ためになるブログ

みなさんのためになる情報を日々アップしていきます!

夏バテ防止に積極的に摂りたい栄養素(食品)効果のある食材はコレ

time 2018/06/18

夏バテ防止に積極的に摂りたい栄養素(食品)効果のある食材はコレ

熱中症対策に普段から、体力を養っておくことが大事です。

暑いからと言って、冷たいものや、栄養不足ではすぐにバテテしまいます。

夏バテ予防に効果的な、栄養たっぷりの食材を普段から食べておくことをおすすめします。

疲労回復に効果的な食材や、汗をかいた時意識して摂りたい栄養素などご紹介します。

海草類や果物、豆類などに多く含まれています。

関連記事:熱中症対策は水分補給を!タイミングや量また塩分補給も
関連記事:熱中症が起きる原因は?また症状や処置方法は?対処方法についても
関連記事:屋外での暑さ対策!グッズやタオルの活用術又衣類の工夫を!
関連記事:熱中症の予防対策!熱中症になりやすい人は?高齢者や子供に注意!

スポンサーリンク

夏バテ防止に積極的に摂りたい栄養素

今回は夏バテを防止する食べ物についてご紹介します。

夏になり、冷たい飲み物や、アイスクリームばかり口にしていませんか?

食欲がないからといって食事を抜いたり、食べる量を極端に減らすのは避けたいものです。

一度夏バテになってしまうと、身体もだるく、食欲不振の悪循環に!

夏バテ防止には、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂り、たとえ少量でも質の良いものを食べることが重要です。

スポンサーリンク

夏バテ時は水分だけでなく、カリウムも補給すると効果的です。

カリウム

汗と一緒に排出されるもので、全身の脱力感が襲って来ます。

たくさん汗をかくので、水分と同時にカリウムも発散し細胞内の脱水症状につながります。

汗をかいた時は実は意識して摂りたい栄養素のひとつです。

かぼちゃ、ニラ、トマト、ナス、水菜、里芋、干し芋、ジャガイモ、切り干し大根、
パセリ、茹でた枝豆、ニンニク、唐辛子、ほうれん草、大豆、
グリンピース、ナッツ類、昆布、ワカメ、海苔、かつお節、するめ

ビタミンB1

炭水化物(糖質)をエネルギーに変える時になくてはならない栄養素です。

清涼飲料水や甘いお菓子といった糖質の多い食べ物ばかりを食べていると、糖質の分解に関わるビタミンB1が不足しがちになります。

糖質のエネルギー代謝が滞り、エネルギー不足に加えて、疲労物質である乳酸がたまり疲れやすくなります。

糖質の代謝を助ける炭水化物(糖質)をエネルギーに変える時になくてはならない栄養素です。

豚肉・ハム・うなぎ・海苔・乾燥大豆

クエン酸

代謝の活発化が期待でき、特に疲労回復として有名です。

それだけにとどまらず、健康や美容にも効果的で、様々な病気の予防になります。

レモンをはじめ柑橘類に多く含まれ、梅干しにも多量に含まれています。

クエン酸には、疲労物質である乳酸の発生を抑え、疲労回復効果があります。

熱中症のみならず夏バテ解消にも効果的です。

梅干し、お酢、レモン、グレープフルーツ、パイナップル

ミネラル

人間の体内で作り出すことができないため、食べ物から補うしかありません。

摂取量が不足すると欠乏症が起きさまざまな病気のもとになってしまいます。

抗酸化物質

疲労を回復したり感染症を予防することができ、熱中症になりにくい丈夫な体を作ってくれます。

アーモンド、トマト、スイカ、イワシ、柿、鮭

ナトリウム

体内の浸透圧を調整しているナトリウムは、塩分を摂取することで補給できます。

ナトリウムは、消化された栄養素が小腸から血液中に溶け込む手助けもしています。

調味料(塩、しょうゆ、味噌など)
漬け物、佃煮、干物、塩蔵品(たらこ、塩ざけ、塩辛など)
練り製品(かまぼこ、さつま揚げなど)
加工肉(ハム、ベーコン、ソーセージなど)

夏バテ防止に積極的に摂りたい食品

ビタミン・タンパク質の多い野菜を食べるというのは夏バテ防止につながります。

ではどんな食べ物にビタミン・タンパク質が含まれているのでしょうか。

スイカ 

90%以上が水分で、糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれています。

少量の食塩をかけて食べれば、熱中症対策になります。

購入はコチラ大栄スイカ

トマト

栄養素が豊富で多少の水分、カリウムなどが含まれています。

少量の食塩をかければ、対策の食材になります。

購入はコチラ桃太郎トマト

梅干


食塩、クエン酸、カリウムを含む優れものです。

購入はコチラ紀州南高梅

レモン

梅干しの次にクエン酸の含有量が多い食べ物です。

最もビタミンCが豊富な果物で 疲労回復に役立つ成分なので、夏バテ解消効果も高いですよ。

購入はコチラ瀬戸田レモン

夏バテ防止に効果のある食材はコレ

冷たい味噌汁

味噌汁には汗をかいて失いやすい塩分を含んでいます。

汗として体内から失われた塩分の補給には、体液と塩分濃度が近い味噌汁が最適です。

昔の人の知恵が詰まった夏でも食べやすい「冷たい味噌汁」が郷土料理として古来より伝承されています。

 

唐辛子やスパイス

カレー・チゲ鍋などの辛いものは、体を温め代謝を良くしてくれます。

汗をかく事で、体内の熱を外に逃がす効果があります。

食欲増進が期待でき、消化促進の効果もあります。

 

豚肉

生姜焼き・とんかつなど夏バテ解消としての効果が高いので、夏には欠かせない食べ物と言えます。

豚肉には、糖分を分解しエネルギーに変換する際に必要なビタミンB1が多量に含まれ、多くのたんぱく質を摂取することが出来ます。

 

じゃがいも

ポテトサラダ・肉じゃがなどカリウムの含有量がトップクラスです。

疲労回復効果の高いパントテン酸を多く含み、熱中症になりにくい身体作りに最適です♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】(新)お惣菜お試しセット(おかずセット)
価格:2980円(税込、送料無料) (2018/6/18時点)

 

鰻かば焼き

糖分を分解し、エネルギーに変換する際に必要なビタミンB1が多量に含まれ、多くのたんぱく質を摂取することが出来ます。

昔から丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしないという風習がありましたね。

「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着されたのも、夏バテに効果があると昔からわかっていたのでしょう!!

 

まとめ

いかがでしたか?

今年も暑くなりそうですね( ;∀;)

夏バテに効果のある食材を、普段から積極的に摂り、夏に負けない体を作りましょう。

疲労回復にも是非参考にして下さいね(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする