子供は特に興味を持つと、素手で捕まえようとしたりします。

絶対に触らないよう、前もって教えておきましょう。

事前に正しい知識と対処法を知ってこそ、海を満喫できますよ(^^)/

関連記事アカエイを踏むと痛みも半端なく猛毒で危険!踏んだ時の対処法!
関連記事海の生物で危険なもの!生息する場所や刺されたときの症状は?
関連記事オニヒトデの生態!アナフィラキシーに!刺された時の対処法

スポンサーリンク

down

コメントする